MENU
HONDA
検索
 

電子制御式“コンバインドABS”(2)


ハンドレバー解放時における後輪ホッピングを防ぐ制御
 従来の機械制御式コンバインドブレーキシステムは、ハンドレバーの解放時に後輪制動力が増加することで、後輪のホッピングやリリースの遅れが発生する場合があります。しかし電子制御式“コンバインドABS”では、ハンドレバーの入力側/解放側で制動力の配分特性を可変。後輪制動力が増加することのない、後輪のホッピングを防ぐ制御を行います。

ハンドレバー入力時および解放時の前・後輪制動力配分特性図(イメージ)

ハンドレバー入力時および解放時の前・後輪制動力配分特性図



フットペダル作動時におけるリアブレーキだけの制動
 フットペダル作動時には、機械制御式コンバインドブレーキシステムよりも遅いタイミングで、前輪のブレーキ液圧制御を行うよう設定。ワインディングなどを走行する際、フットペダルでリアブレーキだけを効かせた、きめ細かな操作が可能です。

フットペダル入力時の前・後輪制動力配分特性図(イメージ)

フットペダル入力時の前・後輪制動力配分特性図



前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ