MENU
HONDA
検索
 

足まわり(3)


●ブレーキ

 フロントには、大径φ310mmのフローティングディスクをダブルで装着し、4ポットキャリパーを採用しています。マスターシリンダー径は従来のφ15.7mmからφ14mmへ、キャリパーポッド径は従来のφ34mm/φ32mmからφ30mm/φ30mmに変更。フリクションの低減を実現し、初期の作動性を向上させました。さらにフロントブレーキレバーを一新。6段のアジャスト機能の採用により、操作感が向上。制動力のアップを促します。また油圧レシオと油圧配管の見直しを図り、ブレーキホースに一部樹脂材を採用するなど、油圧フィールを向上させ、ダイレクトな効き感を確保しました。
 リアは、従来の下引き2ポットキャリパータイプから上引きの1ポット1シリンダーピンスライドタイプに変更。ディスクサイズを従来のφ276mmからφ256mmに変更し、軽量化を図っています。






●ホイール

 ホイールは、従来の3本スポークから軽量な新開発5本スポークへと変更。中空ハブタイプのアルミ製ホイールは、充分な剛性バランスを発揮するとともに軽量化にも貢献しています。タイヤサイズは、フロントが120/70ZR17、リアが180/55ZR17。ミシュラン製とダンロップ製の2種類を用意しています。



前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ