MENU
HONDA
検索
 

フレーム


 フレームは、従来のシングルバックボーンからデュアルバックボーンへと進化させたダブルクレードルフレームを採用。意のままに操れるハンドリング性能を獲得するために、ヘッドパイプまわりからピボットまわりにかけて、横剛性、ねじれ剛性の最適バランスを追求しました。まずヘッドパイプまわりは、フロントタイヤからの荷重入力をしっかりとフレームに伝えるため、高精度なパイプワークを敢行。メインパイプについても、ニーグリップ部を中心とした湾曲部や左右のクロスパイプなどの形状・仕様を多くの試行錯誤を経て設定しました。さらにピボットプレートも最適な剛性バランス実現のために新たな形状が与えられています。






↑クリックすると拡大表示します。


前ページへ前ページへ前ページへ目次へ次のページへ次のページへ次のページへ