MENU

HONDA

検索
WING GL500
WING GL500
 
HONDA WING GL500の技術説明


c.タイヤとホイール

ホイールは、当社独自のコムスターホイールを採用。従来のワイヤースポークタイプホイールのしなやかさと柔軟性を持ちながら、アルミ製キャスティング(一体成型)ホイールの整備性の良さもかねそなえ、しかも新鮮な機能美をもった理想的なホイールです。
コムスターホイール開発の結果、2輪車では、はじめてのチューブレスタイヤの採用が可能となりました。
チューブレスタイヤは、パンク時に急激な空気抜けが少なくなっています。
後輪のタイヤパターンは新しい形状のものを開発し採用しました。タイヤ側面の張り出し部を大きく取り、その部分にもブロック模様を付けました。これにより車体が大きく横傾斜(バンク)しても、しっかりと路面を捉え、横すべりを防ぎます。

チューブレスタイヤ チューブタイヤ
チューブレスタイヤ チューブタイヤ

前  輪 後  輪
前輪 後輪


COMSTAR WHEEL
 
「コムスターホイール」
ホイールは、車体の性格を決める重要な要素です。ホンダは、2輪車の基礎開発研究を長年にわたって続けて来ました。
求められる性能を満しながら、整備性に優れ、機能美をもそなえた理想のタイプのホイールが長年の開発努力の結果にもたらされました。その実績は、すでにヨーロッパ耐久選手権レースで実証ずみです。
コムスター(Comstar)ホイールとはComposite(合成の)とStar(星形の物)の合成略語です。
普通に見られるワイヤースポークタイプホイールの一種で、アルミ製中空リムと高張力鋼板スポークプレートとハブから構成されています。ワイヤースポークにあたる部分がプレートになっており、高張力アルミリベットでリムに固定されています。
コムスターホイール
ホイール特性を決定するファクター
ホイール特性を
決定するファクター
t : 板厚
θ : スポーク角
m : スポーク長さ
w : スポーク幅



d.ブレーキ

前輪には、油圧ディスクブレーキを採用。後輪は、ドラムブレーキで極めて優れた制動力を発揮します。前輪はディスクパッドに、後輪はブレーキパネルに、摩耗限度表示を設け安全への配慮をしてあります。



← 前ページへ--- 目次へ--- 次のページへ →