MENU

HONDA

検索
RACOON COMPO
RACOON COMPO
 
軽量車体と折りたたみ機構の採用

『軽快な走り』『持ち運び』を生んだ軽量アルミフレーム
 電動ペダルアシストの効果を最大限に発揮させるため、メインフレームはアルミ材で 極太のバテットパイプを採用することによって軽さと高剛性を実現、従来の一般軽快車と 同等の19.8kgの車体重量としています。3段内装式グリップ変速機とあいまって アシスト時の軽やかさをいっそうスムーズなものとし、電池切れの時の自転車走行も より自転車に近いものとしました。
 また、車両重量を20kg以内に抑えることによって、取り扱い性は格段に向上し、 四輪車への積載も無理なく行えるようにしました。

 

持ち上げ高さと重量(成人男性による社内測定値)
持ち上げ高さと重量(成人男性による社内測定値)

 

『四輪車+2COMPO』の完成サイズと折り畳み機構
 都心の狭い駐輪スペースでの使い勝手に考慮して、完成車のサイズは、6人乗りの エレベータや玄関にも収まるサイズとしました。

折り畳み機構 
940mm×1440mm×570mm(高さ×長さ×幅)

 さらに、スペースが約半分となる折りたたみ機構をフレームに採用することで、 駐輪スペース効率に優れるとともに、四輪車への容易な積載を可能としています。

940mm×755mm×590mm(高さ×長さ×幅)

 また、センタースタンドを採用し、折りたたみ時にも自立を可能とすることで、 おりたたみ時のスムーズな操作性と折りたたんだ状態での駐輪性にも配慮しています。

軽量車体と折りたたみ機構の採用

軽量車体と折りたたみ機構の採用

 折りたたみは、工具を使用することなくロックレバーとロックボルトの操作で 容易なものとし、さらにチェーンを車体内側へ挟み込むため、折りたたみ時に チェーンに接触したり、運搬時に衣類が汚れることのないよう配慮しています。

軽量車体と折りたたみ機構の採用




← 前ページへ--- 目次へ--- 次のページへ →