MENU

HONDA

検索
S2000

S2000
 

Technology #1 Engine

新型2リッター4気筒DOHC VTEC エンジン

先進の低排出ガス化の実現
  
図13.マルチポート排気2次エアシステム導入効果
導入効果
量産エンジントップレベルの高出力と先進の低排出ガス化を両立するために、触媒の急速な温度上昇を実現する新技術であるマルチポート排気2次エアシステムを中心に、コールドスタート時から効率的な排出ガス浄化を図りました。
エンジンスタート直後、点火時期の最適化により燃焼温度を抑えてNOxの発生を抑えるとともに、排気ガス温度を比較的高く保つよう設定。同時に、触媒の急速な温度上昇を促進し触媒能力を高めるために、マルチポート排気2次エアシステムを新採用しました。これは、コールドスタート時、電動ポンプで各排気ポートに空気を送り込み、CO、HCを再燃焼させて触媒の温度上昇を促進する新システムです。
また、触媒を従来のセラミックから、熱容量の小さな薄肉のメタルハニカムとすることで、反応面積を増やすとともに温度上昇率をいっそう促進。これらにより、急速な温度上昇によって触媒をいち早く活性化し、低温時から優れた排出ガス浄化能力を実現しました。

さらに、走行中の低排出ガス化のために、触媒のメタル成分を最適化するとともに、空燃比を高精度で制御しています。
このために、O2センサーを従来の触媒の前だけでなく、触媒の後ろにも配置。高出力化を狙った比較的長いエキゾーストマニホールドでありながらも、優れた低排出ガス化を実現しています。


図14.マルチポート排気2次エアシステム
マルチポート排気2次エアシステム


← 前のページへ --- 目次へ --- 次のページへ →