MENU
HONDA
検索
S2000

S2000
 

S2000のテクノロジー#1


優れた一体感・軽快感のために、
50:50の理想的な前後重量配分を実現
「FRビハインドアクスル・レイアウト」を中心とした車体パッケージング

ハイXボーンフレーム構造をベースに、究極の一体感、ダイレクト感を、走る・曲がる・止まるすべてのシーンにおいて実現するためにさまざまな新技術を投入しています。
ステアリング操作に遅れなく旋回する軽快なハンドリングレスポンスのために、徹底してコンパクト化した2リッター4気筒エンジンを完全に前輪車軸の後ろに配置する、新たなフロントエンジン・リアドライブ(FR)のパッケージング「ビハインドアクスル・レイアウト」を開発。あわせて、フューエルタンクとスペアタイヤなども後輪車軸の前に配置するなど、重量物を重心近くに集中させヨー慣性モーメントを低減させ、50:50の前後重量配分を実現しました。
また、着座位置を車体の重心より後ろに設定。車体の動きをより自然な感覚で把握しやすく、リアタイヤの挙動を察知しやすいレイアウトとし、一体感の向上を図るとともにキャビンの開放感を高めました。
このように、新世代リアルスポーツのパフォーマンスを達成するFRオープンスポーツでありながら、フロントからリアにボディラインが切り上がるウェッジシェイプのスタイリングを実現しました。これは、FRビハインドアクスル・レイアウトにより、エンジン高を低くキャビン寄りに配置できたことをはじめとし、きめ細かな車体パッケージングの熟成によるものです。トランクにも十分な容量を確保しています。

FRビハインドアクスル・レイアウト


← 前のページへ --- 目次へ --- 次のページへ →