MENU
HONDA
検索
S2000

S2000
 

S2000のテクノロジー#1


主要技術を全面的に新設計する徹底した開発により
量産オープンカーでありながら、きわめて高次元の一体感を実現

新世代リアルオープンスポーツへの可能性を拓いた
「ハイXボーンフレーム構造」

S2000の開発に当たりホンダは、コンセプトに掲げた高い目標を真に実現するために、ほぼすべての技術要素を新設計する徹底した姿勢を貫きました。
その第一歩となったのは、新骨格オープンボディ構造技術による「ハイXボーンフレーム構造」です。フロアトンネルをメインフレームとして活用するために、フロアトンネルに閉じた強固な断面を持たせた上で、前後のサイドメンバーの高さまで引き上げて水平につなぎ、サイドメンバーからフロアトンネル、サイドシル、フロアフレームに効率良く荷重を分担する三つ又分担構造を形成。この画期的なオープンボディにより、クローズドボディ同等の重量効率で同等以上の剛性と衝突安全性が得られたことで、S2000は新たな走りの楽しさを追求することができました。

ハイXボーンフレーム構造1
ハイXボーンフレーム構造2


← 前のページへ --- 目次へ --- 次のページへ →