MENU
HONDA
検索
LIFE FACT BOOK
LIFE 2003.9.4
Safety   安全性能
リアルワールドでのさらなる安全を追求し、「Gコントロール技術」は、いま大きな進化を遂げました。
「自己保護性能」の向上
G-CON 第1ステージ
「傷害値の低減」と「生存空間の確保」を両立した、衝突安全設計ボディ。
Hondaは衝突安全において、独自のGコントロール技術により、乗員に対する「傷害値の低減」が課題となる前面フルラップ衝突と、「生存空間の確保」が課題となる前面オフセット衝突の2つの課題をクリアする高水準の衝突安全設計ボディを実現してきました。
衝突安全設計ボディ
さらにHondaでは、リアルワールドでの衝突安全研究を推進し、バリアテストにとどまらず、実際の事故統計の分析から「相手重量2トンクラスまでの乗用車、双方の衝突速度50km/h、50%前面オフセット衝突」という独自の研究目標を設定し、世界初の屋内型全方位衝突実験施設にてCar to Car(クルマ相互)の衝突実験を実施してきました。
テスト車両によるクルマ相互の衝突実験
リアルワールドでは、さまざまな重量、硬さ、構造のクルマが走っています。
従って、実際のクルマ相互の衝突時には、ボディ骨格の違いによる衝撃吸収部材のすれ違いや、重量やボディの硬さの違いにより、どちらか一方のクルマが大きな影響を受けてしまうなど、さまざまな状況が発生します。HondaはCar to Car(クルマ相互)の衝突実験を繰り返し、大きさや構造、硬さが異なるクルマとの衝突に対応する技術(コンパティビリティ対応技術)の研究を続けてきました。
「自己保護性能のさらなる進化」と「相手車両への攻撃性低減」の両立
G-CON 第2ステージ
さらなる進化を遂げた、革新のコンパティビリティ対応ボディ。
HondaはCar to Car(クルマ相互)の衝突研究を踏まえ、
衝突時に乗員を守るための自己保護性能を向上させると同時に、
相手車両への攻撃性低減の両立を図る、
革新のコンパティビリティ対応ボディを実現しました。
相反する2つの要素を両立するための設計コンセプトは、エンジンルームにおいて
衝突のエネルギーを分散させ効率よく吸収し、自分と相手を守る。
具体的には次の3つをテーマに取り組みました。
[コンパティビリティ対応ボディの設計コンセプト]
「自己保護性能のさらなる進化」と「相手車両への攻撃性低減」の両立
このコンセプトの実現により、「相手重量2トンクラスまでの乗用車、双方の衝突速度50km/h、50%前面オフセット衝突」というテストモードをクリアする自己保護性能を獲得するとともに、相手車両に対する攻撃性も低減しています。 ■テストモード
新しいボディの位置付け



前ページ前ページ前ページ目次次ページ次ページ次ページ