MENU
HONDA
検索
ファクトブックへ
CIVIC
CIVIC FACT BOOK
  シャシー
  text
 
◎シャシー構造図

イラスト:シビックX

シャシー構造図
 
スペース効率と操縦安定性の向上を両立した、
新開発「フロント・トーコントロールリンク・
ストラットサスペンション」。

フロントサスペンションにはコンパクトでショートノーズ化に有利な新開発のストラット式を採用しました。加えて、ステアリングギアボックスをモジュール化エンジンに対して前後クリアランスの取りやすい高い位置に配することで、エンジンを後方に搭載。同時に、このステアリングギアボックスの配置はサイドフレームのスムーズな結合を可能にし、衝突エネルギー吸収の高効率化にも貢献。これらによってショートノーズを実現しています。
 
◎フロント・トーコントロールリンク・
ストラットサスペンション
サスペンション
◎フロント・トーコントロールリンク・
ストラット サスペンション構造図
サスペンション構造図
  イラスト:シビックX
 
●高い走行性能を発揮するトーコントロール特性
車両中心付近から設置した長いトーコントロールリンクによってタイヤストローク時のトー変化を少なく、かつストレート化したことで、高速安定性やリニアなハンドリングが得られるなど、従来のダブルウイッシュボーン同等以上の操縦安定性を確保しています。
フロントサスペンションのトーカーブストレ−ト化
◎フロントサスペンションの
トーカーブストレ−ト化
 
後席と荷室のスペースを広げながら制動時の
安定性も高めた「リア・リアクティブリンク・
ダブルウイッシュボーンサスペンション」。

リアサスペンションには新開発のダブルウイッシュボーンを採用。サスペンション前後長を従来より短縮して後席を後方に設置することで、キャビンを拡大。同時にスプリングとダンパーを床下に配置したことで凸部を極力小さくし、荷室の拡大も実現しました。また、リアクティブリンクの採用や、アッパーアームブッシュ、ロアアームアウターブッシュ、リアハブベアリングの高剛性化によって、優れた安定性と車体収束性を獲得。特にサスペンションジオメトリーの設定によってバンプ時のタイヤ軌跡後傾角を大きくすることで、乗り心地を大幅に改善し、リアクティブリンクの適切なトーコントロールによって、ブレーキスタビリティとの両立を実現しています。
 
◎リア・リアクティブリンク・
ダブルウイッシュボーン
サスペンション構造図(リアビュー)

サスペンション構造図(リアビュー)
◎リア・リアクティブリンク・
ダブルウイッシュボーン
サスペンション構造図

サスペンション構造図
イラスト:シビックX   イラスト:シビックX
 
●ブレーキフォースステアの安定化
制動時のブレーキフォースステアによるトーイン性能を持たせるために、リアクティブリンクを採用しました。ブレーキフォースが発生した時にたわませることにより、傾斜配置したコンプライアンスブッシュを図のA方向に変位させることでトレーリングアームをトーイン方向に引き寄せます。これにより適切なトーイン特性が得られ、優れたブレーキスタビリティを発揮します。
◎リアサスペンション/
ブレーキフォースステア特性図
ブレーキフォースステア特性図

●リア接地点剛性の向上

高剛性ボディに加え、リアサスペンションのブッシュやハブベアリング、トレーリングアームの高剛性化を図ることで、高いリア接地点剛性を確保しました。横方向からの入力に対してしっかりした剛性を持たせて前後サスペンションの性能をフルに引き出すことで、高い車体収束性を実現。また、高い安定性能も獲得しています。
 
 
前下がりのロール軸を確保し、
ロール姿勢を最適化。
サスペンションジオメトリーの設定によって、ロールセンター高とロール仮想アーム長の前後バランスを見直し、前下がりのロール軸を確保。コーナリング時に、旋回Gのアップにともなって旋回ピッチ角をリニアに増加させることでロール姿勢の最適化を実現しています。
◎ロール軸イメージ図
ロール軸イメージ図
優れた操舵感が得られ、
低燃費にも寄与する、
EPS(電動パワーステアリング)を採用。

パワーロスの少ないパワーステアリング、EPSを搭載しました。しかも小型で軽量なピニオン軸アシストタイプを採用。低燃費に貢献しています。また、コ−ナリング時のダイレクト感や高速時のしっかり感を重視してEPS制御をセッティング。ステアリングのギアレシオをハイレシオ化することで、ワインディングなどでのクイックなハンドリングや低速時の取り回し性を向上しながら、フロントのコンプライアンスブッシュ特性のチューニングやステアリングギアボックスのハイマウント配置などにより、アライニングトルク剛性を適正化。これにより、高速時の操舵角に対する車両姿勢変化の最適化とハイレシオ化とのバランスを取りながら、リニア感のあるステアリングフィールを獲得しています。
  ◎EPS(電動パワーステアリング)
EPS(電動パワーステアリング)
 
大径化しながらころがり抵抗を低減した、低燃費タイヤを採用。
大径化とともに、ブレーキ性能、操縦安定性、乗り心地、静粛性など全体のポテンシャルを引き上げながら、ころがり抵抗を低減。低燃費に貢献する、ハイレベルな性能バランスを達成しています。

軽快で低燃費なリアルタイム4WD。
(シビック:G4、X4/シビック フェリオ:B4、L4)

軽量・コンパクトなデュアルポンプシステムを採用した、定評の4WD。頼もしい走破性と軽快な走り、そして低燃費や静粛性にも優れており、シビックのフィールドをさらに大きく広げます。

安心感のあるブレーキフィール。
低踏力で剛性感のあるブレーキフィールをめざし、ブレーキペダルのレシオやマスターパワー特性を設定。軽いタッチでグッと効くセッティングとしています。さらに、ブレーキ時の前輪と後輪の制動力配分をコンピュータが適切にコントロールするEBD(電子制御制動力配分システム)付ABS(4輪アンチロックブレーキステム)や急制動時などにブレーキ踏力を補助するブレーキアシストを、全タイプに標準装備しています。


◎EBDシステム図
EBDシステム図

◎EBD作動特性図
EBD作動特性図

◎EBD作動イメージ図
EBD作動イメージ図

◎ブレーキアシスト作動特性図
ブレーキアシスト作動特性図

次ページ前ページ次ページ 目次次ページ 次ページ次ページ