MENU
HONDA
検索
ファクトブックへ
CIVIC
CIVIC FACT BOOK
  CIVIC Concept  
text

「人が中心」というクルマづくりの基本思想のもと、Newシビックの開発では、
シビックが受け継いできた「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」という
M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想を新たな時代の視点で捉え、
スマートコンパクトの具現化に取り組みました。

掲げた目標は、まずスペース効率を徹底的に高めること。
しかも同時に、経済性と走りのバランスやスタイリング、そしてクルマの基本である
安全・環境への対応など、すべての性能をこれまでにない領域まで高めることでした。
そこでこれらを実現するために5つのテーマを設定しました。

◯ 空間は最大限に広く、しかも使いやすくしたい>スマートユーティリティ
◯ 優れた経済性と心地よい走りを両立すること>スマートドライビング
◯ 大きな空間を持ちながら、スタイリッシュに>スマートデザイン
◯ 乗員と歩行者への高水準の安全性能
◯ 人と社会に配慮した高次元な環境性能

そして、これらすべてを高いレベルで達成するために、
ホンダは画期的な空間技術、「新世代スペーステクノロジー」を開発。
Newシビックの完成をめざしました。
 
NEW CIVIC

次ページ前ページ次ページ 目次次ページ 次ページ次ページ