MENU
HONDA
検索

CIVIC
FACT BOOK
CIVIC
 
テーマ(1)



ENGINE&TRANSMISSION


ジェットフィール&リアルエコノミー。3ステージVTECエンジンとホンダマルチマチックが創造したまったく新しい走りの世界。
 
3段階に切り換わるバルブタイミング・リフト機構をもち、ひときわ高い次元で高出力と低燃費を実現した3ステージVTECエンジン。
そして、この新エンジンの出力特性をフルに引き出す次世代オートマチック・トランスミッションとして開発されたホンダマルチマチック。このエンジンとトランスミッションは、個々にすぐれたポテンシャルを有することはもちろん、これを組み合わせることにより、かつてないまったく新しい質の走りと低燃費を生み出しました。
それは、まさしくトータル感動システムともいうべき新鮮な驚きに充ちています。
*シビックVTi、シビックフェリオViに搭載。
 

オートマチック・トランスミッションでありながら、1.5Lクラス最高レベルの低燃費を達成。
 
エンジンがもっているすぐれた燃料経済性に加え、つねに最適燃費領域を使用できるという、きわめて大きな特長を有しています。
トルクコンバータタイプのオートマチック・トランスミッションとは異なり、変速時や走行中のトルクコンバータのスリップがないため、実用域における動力伝達効率にすぐれているからです。
結果として、オートマチック・トランスミッションでありながら、10・15モード17.2km/Lという並みはずれた低燃費を実現しています。
 

走りの世界を変えていく、目的や状況に合わせた3モードの変速特性を設定。
 
Dレンジに、一般走行用のDモード、より低燃費な走行を可能にするEモード、スポーティな走行や登坂路走行に適したSモードを設定。エンジンの最高回転数をDモードで5,700回転、Eモードで4,500回転、Sモードで6,800回転に制御します。これにより、目的や状況に応じて3つの走りが選択でき、ドライビングに新しい楽しみをもたらしました。走行中にいつでもモード切り換えを行なうことが可能です。
 
どこまでも伸びやかで、ノンストレスな継ぎ目のない加速感。
 
走行中に感じられる唐突な駆動力段差や変速ショックがなく、ジェット機を思わせるような、スムーズでスポーティな加速感が味わえます。
また、一定の回転域を持続させること、たとえば高回転を維持したまま連続加速することが可能で、マニュアル・トランスミッションと同等の全開加速が得られます。しかも、随時適切な変速比に設定できるため、マニュアル・トランスミッションはもちろんのこと、トルクコンバータタイプのオートマチック以上の追い越し加速を実現します。
低速時のギクシャク感もなく、エンジンブレーキも自然です。
 


3つの走行モード

 
シフトレバー


3ステージVTECエンジン透視図
3ステージVTECエンジン透視図




←前のページへ---目次へ---次のページへ→