MENU
HONDA
検索
ACCORD/ACCORD Euro-R/ACCORD WAGON FACT BOOK
ACCORD/ACCORD WAGN 2002.10.10


インテリアのクォリティとは、通常は素材の質感や合わせ建て付け精度などを指します。
アコードは、もちろんそういった静的なクォリティを大切にしながら、動的なクォリティ、つまり走行時の高いホールド性や運転操作における動きやすさなど、ドライバーの動きに応えるインテリアの在り方を追求。
「見て、触って、使って感じる、機能性に満ちたインテリア」をテーマにトータルクォリティを目指しました。
「見る」では機能を集中させたセンターパネルや先進的で見やすい大径自発光メーターを採用。
「触る」ではドアのプルポケットやステアリングホイールなどのソフトマテリアル化にこだわり、「使う」ではドライビングポジションの最適化を中心に、操作性を重視したダイヤルやスイッチ類の大型化などを追求しています。


期待を超える満足を提供したい。
アコードは、デザインから走り、さらに細部の機能に至るまで、一貫したクォリティを大切にしています。
走りを感じるエクステリアデザインの情感を踏襲しながらインテリアが出迎え、シートに座れば走りの期待感をいっそう高める。
そして走り出せばエモーショナルな世界を広げる。そんなトータルな魅力です。
インテリアが目指したのは、ドアを開けた瞬間、キーをまわした瞬間、さらに操縦する瞬間に、乗る人の「期待を超える満足」を提供できるクォリティでした。
そこで見る、触る、使うといったあらゆる場面において、人間の感覚に訴えるデザインを追求しました。


先進性と広がり感を表現したセンターパネルと
インパネまわり。
モジュール化によって機能とデザインを融合したセンターパネル。パネル全体に一体感を持たせ、スマートな見え方を実現しました。しかも、運転に集中できる環境とするために空調やオーディオを機能別に集中させ、ダイヤルやスイッチ類を大型化するとともにシンメトリックに配置。このセンターパネルを中心に左右に広がり感を強調した横基調のインパネデザインとしています。また、センターコンソールはインパネとの一体感とともに高質なイメージを持たせています。


本革巻ステアリングホイールを採用。
(24TL、24S、24T、20ELに標準装備)

シフトブーツを全タイプに標準装備。


乗車時に迎えてくれる、
新開発の大径自発光メーター。
大径スピードメーターを中央に配した自発光式のメーター(ブラックフェイス)を採用。メーター全体をアンバー色の照明とし、針はレッドに、目盛りなどはホワイトに発光。ハイコントラストによる優れた視認性と高質感を実現しています。また、段階的に点灯・消灯させるライトアクションによって、乗り込んだ時に迎え入れ、走りの期待感を高める演出を施しました。乗車する際にドアロックを解除すると約10%の明るさでメーターが点灯し、乗り込んでキーを差し込むと100%の明るさとなり、エンジンをかけると残りの指針などが点灯します。


最適・快適なドライビングポジションの設定。
最適なドライビングポジションを提供するために、ステアリングまわりとシートのポジションを徹底的に検証。走りの楽しさや疲労の軽減に貢献しています。
[ステアリングホイール起こし角の最適化とチルト&テレスコピック機構の採用]
従来モデルに対してステアリングホイールの位置を20mm高く、角度を4度起こして設置し、さらにステアリングコラムの位置をドライバーの中心になるようにしました。また、チルト機構に加え、前後方向に40mmスライド調節できるテレスコピック機構を全タイプに標準装備。シートポジションと合わせて最適なステアリングポジションの設定を可能にしています。
[サポート性能と疲労軽減を徹底追求したフロントシート]
ドライビングポジションと同時にシート自体の性能も徹底的に追求しました。まず、クッション面のスプリングを後ろ下がりに設定するなど、シート奥に自然に引き込まれるような形状とし、腰全体をしっかりとホールドします。さらに、従来モデルに対し、シートバックを40mm高く、43mm幅広くし、それぞれのサイド部の硬度を最適に設定。足や背中があたる付近はやわらかく、その外側は硬くすることで座り心地とホールド性を両立しました。これらにより、体圧分布を広範囲かつ平均的に分散させ、長時間の運転でも疲労の少ないシートを実現しています。またランバーサポート(運転席)には、フィット感のよさが定評のシュクラ社製のワイドレンジタイプを採用しています。
※24TL、24S、24T、20ELに標準装備

[新機構の運転席ハイトアジャスターを採用(24S、24T、20Eに標準装備)
調整量を40mm(従来モデル比+15mm)に広げたハイトアジャスターを新採用。操作はシート横のレバーを上下に操作するだけで、容易に最適なシート高に調節できるラチェット式としました。また、24TL、20ELには運転席8ウェイパワーシートを標準装備しています。


高精度・高質感が漂う徹底した合わせ建て付け品質。
各部材の隙間を最小化し、また段差をなくすフラッシュサーフェス化や縁幅の最小化など、細部にわたって合わせ建て付けの高精度を徹底。インテリア全体の質感をハイレベルなものにしています。
Photo:20EL
インパネまわり
●インパネとピラーの隙間ミニマム化
●エアアウトレットパネル縁幅最小化
●インパネデザインと一体化した
 助手席SRSエアバッグ開口ライン

ドアまわり
●各部の合わせフラッシュサーフェス化
 ・インナードアハンドル
 ・カウルサイドステップガーニッシュ
 ・センターロアステップガーニッシュ
Photo:20EL
メーカーオプション装着車 カットボディによる撮影
  ルーフまわり
●各ピラー布張り化およびルーフライニングとの
 段差をフラット化
●サンバイザーステイのビス見え防止
●回転収納式グラブレール採用
●サンルーフトリムレス化
●インテリアランプとルーフライニングのフラット化


上質感を演出するインテリアカラーと、
新素材を採用したシート表皮。
インテリアカラーは、ブラックとアイボリーの2色を用意。スポーティなイメージと上質感を演出しています。また、シート表皮には超極細繊維を採用。織り方の違いによる光沢差を利用し、シートのメイン部とサイド部とで光沢の陰影による立体感を表現しています。また、本革/ソフトウィーブコンビネーションシートを24TL、20ELに標準装備、さらに本革シート(前席シートヒーター付)も用意しています。
※24TL、24S、20ELにメーカーオプション



前ページ前ページ前ページ目次次ページ次ページ次ページ