ASCOT/ACCORD/INSPIRE/VIGOR
ASCOT/ACCORD/INSPIRE/VIGOR
 
メカニズム/アコード&アスコット

BODY

乗り心地や静粛性を追求した五感剛性ボディ。


HANS(室内定在波解析)

HANS(室内定在波解析)
HANS(室内定在波解析)

ボディ・インシュレーション配置図
ボディ・インシュレーション配置図
スチールフォイル・サンドイッチメルシート


静粛性を高めたボディインシュレーション。
あらゆる角度から車体音響特性を考慮し、インシュレーターの最適配置を行ないました。たとえばエンジンルームとキャビンを隔てる個所には、メルシートと鋼板を成型時に結合させたサンドイッチメルシートを採用。エンジン透過音を効果的に抑えます。さらに各フロアに敷きつめられたインシュレーターにより、ロードノイズ、室内共鳴音などの大幅な低減を実現しています。


前席フロアにスチールフォイル・サンドイッチメルシートを採用。(2.0L車全タイプ)
前席フロア面のフラット化と、制振性能を向上させるためにスチールフォイル・サンドイッチメルシートを新採用。これは高発泡メルシートをスチールフォイルでラッピングした新しい制振材。軽量・高剛性・高ダンピング性を実現したことで、足元から感じる剛性感の向上と、床下からのロードノイズの低減に大きく貢献。さらにフロア形状を感じさせないすっきりしたフラットな床面をも可能にしています。


しっかり感の追求、トランクの剛性アップ。
トランク・リッドの厚板化と同時に、トランクフレーム、ヒンジスティフナー、ヒンジアームを高剛性化。また、ロックシステムは、接触部に樹脂とゴムの2種類のストッパーを採用。ロック時の不快な金属音を防止したのをはじめ、発泡基材を用いたトランク・ソフトトリムにより、高品質なトランクに仕上がっています。


世界初のハニカム・ルーフライニング。(サンルーフ装着車を除く)
室内の吸音性を高め、静粛性に大きく貢献したハニカム構造の高剛性ルーフライニングを採用。ルーフ断面を、ライニング表皮、ハニカム状のロールコア、制振材、ルーフパネルの多重構造とし、ルーフまわりをすきまなく埋めこむことで、振動、室内騒音を効果的に吸収させています。



ハニカム・ルーフライニング
ハニカム・ルーフライニング
ハニカム・ルーフライニング
アコード2.0Si
Photo:アコード2.0Si
高品位ドアロック
高品位ドアロック


ドアの剛性強化により、高質感をさらに向上。
ドアパネルの厚板化をはじめとして、サッシュ、ピラー、ヒンジなど、ドア回りすべてを高剛性化。また、リア・ドアの前部は、段差ヘミングを施し、剛性をいっそう向上させるとともに、ドアとドアの合わせ目の見え方を高品位化することによりボディの一体感を強調、高質感あふれる仕上がりにしました。さらに、ドアロック部の噛合部材およびストライカーを樹脂でカバーし、形状を変えることで、しっかりしたドア閉まり性や質感のある開閉音を実現しています。また、ドアパネルの剛性アップや、サイドプロテクトモールの接着化、ドアガラスの支持剛性強化などにより、走行中のビビリ音などの雑音を防止しています。




ftr1ftr2ftr3ftr4ftr5ftr6ftr7