MENU
HONDA
検索
ACCORD
FACT BOOK
ACCORD
新型アコードのサスペンション
世界初の三次元リアダンパー
●三次元ダンパーの作動図
三次元ダンパーの作動図  三次元ダンパーの作動図
絶妙な乗り心地を生む、
世界初の三次元リアダンパー(サルーンEX-Rを除く全タイプに装備)
新型アコードは、新開発の三次元ダンパーをリア・サスペンションに採用しています。従来のダンパーでは、ピストン速度からのみ減衰力を発生させていましたが、この三次元ダンパーではピストンストローク(stroke)ピストン速度(velocity)によって減衰力(damping force)が決定されます。 このように三次元の作動を考えた機構であるところから、この機構を三次元ダンパーと呼んでいます。
これによってコーナリング時などの大ストローク時はさらに高い減衰力を発生させ、すぐれた走行安定性を確保します。舗装悪路等では微小な振動を吸収し、ロードノイズを低減させ、乗り心地を良好なものにしました。


三次元ダンパーの構造
一般に乗り心地をよくするには、ダンパーの減衰力を弱めればよいとされています。しかし減衰力を弱めるだけでは走行安定性が悪化します。ホンダは、窒素ガスが封入されたベローズとオリフィスを、従来のダンパー構造に入れることによって、この二律背反的な問題に解決の糸口を見いだしました。
路面の凹凸が小さいときは、ダンパーOILはV、V1の二方向に流れるので減衰力が弱まります。この結果、小きざみな振動やロードノイズをやわらかく吸収して、乗り心地を向上します。一方、路面の凹凸が大きいときは、窒素ガスが封入されたベローズは圧縮されつくして、ダンパーOILはVの方向にのみ流れ、減衰力は大きくなります。この結果、ダートなど悪路でも走行安定性を十分に確保することができ、併せてロードノイズも低減し静粛性向上にも大きく寄与しています。
このようにして新型アコードは路面の変化のいかんを問わず快適な乗り心地を実現しています。世界初の新機構として、自信をもって発表いたします。
三次元ダンパーの構造

ホンダ式サスペンションの特長。
フロントサスペンション
フロント
リアサスペンション
リア
FF14年間、600万台の生産実績
ホンダは14年前、いち早くホンダ独自のFF、ストラット方式4輪独立懸架を採用いたしました。その間、世界の人々に愛用され、600万台の生産実績に裏打ちされた高い信頼をいただいてまいりました。ホンダは、新型アコードの開発に際し、その信頼あるホンダ独自のFF機構をさらに熟成させながら、新開発の三次元ダンパー、2P・4Wオートレベリングサスペンションなどを加え新しい一つのFF車のあるべき姿を提案いたします。
伝統のストラット方式4輪独立懸架
リア・サスペンションのコンプライアンス機能を確保し、走行フィーリングをなめらかにしています。
リア・サスペンションにロングロアアームを採用し、コンプライアンス機能を高めるとともに、ロードノイズの低減化を図りました。
フロント・リアサスペンションにもオフセットスプリング方式を採用し、さらにダンパー自体の改良により軸摩擦を低減し乗り心地を向上。
これらの成熟した機構に、さらに3つの新機構が加わったことにより、新型アコードの乗り心地はまさしくひと次元高いものとなりました。
2P・4Wオートレベリングサスペンション(車高を一定に保つことができる2段階車高調整)。
三次元リアダンパー(小さな振動も大きな振動も吸収)。
リアスタビライザー(シャープなフットワークを実現)。
フロントサスペンション
路面変化の影響を受けにくく耐久性にもすぐれたマクファーソン式独立懸架をさらに熟成させました。
すなわち、
●ハンドリングの応答特性を向上させる低ロールセンターの採用。
●スタビライザーをリンク支持し独立させてコンプライアンス特性を改善。
●スプリングオフセットの採用。
●ネガティブオフセットジオメトリーを採用。
リアサスペンション
新型アコード・リアサスペンションの最大の特長は「長いロアアームとそのオフセット」にあります。
(1)ロングロアアームのメリット
●ロードノイズ等の低減化ができる。
●直進安定性が向上する。
●コンプライアンスをより付加できるので乗り心地がよくなる。
●操縦性が向上する。
(2)ロアアーム・オフセットのメリット
ロアアームをタイヤ中心からやや後方にオフセットしました。この結果
●コーナリング時のトー変化を少なくし走行安定性を向上。
●直進性をさらに向上。


← 前のページへ --- 目次へ --- 次のページへ →