MENU
HONDA
検索
ACCORD
FACT BOOK
ACCORD
新型アコードのサスペンション
日本初の2P(2段階車高)・
4W(4輪)(2ポスチュア 4ホイール)
オートレベリングサスペンション。
前・後 乗車・積載時等による前・後輪の荷重変化に応じて常時車高の状態を検知し、マイコン制御で車高をつねに一定に保つ4輪自動・車高制御装置。 オートレベリングサスペン
2段階 悪路、雪道などを走破するときは、ハイト機構を作動。 車高はワンタッチ操作で30mmアップします。
日本初の2P・4W(2ポスチュア 4ホイール)
オートレベリングサスペンション(ハッチバック全タイプとサルーンEX-Rに装備)
この機構は、マイクロコンピュータの制御によって、自動的に車高を一定に保たせるものです。
構造としては従来のサスペンションに、新たに空気バネを付加したもので、荷重状態の変化が前・後輪に設置されたセンサーによって検出され、自動的に車高を一定に保持します。
また、2段階車高調整機構(ハイト機構)を備えていますからインパネに設置されたメインスイッチの操作で、30mm車高アップすることができます。雪道のわだち、悪路等でも十分な地上高を確保することができます。
エア式の前・後輪オートレベリングおよび2段階車高調整機構は、日本では新型アコードで初めて採用されました。オイル式に比べ構造がシンプルなので故障が少なく、また経済性の点でも優れています。
オートレベリングサスペンのシステム図
●オートレベリングサスペンションのシステム図

操作スイッチ モニターランプ
2段階車高調整機構(ハイト機構)は、インパネの操作スイッチをONにするだけで作動。車高調整中は、メーター内のモニターランプが点滅します。


← 前のページへ --- 目次へ --- の次ページへ →