ダイナミックな自然を堪能!わんことめぐる淡路島1泊2日旅 Part 1ダイナミックな自然を堪能!わんことめぐる淡路島1泊2日旅 Part 1

トラベル

ダイナミックな自然を堪能!

わんことめぐる淡路島1泊2日旅
Part.1

今回の目的地は、瀬戸内海東部に位置する淡路島。年間を通して気候が穏やかな島内には、豊かな自然を感じられるスポットがたくさんあります。

また古代より淡路島は、御食国(みけつくに)として皇室や朝廷に海産物を提供していた食の宝庫。淡路の魅力に触れる旅にわんこと出発です!

旅の日程旅の日程

Spot 01 あわじ花さじき→(車で約15分)→Spot 02 のじまスコーラ→(車で約15分)→Spot 03 GRAND CHARIOT 北斗七星135°Spot 01 あわじ花さじき→(車で約15分)→Spot 02 のじまスコーラ→(車で約15分)→Spot 03 GRAND CHARIOT 北斗七星135°

新神戸から車で走ること約40分。舞子トンネルを抜けると明石海峡大橋が見えてきました。
橋の外には真っ青な海のパノラマ。窓から吹き込んでくる潮風が旅情を感じさせます。

橋を渡り終えると、もうそこは淡路島。大自然に恵まれた島に到着です。

Spot 01 あわじ花さじきSpot 01 あわじ花さじき

空に浮かぶ花の楽園で、絶景をのぞむ空に浮かぶ花の楽園で、絶景をのぞむ

イメージイメージ

最初に訪れたのは標高約300mの高原に位置する花畑「あわじ花さじき」。約15ヘクタール(東京ドーム約3個分)に渡ってなだらかに広がる丘陵に、さまざまな花々が咲き誇り、四季折々の風景を楽しむことができます。

いい眺め~♪いい眺め~♪

丘陵の向こう側に瀬戸内海や神戸・大阪の街並みをのぞむことができる園内は絶好のお散歩コースです。

広々とした草原を間近に、わんこも嬉しそうな表情を見せます。

お花きれい♪お花きれい♪

園内を散歩していると、赤い花をつけるサルビアの畑を発見。日常ではなかなか出会えない赤一色の光景に、思わず見入ってしまいます。サルビアの見ごろは11月上旬までです。

11月中旬から2月下旬にはストックが見ごろを迎え、大花壇に色とりどりの花絨毯が広がります。

秋の風物詩コスモスが咲く花畑もおすすめ(〜11月上旬)秋の風物詩コスモスが咲く花畑もおすすめ(〜11月上旬)

ベンチに座ってひと休みしていると、柔らかな風が吹き抜けていきました。ほんのりと花の香りが残ります。

風が気持いい~風が気持いい~

Data

あわじ花さじき

兵庫県淡路市楠本2865−4

0799-74-6426

9:00~17:00
(最終入園16:30)

定休日:年末年始

130台

神戸淡路鳴門自動車道
淡路ICから車で約12分

http://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/

Spot 02 のじまスコーラSpot 02 のじまスコーラ

廃校を活用した複合施設・のじまスコーラで地元食材に舌鼓を打つ廃校を活用した複合施設・のじまスコーラで地元食材に舌鼓を打つ

イメージイメージ

次に訪れたのは、少子化の影響などにより閉校となった野島小学校をリノベーションして誕生した複合施設「のじまスコーラ」です。小学校の雰囲気がそのまま残る施設内に、レストランやカフェ、マルシェが並び、地元の人や観光客でにぎわいを見せます。

イメージイメージ

早速、1Fにある「カフェ・スコーラ」でランチ。テラス席であれば、わんこも入店可能です。天気の良い日は扉が開き、澄んだ空気の中で食事を楽しめます。

イメージイメージ

アマトリチャーナ

淡路牛すじカレー

今回は、アマトリチャーナと淡路牛すじカレーを注文。

アマトリチャーナには淡路の玉ねぎとトマトが使用されており、新鮮な野菜の旨味を生かして上品に仕上げられています。パスタに絡まるトマトソースがとても濃厚です。

一方、淡路牛すじカレーは、淡路牛と淡路の玉ねぎを使用。甘くてみずみずしい玉ねぎと、牛すじが溶けたルウが相性抜群です。牛すじの歯ごたえがしっかりと残っているので、食べ応えもあります。
自然の中で地元の食材を堪能。どちらも格別の味わいです。

イメージイメージ

デザートに、いろいろな甘味をひと皿に盛りつけたおまかせデザートプレートも注文しました。

こんにちわ~♪こんにちわ~♪

食後は、屋外にある「のじま動物園」に移動。アルパカやヤギと触れ合うことができます。

出迎えてくれたのは、女性にだけキスしてくれることで有名なアルパカのラアルくん。まっしろな体毛はずっとなでていたくなるような、ふわふわの触り心地。わんこも興味を惹かれるようです。

Data

のじまスコーラ

兵庫県淡路市野島蟇浦
(ひきのうら)843

0799-82-1820

10:30〜21:00(店舗によって営業時間が異なります)

定休日:水曜日(祝日は営業)

80台

神戸淡路鳴門自動車道
北淡ICから車で約25分

https://www.nojima-scuola.com

Spot 03 GRAND CHARIOT 北斗七星135°Spot 03 GRAND CHARIOT 北斗七星135°

星と森に包まれた淡路が誇るグランピング施設星と森に包まれた淡路が誇るグランピング施設

イメージイメージ

のじまスコーラから車で約25分、アニメパーク「ニジゲンノモリ」の中にあるグランピング施設「GRAND CHARIOT 北斗七星135°」へやってきました。

天井たか~い♪天井たか~い♪

緑に囲まれた道に沿うように、コクーン(繭)と呼ばれる客室が並び、童話の世界を歩いているような気分に。今回はわんこと同宿できるコクーンに泊まりました。

家族全員でのんびりひと休み家族全員でのんびりひと休み

コクーン内は木材で統一されており、一歩足を踏み入れると、やさしい木の香りと温もりに包まれます。

天井には円形の窓があり、星空を眺めながらの入眠や、霧のようにやわらかな日差しによる目覚めを期待できます。

お、おいしそう、、お、おいしそう、、

夕食の時間になったらテラス席に移動。スタッフが目の前で調理してくれるのを見ながら、出来上がりを待ちます。

イメージイメージ

食事はワールドグルメサミットで世界のベストシェフに選出された山下春幸シェフが監修。淡路産の新鮮食材を使用した料理を堪能できます。

きたー!きたー!

夕食のメインは、淡路ビーフと淡路玉ねぎのトマトすき焼きです。上品な甘みの割り下にお肉を浸したら、ウニと穴子を乗せてひと息に。口に含むと、食材の旨味がゆっくりと広がっていきます。

素材の味を存分に引き出すように計算された料理の数々に、しばらくうっとり。美しい景色を眺めながら、余韻に浸ってしまう料理ばかりです。

イメージイメージ

夕食を食べ終わるころには日没間際。森の向こう側に沈んでいく夕日と、少しずつ冷たくなっていく空気に、気持ちが和らいでいきます。

部屋に戻ったら、わんことくつろぎの時間。コクーンで目覚める朝を楽しみにしながら、天窓から覗く星空の下、眠りにつきました。

Data

GRAND CHARIOT 北斗七星135°

兵庫県淡路市楠本2425-2

0799-64-7090

定休日:なし

1,300台(県立淡路島公園)

※お車はF駐車場へお停めください。

神戸淡路鳴門自動車道
淡路ICから車で約5分

https://awaji-grandchariot.com

to be continued!次回予告to be continued!次回予告

「GRAND CHARIOT 北斗七星135°」の朝食と「ニジゲンノモリ」で散歩を楽しんだら、淡路島の南側へ移動。世界最大のうずしおを体感できる「うずしおクルーズ」や、飛行犬発祥の地「南あわじドッグラン」など、魅力的なアクティビティやスポットをご紹介します。