MENU

HONDA

検索

実感インタビュー「キャンプ」を
もっと楽しむ

菊池さんご家族

ご夫婦でオリジナルデザインのキャンプ道具を作り、アウトドを親しむ菊池さん。こだわりのキャンプサイトにはお子様と一緒にキャンプを快適に過ごす工夫が満載。
リベイドE500が加わり、また新しいキャンプスタイルを探して楽しまれています。

音がしないから、
夜も楽しめる

年に10 回以上はキャンプに行くほどキャンプが好きなのですが、いつも困るのが電源です。子供が一緒なので電気を使って快適に過ごしたいとなると、今までは電源サイトと呼ばれるコンセントが設置してあるキャンプ場を選ぶしかありませんでした。発電機も検討したこともあるのですが、発電機は音がするし排気ガスも出てしまう。何かいい方法はないかずっと探していました。

リベイドE500 を使ってみて、驚いたのはその静かさです。動作音がほぼしない。キャンプ場の場合、近くに他のキャンパーがいるので、騒音はすごく気になりますが、リベイドE500は騒音がないので夜でも気にすることなく使うことができます。

どこでも電源サイト
になる感覚です

電源が準備されていない場所でも快適なキャンプができるようになったのはとても嬉しいです。自由度が広がりました。コンセントを持ち運んでどこでも電源サイトになるような感覚で心強いです。今まで、電気が必要なときは車から電源コードを引っ張っていて制約がありました。リベイドE500 があれば、電源コードの取り回しも必要なく、使いたい時にどこでも電源を持っていくことができます。発電機と違って排気ガスが出ないので、テント内で使えるのもいいですね。

コンセントが使える。
できることが増えました

手持ちのモバイルバッテリーはUSB機器しか使えませんが、リベイドE500 はコンセントで家電が普通に使える。おかげでキャンプで使える道具がグッと増えた。よく使っているのは電気毛布・ミルクスチーマー・ポータブルオーディオ・スマホの充電です。キャンプは屋外での活動になるので、夜や朝が冷えます。夜もキャンプを楽しむためには、電気毛布が欠かせません。リベイドE500 だと電気毛布が2枚同時に使えますね。寝るときはベッドに敷いて、朝まで使っています。寒さに関しての悩みはなくなりました。

大容量のバッテリーだから、音楽を楽しんだり、携帯の充電をしたりしていますが、なんの問題もなく過ごすことができています。車からも充電できるので、連泊する2、3 日目にも安心感があります。キャンプではコーヒーを飲む人が多い。私も朝、ゆっくり景色を見ながらコーヒーを飲みます。その時にミルクスチーマーを使っています。今まで出来なかったことが出来るようになり楽しみが増えました。

この夏は、家にある小さなプラネタリウムをテントの中で使ってみたいです。夜、テントにプロジェクターを投影するのも面白いかもしれません。これから先、どんなことができるかを考えながら試してみるのがまた楽しいです。

サイトを彩る
おしゃれなデザイン

キャンプの醍醐味は、自分たちの趣向に合った道具を揃えていくことです。私たち夫婦はモノを作るのが好き。自分たちで作った椅子やテーブルだけではなくテントやタープにも手を加えて楽しんでいます。だから、キャンプで使う家電もこだわって選びます。その点、リベイドE500 はデザインが良くて、私たちのキャンプサイトにピッタリです。白く丸みを帯びたカタチは無機質なバッテリーとは一線を画すデザインでおしゃれ。私たちのキャンプサイトにも自然と溶け込みキャンプの思い出に彩りを加えてくれています。