MENU
HONDA
検索

2012年7月発表 2012年11月終了モデル
この情報は2012年11月現在のものです。


  • デザイン[スタイリング・インテリア]

  • 自在に使える革新空間

  • 使いやすさ

  • タイプ・価格・カラー

  • 燃費・走行性能

  • 安全性能

  • 装備

  • スペック・大きさ

  • アクセサリー


安全性能

「走る」「曲がる」「止まる」性能を磨いたうえで、クルマの横すべりなどを抑えるVSAも装備して積極的にめざした「事故を未然に防ぐ」性能。「万一の際に人を守る」性能も、骨格から高次元をめざしました。

  • 衝突安全設計ボディ
  • VSA
  • エアバッグ
  • 頚部衝撃緩和フロントシート
  • ELRシートベルト
  • ISOFIXチャイルドシートロアアンカレッジ
  • ディスチャージヘッドライト

NBOX+ Custom専用装備

NBOX+ Customプロジェクタータイプ ディスチャージヘッドライト

ページトップへ▲

G-CON G-FORCE CONTROL TECHNOLOGY ボディ構造モデル

衝突実験を繰り返して、鍛え上げたボディ。

[ 衝突安全設計ボディ ]

衝突時の衝撃(G)をコントロールする、Honda独自の衝突安全技術「G-CON」をさらに進化。相手車両に与えるダメージを軽減する「コンパティビリティ対応ボディ」、さらには「歩行者傷害軽減ボディ」も採用しています。

ページトップへ▲

VSA作動イメージ図

割り込み車を避けた後のヒヤッとするふらつきにも対処。

[ VSA (ABS + TCS + 横すべり抑制) ]

障害物や割り込み車を避けるために急ハンドルを切った時などに起こりがちな、クルマの姿勢の乱れ。それを抑え、運転にゆとりをもたらすシステムです。急ブレーキ時の車輪ロックを防ぐABS、加速時などの車輪空転を抑えるTCS、旋回時の横すべり抑制。これら3つの機能をトータルに制御。4輪別々にブレーキをかけたり、パワーを制御するなどして、クルマの姿勢の安定化を図ります。

ABS:4輪アンチロックブレーキシステム
TCS:トラクションコントロールシステム
VSA=Vehicle Stability Assist

■新型軽自動車について2014年10月1日から適用される新保安基準を先行適用。

ページトップへ▲

エアバッグシステム動作イメージ

写真は機能説明のため、運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用SRSエアバッグシステムが展開した状態を合成したものです。(写真はディーラーオプション<ギャザズ ナビゲーション>装着車)

同じエアバッグでも 信頼性へのこだわりが違う。

[ 現実の事故の中での性能を徹底追求 ]

国産車初のエアバッグの実用化に取り組んだHondaだからこそ実現する、高いレベルの信頼性。さらにN BOX +では、さまざまな事故状況で、より理想的なエアバッグ性能を提供できるようにと開発した「連続容量変化タイプ」の運転席用i-SRSエアバッグを、助手席用SRSエアバッグとあわせて採用しています。

「早く」「長く」「優しく」膨らむ、Honda独自のエアバッグ。

[ 連続容量変化タイプの運転席用i-SRSエアバッグ ]

さまざまな体格の方や衝突状況に対応するHonda独自のエアバッグ。乗員保護性能の向上と、エアバッグによる衝撃力の低減を両立しています。

早く膨らむ ステアリングに近い小柄なドライバー
ステアリングの近くに座るドライバーを守るために、より早く膨らんで体を受けとめます。

長く膨らむ ステアリングから遠いドライバー
ステアリングから離れて座っているドライバーを守るために、膨らみをより長く保ちます。
優しく膨らむ 従来エアバッグ 連続容量変化タイプ
飛び出しを抑え優しく膨らむので、ドライバーへの衝撃力を減らします。

ページトップへ▲

頚部衝撃緩和フロントシート

万一の際、首へのダメージを軽減するシート。

[ 頚部衝撃緩和フロントシート ]

後方から低速で追突された際に、首への負担を軽減する頚部衝撃緩和シートを運転席/助手席に採用しています。

ページトップへ▲

胸の移動量を抑えるプリテンショナー 胸に加わる力を抑えるロードリミッター

衝突時、シートベルトが 速やかに身体を拘束。

[ フロント3点式ロードリミッター付
プリテンショナーELRシートベルト ]

運転席/助手席のシートベルトは、前方向からの強い衝撃を感知すると瞬時に巻き取り、その後、一定以上の荷重がかかると、シートベルトを少し送り出し、胸などへの負担を軽減します。

ページトップへ▲

汎用型ISOFIXチャイルドシートロアアンカレッジ(リア左右席)+トップテザーアンカレッジ(リア左右席)

チャイルドシートを、簡単・確実に固定できるように。

[ 汎用型ISOFIXチャイルドシートロア
アンカレッジ(リア左右席)+
トップテザーアンカレッジ(リア左右席) ]

万一の衝突時、チャイルドシートの前方への移動を効果的に抑制するために。汎用型ISOFIXチャイルドシートを確実・容易に装着できる固定金具(アンカレッジ)を標準装備しています。

■写真はISOFIXチャイルドシート(サポートレッグタイプ)。チャイルドシートはディーラーオプションです。
■ISOFIXとは、誤使用防止、車両適合性の向上、取り付け方法の国際的な統一を目的とした、ISO(国際標準化機構)規格のチャイルドシート固定方式です。
■必ず適合するチャイルドシートをお選びください。

ページトップへ▲

ディスチャージヘッドライト〈HID〉(ロービーム)

Photo:G・Lパッケージ メーカーオプション(ディスチャージヘッドライト)装着車

夜道や雨天でも、より遠くまで見渡せるように。

[ ディスチャージヘッドライト
〈HID〉(ハイ/ロービーム) ]タイプ別メーカーオプション

太陽光に近い白く明るい光を放ち、夜間や雨天時の安心感を向上。ハイビームに切り替えても色調変化がなく、遠方の対象物でも識別性に優れます。また、通常のヘッドライトより大光量ながら、省電力にも貢献します。照射軸の上下方向を自動調整するオートレベリング機構、点灯忘れも防止できるオートライトコントロール機構付。

NBOX+ Custom専用装備

ページトップへ▲

プロジェクタータイプ ディスチャージヘッドライト(ロービーム)

Photo:G・Lパッケージ

夜間走行の安心感を高め、精悍なスタイルも演出。

[ プロジェクタータイプ
ディスチャージヘッドライト(ロービーム) ]

太陽光に近い白く明るい光を放ち、夜間や雨天時の安心感を向上。通常のヘッドライトより大光量ながら、省電力にも貢献します。精悍な表情を生む、3眼ヘッドライトに組み込んだプロジェクタータイプ。照射軸の上下方向を自動調整するオートレベリング機構、点灯忘れも防止できるオートライトコントロール機構付。

  • 各技術の能力には限界があります。つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。ご使用の前に、必ず取扱説明書をお読みください。
  • ABSは滑りやすい状況での制動時に車輪ロックを防止。EBDはブレーキング時の前輪と後輪の制動力配分をコンピューターがコントロールし、制動ポテンシャルをフルに引き出します。EBD付ABSは、あくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。VSAはあくまでもドライバーのブレーキ操作やアクセル操作、およびステアリング操作を補助するシステムです。したがって、EBD付ABSやVSAがない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、ムリな運転までは制御できません。安全運転をお願いします。
  • 運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用SRSエアバッグシステムは、横方向や後方向からの衝撃には作動しません。前方向からの、設定値以上の衝撃を感知したときのみ作動します。
  • SRSエアバッグシステムは、あくまでもシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムです。くれぐれもシートベルトの正しい着用をお願いします。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては「装備一覧」「主要諸元」をご覧くをご覧ください。

  • 衝突安全設計ボディ
  • VSA
  • エアバッグ
  • 頚部衝撃緩和フロントシート
  • ELRシートベルト
  • ISOFIXチャイルドシートロアアンカレッジ
  • ディスチャージヘッドライト

NBOX+ Custom専用装備

NBOX+ Customプロジェクタータイプ ディスチャージヘッドライト

ページトップへ▲

  • デザイン[スタイリング・インテリア]

  • 自在に使える革新空間

  • 使いやすさ

  • タイプ・価格・カラー

  • 燃費・走行性能

  • 安全性能

  • 装備

  • スペック・大きさ

  • アクセサリー