MENU
HONDA
検索

2012年7月発表 2012年11月終了モデル
この情報は2012年11月現在のものです。


  • デザイン[スタイリング・インテリア]

  • 自在に使える革新空間

  • 使いやすさ

  • タイプ・価格・カラー

  • 燃費・走行性能

  • 安全性能

  • 装備

  • スペック・大きさ

  • アクセサリー


燃費・走行性能

もっともっと、環境にも家計にもやさしいクルマへ。Hondaの先進技術を結集させ、走りと低燃費を高い次元で両立させました。

  • 低燃費
  • アイドリングストップシステム
  • ECONモード
  • 環境性能
  • 環境仕様
  • 高性能エンジン
  • ターボエンジン
  • リアルタイム4WD

ターボ専用の主な装備

  • クルーズコントロール
  • パドルシフト

ページトップへ▲

燃料消費率 JC08モード走行(国土交通省審査値)21.2km/L(G〈FF〉、G・Lパッケージ〈FF〉)

毎日の運転を気兼ねなく。優れた低燃費。

[ 低燃費 ]

燃焼効率に優れた軽量・コンパクトな高性能エンジン、動力伝達効率のよいCVT、さらに軽量プラットフォームなどにより、優れた低燃費を実現しました。

■燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。■JC08モード走行は10・15モード走行に比べ、より実際の走行に近くなるよう新たに設けられた試験方法で、一般的に燃料消費率はやや低い値になります。

ページトップへ▲

アイドリングストップシステム

Photo:N BOX + G・Lパッケージ(FF) 2トーンカラースタイル<ブルー&ホワイト>
メーカーオプション、ディーラーオプション装着車 メーター類は撮影のため点灯 画面はハメコミ合成

停車中のムダな燃料消費をゼロに。

[ アイドリングストップシステム ]タイプ別設定

信号待ちや渋滞などでの停車時に、自動的にエンジンを停止してアイドリング中のムダな燃料消費・排出ガス・騒音をなくします。いつも通りの運転で、より低燃費を実現できます。

※条件によってはエンジンを停止させない場合があります。

ページトップへ▲

低燃費を実現するためのHondaの技術。

ECONモード

Photo:N BOX + G・Lパッケージ(FF) 2トーンカラースタイル<ブルー&ホワイト>
メーカーオプション、ディーラーオプション装着車 メーター類は撮影のため点灯

クルマ全体を、低燃費モードに自動制御。

[ ECONモード ]

ECONエンジンやエアコンといった、クルマ全体の動きを燃費優先で自動制御するECONモード。空調など快適性を優先したいときは、スイッチを押してOFFにできます。

>ECONスイッチについて、アニメーションなどでわかりやすく紹介します。 エコドライブを加速しよう

エコな運転をすると色が変わってお知らせ。

燃費にいい運転をすると、N BOX +では外周のリング照明がホワイトからグリーンに。N BOX + Customではセンターの照明がブルーからグリーンに変化。楽しくわかりやすい表示で、ドライバーをエコドライブへと導きます。

NBOX+ エコ運転になるほどリング照明がグリーンに。

NBOX+ Custom エコ運転になるほどセンターの照明がグリーンに。

ページトップへ▲

優れた環境性能

ターボ車を除く全タイプ「平成27年度燃費基準」を達成

G、G・Lパッケージ「平成27年度燃費基準達成車」表示マーク 平成27年度燃費基準を上回る優れた燃費性能を達成した車両に与えられます。

全タイプ「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」をクリア

全タイプ「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定車表示マーク 平成17年排出ガス規制のNMHC、NOXについて、基準値を75%以上下回る優秀な環境性能を達成した車両に与えられます。

ページトップへ▲

環境仕様




車両型式 DBA-JF1 DBA-JF2
エンジン 型式 S07A
総排気量(L) 0.658
駆動装置 駆動方式 FF 4WD
変速機 CVT





燃料消費率 JC08モード 燃費(km/L)*1 21.2 19.4 20.6 18.8
CO2排出量(g/km)
〈燃費からの換算値〉
109.5 119.7 112.7 123.5
参考 平成27年度
燃費基準達成車
平成27年度
燃費基準達成車
排出ガス 適合規制・認定レベル 平成17年排出ガス基準75%低減
JC08H+JC08Cモード
規制値・認定値等
(単位:g/km)
CO 1.15
NMHC 0.013
NOx 0.013
PM
参考 九都県市指定低公害車の基準に適合 九都県市指定低公害車の基準に適合
適合騒音規制レベル 平成10年騒音規制
規制値:加速走行76dB(A)
エアコン冷媒使用量 種類:代替フロン134a 使用量:320g
車室内VOC 自工会目標達成(厚生労働省室内濃度指針値以下)
環境負荷物質削減 *2 自工会2006年目標達成(1996年使用量*3の1/10) 
水銀*4 自工会目標達成(2005年1月以降使用禁止*5) 
六価クロム 自工会目標達成(2008年1月以降使用禁止)
カドミウム 自工会目標達成(2007年1月以降使用禁止)
自工会目標適用除外部品 *2:鉛バッテリー(リサイクル回収ルートが確立されているため除外)
*4:ナビゲーション等の液晶ディスプレイ、コンビネーションメーター、ディスチャージヘッドランプ、室内蛍光灯(交通安全上必須な部品の極微量使用を除外)







リサイクル 樹脂、ゴム部品への材料表示 樹脂、ゴム部品に可能な限り全て
リサイクルし易い材料*6を使用した部品 カウルトップガーニッシュ、グローブボックス、サンバイザー、ドアライニング、
バンパーフェース、ピラーガーニッシュなどの内外装部品
再生材を使用している部品 アンダーカバー、バッテリーボックス、吸音材
リサイクル可能率 車全体で90%以上*7
ポリ塩化ビニル廃止部品 ボディアンダーコート、外装モールなどでの廃止によりASR*8中塩素濃度1%以下レベル
環境負荷物質使用状況等 使用部品:塩ビ・ゴム部品、電子基盤、電気部品のはんだ、圧電素子等(PZTセンサー)
水銀 水銀廃止済部品*9:コンビネーションメーター
六価クロム 全廃済み
カドミウム 全廃済み
その他 グリーン購入法適合状況 グリーン購入法適合車 グリーン購入法適合車

*1 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
 なお、JC08モード走行は10・15モード走行に比べ、より実際の走行に近くなるよう新たに設けられた試験方法で、一般的に燃料消費率はやや低い値になります。
*3 1996年乗用車の業界平均使用量は1850g(バッテリーを除く)。
*5 交通安全上必須な部品の極微量使用を除外。
*6 ポリプロピレン、ポリエチレンなどの熱可塑性プラスチック。
*7 「新型車のリサイクル可能率の定義と算出方法のガイドライン(1998年 自工会)」に基づき算出。
*8 Automobile Shredder Residue
*9 自工会目標では適用除外部品だが、N BOX +/N BOX + Customでは自主的に廃止した部品。
※この環境仕様書は2012年7月現在のものです。

BLUE SKIES FOR OUR CHILDREN移動の喜びを次世代の子供たちへ。これからも夢と楽しさを求め続けるために。モビリティの楽しさや美しい環境を次の世代に受け継いでいくためにHondaは、製品はもちろんのこと、開発から販売に至るあらゆる段階で環境への取り組みに情熱を注ぎ続けます。

グリーンファクトリー
高効率化・産業廃棄物削減

資源やエネルギーを集結し、様々な工程を経て商品を生み出す生産活動。そのあらゆる側面で、地球環境への影響をミニマムに。Hondaは、「グリーンファクトリー計画」を世界で推進しています。また高効率化の対策を進め、天然ガスコージェネレーションシステムの導入や太陽光発電の設置によりCO2排出量の削減にも積極的に取り組んでいます。

次世代エネルギーへの取り組み
太陽電池の製造・販売

Hondaの太陽電池は、シリコンを使わず、発電層を薄い膜状の半導体とすることで、製造時の消費エネルギーや排出CO2を少なくし、環境に優しく製造することができました。この太陽電池を2007年10月より、Hondaの100%子会社である(株)ホンダソルテックで製造・販売することで、Hondaは地球温暖化防止に積極的に貢献しています。


(株)ホンダソルテック

地域との共生
ふるさとの森づくり

地域社会とHondaの工場の境界には、創業者の考え方(グリーンベルト構想)に基づき、1976年から「ふるさとの森づくり」と名付けた緑化活動をスタート。工場や事業所の周りに、それぞれの地域に本来自生している多様な植物を育て、環境美化、地域とのコミュニケーションに役立てています。


ふるさとの森(栃木プルービングセンター)

ページトップへ▲

高性能DOHC エンジン

Photo:N BOX + G・Lパッケージ(FF) 2トーンカラースタイル<ブルー&ホワイト>
メーカーオプション装着車

停車中のムダな燃料消費をゼロに。

[ 高性能DOHC エンジン ]G、G・Lパッケージ

軽トップレベルのパワーを実現。ストップ&ゴーの多い街中での軽快な走りはもちろん、フル乗車時や追い越し加速の力強さも追求しました。

※ターボ車を除く。2012年7月現在。Honda調べ。

高性能DOHCエンジン・CVT

高性能DOHCエンジン

レースの技術も注ぎ、パワー、燃費をハイバランス。

【最高出力(ネット値)】43kW[58PS]/7,300rpm

【最大トルク(ネット値)】65N・m[6.6kgf・m]/3,500rpm

「ネット」とはエンジンを車両に搭載した状態とほぼ同条件で測定したものです。

[ 高性能DOHCエンジン ]

つねに優れた吸排気効率を生み、燃焼効率を高めるVTC(連続可変バルブタイミング・コントロール機構)を採用。さらに、スイングアームタイプのDOHCとするなど、レースシーンで培った技術を惜しみなく投入。出力特性、低燃費、静粛性、すべてを高いレベルで達成する軽量・コンパクトなエンジンです。

[ 高効率CVT ]

変速ショックのないスムーズな走りを生むCVT(無段変速オートマチック)。軽量・コンパクト化し、軽自動車専用に開発したCVTです。パワーを効率よく伝達し、低燃費に大きく貢献。同時に高い静粛性も叶えています。4WD車にも採用。

閉じる

ページトップへ▲

ターボエンジン

停車中のムダな燃料消費をゼロに。

[ ターボエンジン ]G・ターボパッケージ

DOHCエンジンをベースに、高性能ターボチャージャーを加えたユニット。トルク特性に優れるうえ、2,600rpmの低回転で最大トルクを発揮し、優れた発進加速性能を実現。

※2012年7月現在。4人乗り、軽乗用クラス。Honda調べ。

ページトップへ▲

リアルタイム4WD

Photo:N BOX + G・Lパッケージ(4WD) 2トーンカラースタイル<ブルー&ホワイト>

雪道に頼もしい4WD。でもしっかり低燃費。[4WD車]

[ リアルタイム4WD ]4WD

普段は省エネのFF走行。発進時や滑りやすい路面、荒れた路面などでは瞬時に4WDに切り替わり、高い走破性を発揮するHonda独自の「リアルタイム4WD」を採用。システムの軽量化、またCVTとの組み合わせによって低燃費を実現しています。

ターボ専用の主な装備

ページトップへ▲

クルーズコントロール

ドライビングに、大いなるゆとり。

[ クルーズコントロール ]タイプ別設定

アクセルペダルを踏まずに定速走行が可能。燃費向上にも貢献し、高速道路などでの運転をより快適なものに。

ページトップへ▲

パドルシフト

痛快な走りに、操る醍醐味をプラス。

[ パドルシフト ]タイプ別設定

ステアリングの裏側にある「+」と「−」のパドル(レバー)を指先で操作すれば、CVTでありながらマニュアル感覚のシフトチェンジが堪能できるパドルシフト(7スピードモード付)を装備。

  • 低燃費
  • アイドリングストップシステム
  • ECONモード
  • 環境性能
  • 環境仕様
  • 高性能エンジン
  • ターボエンジン
  • リアルタイム4WD

ターボ専用の主な装備

  • クルーズコントロール
  • パドルシフト

ページトップへ▲

  • デザイン[スタイリング・インテリア]

  • 自在に使える革新空間

  • 使いやすさ

  • タイプ・価格・カラー

  • 燃費・走行性能

  • 安全性能

  • 装備

  • スペック・大きさ

  • アクセサリー