MENU

HONDA

検索

2013年5月発表 2014年3月終了モデル
この情報は2014年3月現在のものです。

INSIGHT

開発思想

先を見つめる思想#2

サイズに収める、という美学 都市部でも地方でも「大通りから入った途端、すれ違うのがギリギリ」という道がいくらでもある日本の道路。タワーパーキングや縦列駐車など、駐車場の状況も考えれば、私たちの暮らしに5ナンバーサイズはちょうどいい。インサイトがまず決めたのは、この5ナンバーという制約。その枠に、コンパクトなIMAハイブリッドを収め、人のための空間をつくりだす。器をいたずらに大きくせず、知恵と工夫で解決する。それは日本のモノづくりの美学であり、Hondaが追求し続けてきた「メカは小さく、人のスペースは大きく」というクルマづくりの原点でもありました。

インサイト L ボディカラーはアラバスターシルバー・メタリック メーカーオプション装着車

Photo:インサイト L ボディカラーはアラバスターシルバー・メタリック
メーカーオプション装着車

日本の道路や住宅に収まりのよい、5ナンバーサイズ

駐車スペースにゆとりのないこともままある、
日本の住宅事情を考えると5ナンバーサイズの
取り回しのよさはひとつの価値。最小回転半径は5.0m。
片側2車線の交差点で切り返さずUターンできることを目安とした。

道路イメージ

メカを小さく収めると、人のための空間が生まれる。

先を見つめる思想トップへ
  • #1 軽くなることの、価値は重い。
  • #2 寸尺(サイズ)に収める、という美学。
  • #3 クルマと一緒に、エコを学ぶ。
  • #4 心を尽くした、心地よさ。
  • #5 燃費を、言い訳にしない。
  • #6 +200ccが、解き放った。

ページトップへ