MENU

HONDA

検索

モータースポーツ > 世界ツーリングカー選手権 > WTCC 開発プロジェクトリーダーレポート > 新レギュレーションで挑む、2014年シーズン ―ダブルタイトル獲得を目指して―

WTCC 開発プロジェクトリーダーレポート

新レギュレーションで挑む、2014年シーズン ―ダブルタイトル獲得を目指して―

今シーズンから、マシンのレギュレーションに大きな変更があります。エンジンに関しては、1.6リッター直列4気筒直噴ターボというパッケージ自体に大きな変更はないのですが、エアリストリクター径の拡大(現行33mmから36mmへ)というレギュレーション変更によって、パワーが大幅にアップします。また、エンジンの重量に関する細かな規定が撤廃されることにより、一部のパーツを新設計で作り直し、昨年のエンジンに比べて、かなりの軽量化が実現できています。

一方で、車体については大きく変わります。タイヤが太くなり、エアロ系のパーツが組み込まれ、見た目もこれまでとはずいぶん違うものになっています。

14年シーズンは、マシンが大きく変わることもあり、参加台数は今のところ22台です。マシンの性能は上がり、力の入ったチームがほとんどですので、厳しい戦いが予想されます。そして全部のチームが、新しいマシンでのゼロからのスタートですから、我々にとってもやりがいのあるシーズンになるでしょう。

今シーズンも引き続き、ワークスチーム「カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカー・チーム(Castrol Honda World Touring Car Team)」から、ガブリエーレ・タルクィーニとティアゴ・モンテイロが参戦します。

さらに、プライベートチームにおいては、昨シーズンに続き、ハンガリーの「ゼングー・モータースポーツ(Zengő・Motorsport)」のノルベルト・ミケリスと、新たに、「プロチーム・レーシング(Proteam Racing)」から、メディ・ベナーニが加わります。

ワークスチームと合わせて3チーム4台体制で、ドライバーとマニュファクチャラーのダブルタイトル獲得を目指してがんばります。

2014年 WTCC エンジン・マシンレギュレーションの主な変更点

エンジン
2013年 2014年
リストリクター径
φ33mm φ36mm
エンジン単体最低重量
82kg 81kg
主要パーツ最低重量規定
各部詳細に規定 一部(ブロック、ヘッドなど)撤廃
重心高
クランクセンターから110mm 変更なし
ターボ過給圧
2.5bar 変更なし
最高回転数
8500回転 変更なし
車体
2013年 2014年
車体総重量
1150kg 1100kg
最低地上高
80mm 60mm
タイヤサイズ(総幅/外径/ホイール)
240/610/17 250/660/18
サスペンション
ベース車と同形式 前後マクファーソンストラット式
大型エアロパーツ装着
ほぼベース車に準ずる フロントバンパー、リアウイング、フェンダーなど装着可
アンダーフロア
ベース車に準ずる フラットボトム
  • ガブリエーレ・タルクィーニ
  • ティアゴ・モンテイロ
  • ノルベルト・ミケリス
  • メディ・ベナーニ
Back to INDEX
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
PAGE TOP