MENU

HONDA

検索

Round11インドネシアインドネシア

MXGP

2019年7月7日(日)・決勝

パレンバン

第11戦 インドネシア

ガイザーがパレンバンを制覇(1位/2位)総合6連勝を飾る

モトクロス世界選手権第11戦が、インドネシアで行われました。会場は昨年のバンカ島パンカルピナンから、スマトラ島パレンバンに移動しましたが、高温多湿との闘いとなる側面に相違はなく、インドネシアは依然としてシリーズ中の難関の一つです。パレンバン郊外のショッピングモールに隣接する空き地に特設されたコースは、1周1分30秒ほどの規模。粘土質の路面はドライであればハードパックになりますが、にわか雨の影響もあってワダチの発生も要素に加わりました。

MXGPのレース1では、ティム・ガイザー(Team HRC)がホールショット。ジェレミー・シーワー(ヤマハ)に先行さる瞬間もありましたが、ガイザーがすぐに抜き返しました。前半はシーワーを徐々に引き離す展開で、マージンは6秒ほどまで広がりました。10周目にマックス・アンスティ(KTM)が2番手に入れ替わった後も、ガイザーはリードを維持。終盤に小雨が降る中も走りきり、ガイザーがトップでフィニッシュしました。ブライアン・ボジャーズ(Team HRC)は、オープニング8番手につけていましたが、10分を経過した頃からペースが衰え、12位でゴールしました。

レース2では、ガイザーがやや出遅れ、1コーナーに4~5番手で進入しましたが、うまくカットインを決めてホールショットを獲得しました。4周目にジャンプの飛び出しでコースアウト。リアが脱輪して転倒を喫したガイザーは、トップの座をロマン・フェーブル(ヤマハ)に明け渡しました。その後フェーブルとガイザーの差は7~9秒で推移し、劇的なプッシュが見られないままフィニッシュ。この結果ガイザーが総合優勝(1位/2位)を獲得しました。ボジャースは6番手スタートからシングル圏内にとどまり、8位でチェッカーを受けました。

コメント

ティム・ガイザー(MXGP 1位/2位 総合1位)
Team HRC「終日このコースでのライディングを楽しみました。レース1ではホールショットを取って、少しですがリードを蓄えたので、レースを掌握することができました。とても楽しかったので、なんとかレース1では勝てました。レース2ではスターティングゲートを飛び出すタイミングが合わず、ストレートで行く手をふさがれてしまったのですが、前のライダーが1コーナーでふくらんだ隙にイン側を突いたら、またホールショットをゲットしました。4周目にコースアウトした際に、砂塵の浮いた路面で後輪を空転させて軽くクラッシュしました。3番手でレースに復帰してすぐに、ジェレミー・シーワーを抜くことができました。その先にいたロマン・フェーブルは、とても速いペースで走っていたし、2位でも総合優勝できることがわかっていたので、無理に追いかけないことにしました。もちろん今日の成果とポイントランキング状況についても非常に満足しています」

ブライアン・ボジャース(MXGP 12位/8位 総合8位)
ブライアン・ボジャーズ「今日は思い通りにならないことばかりで、特にレース1がそうでした。最初の5~6周はフィーリングも悪くなく、トップライダーたちと一緒に走っていたのですが、その後は暑さにやられて全く攻められなくなってしまったのです。その点がすごく残念だったので、レース2ではもっとがんばるつもりでした。ゲートの飛び出しがとてもうまく決まり、序盤からレース1を上回る勢いでプッシュしました。出し惜しみはしたくなかったし、そういう消極的な気持ちを排除したことが功を奏したようです。レース2でも暑さで少し疲れることがありましたが、それでも攻め続けることができました。最終的に12位/8位でオーバーオール8位になりました。それほど悪くない成績ですが、もっと上位を狙いたいと思います」

リザルト

レース1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1243ティム・ガイザーHonda2134'36.177
299M.アンスティKTM21+06.132
391J.シーワーヤマハ21+09.421
4461R.フェーヴル ヤマハ21+12.671
5259G.コルデンホフKTM21+14.553
64A.トヌスヤマハ21+17.147
1189ジェレミー・ファン・フォルベークHonda21+1'26.721
12189ブライアン・ボジャーズHonda20+1Lap

レース2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1461R.フェーヴル ヤマハ2033'26.578
2243ティム・ガイザーHonda20+03.256
3259G.コルデンホフKTM20+18.172
491J.シーワーヤマハ20+19.389
521G.ポーリンヤマハ20+20.854
699M.アンスティKTM20+23.871
8189ブライアン・ボジャーズHonda20+1'10.690
1189ジェレミー・ファン・フォルベークHonda19+1Lap

ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
1243ティム・ガイザーHonda488
2222A.カイローリKTM358
391J.シーワーヤマハ327
421G.ポーリンヤマハ318
54A.トヌスヤマハ304
627A.ヤシコニスハスクバーナ271
989ジェレミー・ファン・フォルベークHonda245
16189ブライアン・ボジャーズHonda126
27151ハリー・クラスHonda19
3113バレンティン・ギロドHonda14
44179ホアキン・ポリHonda3
46220ヘトロ・サラサールHonda1

マニュファクチャラー

順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1Honda497
2KTM468
3ヤマハ443
4ハスクバーナ325
5カワサキ288

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース