MENU
HONDA
検索

Round02イギリスイギリス

MX2

2019年3月24日(日)・決勝

マターリー・ベイシン

第2戦 イギリス

ファランデレンがレース2で2位入賞

カルバン・ファランデレン(Team HRC)が参戦するMX2クラスでは、ポイントリーダーのホルヘ・プラド(KTM)が欠場したため、上位争いに変化が起きました。

レース1ではトム・ヴィアーレ(KTM)がホールショット。2周目にはトーマス・キエール・オルセン(ハスクバーナ)が、レースリーダーになりました。ファランデレンはスタート7番手から着々と浮上し、ヘンリー・ヤコービ(カワサキ)、デイビー・ポーチェス(ハスクバーナ)らとの3位争いに参入しました。ところがファランデレンは、15分過ぎに転倒を喫し10番手まで後退。その後のばん回によって、8位でチェッカーを受けました。

レース2は同じようなオープニングで、ビアルをかわしたオルセンが2周目からトップに立ちました。ファランデレンは3番手につけましたが、10分ほど経過する頃には、トップ3が4~5秒間隔の単独走行となりました。後半に差しかかると、ビアル対ファランデレンのバトルが激しくなり、テールトゥノーズとなります。28分過ぎにビアルを攻略したファランデレンは、2位でフィニッシュ。この結果、オーバーオールでは2戦連続の4位を獲得しました。

なお、マターリー・ベイシンで併催されたヨーロッパ選手権 EMX250 では、能塚智寛(Honda 114 Motorsports)が総合17位(14位/17位)に入りました。

コメント

カルバン・ファランデレン(MX2 8位/2位 総合4位)
カルバン・ファランデレン「率直に言うと最高の週末ではありませんでした。レース2で2位に入賞できたことには満足していますが、実際は土日を通じて悩んでいたのです。たとえば予選レースや決勝レース1がそうだったように、いいリズムを保つことができないまま、ひたすらコースと格闘していたような気がします。とは言えレース2では、なんとか巻き返して、2位をゲットできたのでよかった。この結果は自信となり、次週以降のレースに臨むためのモチベーションとなります」

リザルト

レース1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
119T.オルセンハスクバーナ1335'01.449
229H.ヤコービカワサキ13+04.278
328T.ヴィアーレKTM13+16.160
4919B.ワトソンヤマハ13+28.500
5747M.セルベリンヤマハ13+30.179
6426C.ミューズKTM13+35.271
810カルバン・ファランデレンHonda13+44.908
17101ザッカリー・ピションHonda13+1'10.380
18172マシス・ボワラメHonda13+1'11.952
3443ミッチェル・エバンスHonda12+1Lap
 32ブレント・ファン・ドニンクHonda0DNS

レース2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
119T.オルセンハスクバーナ1437'10.022
210カルバン・ファランデレンHonda14+09.936
329H.ヤコービカワサキ14+16.035
428T.ヴィアーレKTM14+16.935
5919B.ワトソンヤマハ14+20.044
6193J.ゲールツヤマハ14+38.635
843ミッチェル・エバンスHonda14+46.268
11172マシス・ボワラメHonda14+1'02.388
33101ザッカリー・ピションHonda12+2Laps
 32ブレント・ファン・ドニンクHonda0DNS

ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
119T.オルセンハスクバーナ94
229H.ヤコービカワサキ78
310カルバン・ファランデレンHonda71
428T.ヴィアーレKTM65
5919B.ワトソンヤマハ63
661J.プラドKTM50
843ミッチェル・エバンスHonda49
17172マシス・ボワラメHonda19
2132ブレント・ファン・ドニンクHonda8
23101ザッカリー・ピションHonda6

マニュファクチャラー

順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1ハスクバーナ94
2KTM88
3カワサキ78
4Honda73
5ヤマハ64

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース