MENU
HONDA
検索

モータースポーツ > モトクロス世界選手権 > 第1戦 カタール > 決勝

モトクロス世界選手権

round 01

SCHEDULE

February 28 2015, RACE FIM Motocross World Championship Qatar

カタールカタール

ポーリンがTeam HRCに初の表彰台をもたらす

2015年2月28日(土)・決勝  会場:ロサイル  天候:晴れ  気温:19℃

2月28日(土)、Team HRCの一員として、初めてCRF450RWを走らせたゴーティエ・ポーリンが、前日の予選レースでみせたパフォーマンスを決勝に持ち込み、開幕戦カタールGPで総合3位の表彰台に登壇しました。レース1では4位だったポーリンですが、レース2ではスタートから飛び出し2番手に。クレメント・デサール(スズキ)とアントニオ・カイローリ(KTM)との競り合いを、終始繰り広げると、3位でフィニッシュして総合成績でも3位となりました。

  • ゴーティエ・ポーリンゴーティエ・ポーリン
  • ゴーティエ・ポーリンゴーティエ・ポーリン
  • ゴーティエ・ポーリンゴーティエ・ポーリン
  • イブジェニー・バブリシェフイブジェニー・バブリシェフ
  • イブジェニー・バブリシェフイブジェニー・バブリシェフ
  • イブジェニー・バブリシェフイブジェニー・バブリシェフ
  • 山本鯨山本鯨

昨年6月のイタリアGP以来となるカムバックを果たしたイブジェニー・バブリシェフ(Team HRC)はレース1で8位、レース2で9位となり、総合8位でした。レースに必要な体力を取り戻したばかりのバブリシェフにとっては、ここからが巻き返しのスタートとなります。また、今年からMXGPクラスに活躍の場を移した山本鯨(Team Assomotor Honda)は、レース1で26位、レース2で23位で完走を果たしました。

MX2クラスでは、Honda Gariboldiのティム・ガイザーが、CRF250RWを駆って奮闘しました。レース2でのコースアウトがなければ、表彰台に登っていたはずです。前日の予選レースでは、ほかのライダーのクラッシュに巻き込まれ、グリッド後方に下がったあと、予選14番手となりました。しかし、決勝の朝に行われたウォームアップセッションでは、ファステストタイムを記録し、対照的な展開となりました。

レース1では、スタートに失敗して16番手でしたが、すばらしい追い上げをみせ、4位でフィニッシュ。レース2では、レース1を上回るスタートを切り、5番手につけました。途中まではトップグループに食らい付いていましたが、転倒を喫して11番手まで後退。そこから7位まで追い上げ、総合4位となりました。

コメント

ゴーティエ・ポーリン(MXGP 4位/3位 総合3位)
「自分としては、Team HRCで走る初めての世界選手権だったので、このような成績でシーズンインできたことがとてもうれしいです。表彰台に立つことは、いつでも大切です。一番高い場所ではなかったですが、長いシーズンを考えると、3位でも十分です。もちろん、2位や優勝の方がいいですが、開幕戦がとてもスムーズだったことも大切です。チームスタッフとは、とてもうまくいっています。乗るたびにマシンが進化していますので、順調だと言えます」

イブジェニー・バブリシェフ(MXGP 8位/9位 総合8位)
「こうやってレースをするのは久しぶりなので、カムバックできて本当にうれしいです。レース数が多いので、堅実な走りを心掛け、復帰できたここから、ポジティブに成績を上げていきたいです。序盤はトップグループに離され、中位あたりにいました。単独だったため、ベストなスピードを見つけるのが難しかったです。もっと上の成績を残せたはずですが、これでも喜ぶべきだと思います。前日はブレーキに石を挟むトラブルがあり、スタートのグリッド順が最後になってしまいました。1コーナーでは一番外側でしたので、8位や9位でもよしとしなければなりません。マシンには総合的に満足していますし、順調に走ってくれています。マシンをうまく仕上げてくれているチームスタッフに、感謝したいです」

ティム・ガイザー(MX2 4位/7位 総合4位)
「レース1のスタートで失敗し、17番手あたりを走りましたが、そこから何台も抜いてばん回できました。レース1では、コース幅を活用したライン取りに自由度がありましたが、レース2では速いラインが1本だけになったため、抜くのが難しかったです。とにかく、ケガからのカムバックを果たせたことがうれしいです。本当はもっと上位を狙いたいところですが、すべてが終わった今、総合4位というのは悪くないリザルトだと思います」

決勝リザルト

MXGP(レース1)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
112M.ナグルハスクバーナ1834'52.985
225C.デサールスズキ18+01.221
3222A.カイローリKTM18+18.550
421ゴーティエ・ポーリンHonda18+24.809
589J.バン・ホービークヤマハ18+34.810
6461R.フェーヴルヤマハ18+42.395
 
8777イブジェニー・バブリシェフHonda18+56.052
2023 クリストフ・シャルリエHonda18+1'56.702
2211 フィリップ・ベントソンHonda17+1Lap
2577 アレッサンドロ・ルピーノHonda17+1Lap
26400山本鯨Honda17+1Lap
MXGP(レース2)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
112M.ナグルハスクバーナ1835'00.295
225C.デサールスズキ18+06.023
321ゴーティエ・ポーリンHonda18+08.752
4222A.カイローリKTM18+12.787
589J.バン・ホービークヤマハ18+17.740
622K.ストリボススズキ18+24.676
 
9777イブジェニー・バブリシェフHonda18+1'03.294
1923 クリストフ・シャルリエHonda17+1Lap
2011 フィリップ・ベントソンHonda17+1Lap
2177アレッサンドロ・ルピーノHonda17+1Lap
23400山本鯨Honda17+1Lap
MX2(レース1)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
184J.ハーリングスKTM1733'51.825
24D.フェランディスカワサキ17+02.674
333J.リーバーヤマハ17+04.052
4243ティム・ガイザーHonda17+11.387
591J.シーワースズキ17+12.575
61J.ティクシーカワサキ17+14.559
 
1551イェンス・ゲッテマンHonda17+1'03.623
1718フセヴォロド・ブリリャコフHonda17+1'12.500
MX2(レース2)
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
184J.ハーリングスKTM1733'56.613
233J.リーバーヤマハ17+02.731
359A.トンコフハスクバーナ17+05.065
441P.ヨナスKTM17+10.885
54D.フェランディスカワサキ17+11.093
692V.ギロドヤマハ17+18.511
 
7243ティム・ガイザーHonda17+20.689
1218フセヴォロド・ブリリャコフHonda17+1'02.697
1351イェンス・ゲッテマンHonda17+1'10.646

ポイントスタンディング

ライダー(MXGP)
順位 ライダー マシン 総合ポイント
1M.ナグルハスクバーナ50
2C.デサールスズキ44
3ゴーティエ・ポーリンHonda38
4A.カイローリKTM38
5J.バン・ホービークヤマハ32
6R.フェーヴルヤマハ29
 
8イブジェニー・バブリシェフHonda25
22 クリストフ・シャルリエHonda3
23 フィリップ・ベントソンHonda1
マニュファクチャラー(MXGP)
順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1ハスクバーナ50
2スズキ44
3Honda38
4KTM38
5ヤマハ32
6カワサキ25
7TM17
ライダー(MX2)
順位 ライダー マシン 総合ポイント
1J.ハーリングスKTM50
2J.リーバーヤマハ42
3D.フェランディスカワサキ38
4ティム・ガイザーHonda32
5A.トンコフハスクバーナ31
6P.ヨナスKTM30
 
13イェンス・ゲッテマンHonda14
15フセヴォロド・ブリリャコフHonda13
マニュファクチャラー(MX2)
順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1KTM50
2ヤマハ42
3カワサキ38
4Honda32
5ハスクバーナ31
6スズキ29