MENU
HONDA
検索

Round15タイタイGP

Moto3

2019.10.06(日)

チャーン・インターナショナル・サーキット
天候:晴れ
気温:31℃
コースコンディション:ドライ
観客:9万5352人(3日間:22万6655人)

第15戦 タイGP

ロレンソ・ダラ・ポルタが2位に入り、3戦ぶりの表彰台

Moto3クラスは、今大会も激しい戦いとなり、総合首位のロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)が大接戦の中で2位でフィニッシュ。総合2位のアーロン・カネット(KTM)がノーポイントに終わったため、2点差だったリードを22点差へと広げることに成功しました。

3位にはアロンソ・ロペス(Estrella Galicia 0,0)で、ベストグリッドの5番手から初表彰台を獲得。4位にはマルコス・ラミレス(Leopard Racing)、トップグループの中で粘り強い走りをした鳥羽海渡(Honda Team Asia)が7位でフィニッシュしました。

総合3位のトニ・アルボリーノ(VNE Snipers)は、トップグループに加わりますが、右手の調子が悪く、後半ペースを上げられず10位に終わり、総合首位のダラ・ポルタとの差が43点へと開きました。次戦日本GPから再び、その差を縮める意気込みです。

リカルド・ロッシ(Kömmerling Gresini Moto3)が今季ベストの13位でフィニッシュ。セルジオ・ガルシア(Estrella Galicia 0,0)が14位でポイントを獲得しました。

最終ラップまで表彰台争いに加わった小椋藍(Honda Team Asia)は、1コーナーでアンドレア・ミニョ(KTM)の転倒の巻き添えでリタイア。27番グリッドから7位まで追い上げた佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)は1コーナーで転倒リタイア、序盤トップを走り、それからもトップグループの先頭集団につけた鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)も他者の転倒に巻き込まれてリタイアに終わりました。

リタイアに終わった日本の3選手は、ともに調子がよかっただけに、悔しい結果に終わりました。

コメント

ロレンソ・ダラ・ポルタ(Moto3 2位)
ロレンソ・ダラ・ポルタ 「これまでのキャリアの中で最も難しいレースの一つでした。祖母が数日前に亡くなり、つらい気持ちで大会に挑みました。家族は来ていませんが、幸い頼れるすばらしいチームがいて、レースウイークを通して僕をしっかりサポートしてくれました。Leopardはまるで家族のようです。感謝しても感謝しきれません。祖母のためにきょうは優勝したかったのですが、表彰台を獲得できたので喜んでくれていると思います。今回の結果はとても重要です。引き続きプッシュし、今まで通り仕事に取り組まなければなりません。祖母は僕がいつも幸せでいることを願っていました。これからは、それがモチベーションになります。マシンはすばらしく、非常に速かったので全力を尽くせました。チームに本当に感謝しています」

アロンソ・ロペス(Moto3 3位)
アロンソ・ロペス 「とてもいい気分です。初めて表彰台に上がることができ、とてもうれしいです。今シーズンは一生懸命取り組んできました。努力しても正しい方向に進まないときもありました。今日はがんばってきた僕たちへのプレゼントになりました。このサーキットは昨年かなり苦戦した場所でした。アラゴンでいい結果を残したあとなので、ポジティブな流れを続ける必要がありました。レースはスタートからオーバーテイクがたくさんありました。限界で走っているライダーもいました。この表彰台をチームと家族、そして難しい時期にサポートしてくれたすべての人に捧げたいと思います」

マルコス・ラミレス(Moto3 4位)
マルコス・ラミレス 「レースはとてもうまくいきました。マシンは快適で、とても速かったです。優勝を目指してがんばりました。常に表彰台に手が届いていました。最終ラップでアタックして優勝したかったのですが、ほかのライダーと当たり、そのため少し膨らんでしまいました。幸い転倒はしませんでしたがポジションをたくさん落としてしまいました。最終的に4位でフィニッシュしましたが、残念でした。優勝したかったので今後も努力を続けます」

鳥羽海渡(Moto3 7位)
鳥羽海渡 「体調が完ぺきではなかったので、今日はとてもタフなレースでした。ライディングも100%ではなかったので、なかなか前を走るライダーを追い越すことができず、ポジションをキープしながらレースを戦いました。最終的に7位でのゴールでしたが、トップグループで戦えたし、今日の結果には満足しています」

小椋藍(Moto3 リタイア)
小椋藍 「また、同じライダーの転倒に巻きこまれ、表彰台に立つチャンスを失いました。今日は後方からのスタートでしたが、コンスタントに速いラップタイムで走れていたのでとても悔しいです。残念な結果に終わってしまいましたが、気持ちを切り替えて、日本GPに向けて集中します」

鈴木竜生(Moto3 リタイア)
鈴木竜生 「今日はいい感じで乗れていました。序盤のうちにトップに出てレースを引っ張り、グループを小さくしていくというのが自分の作戦でした。その通りのレースができていたのですが、今日もダリン・ビンダーの強引な走りのせいで、僕を含めて何人もの選手が犠牲になりました。一度や二度じゃないので、本当に怒りがわいてきます。残念な結果でしたが、次の日本GPに向けていい状態が作れていると思うので、ホームGPではしっかり結果につなげたいです」

佐々木歩夢(Moto3 リタイア)
佐々木歩夢 「最後尾から良い感じで追い上げていたし、5,6番手までポジションを上げることができました。20台以上抜いてきたし、ペースも良かったので、終盤前に出ようと思ったら、1コーナーで転んでしまいました。とても残念です。しかし、改めて調子のよさを感じることができたレースなので、次の日本GPではベストリザルトを目指します」

Moto3 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
175A.アレナスKTM38'09.383
248ロレンソ・ダラ・ポルタHonda+0.231
321アロンソ・ロペスHonda+0.322
442マルコス・ラミレスHonda+0.459
57D.フォッジャKTM+0.666
613C.ヴィエッティKTM+1.166
727鳥羽海渡Honda+1.228
882S.ネパKTM+6.971
925R.フェルナンデスKTM+9.095
1014トニ・アルボリーノHonda+9.145
1112F.サラクKTM+9.629
1284J.コーンフェールKTM+9.559
1354リカルド・ロッシHonda+11.174
1411セルジオ・ガルシアHonda+14.024
1576M.ユルチェンコKTM+21.043
1632D.ピッツォーリKTM+23.306
173ケビン・ザノーニHonda+23.777
1822真崎一輝KTM+23.866
1953D.オンジュ KTM+55.804
2040D.ビンダーKTM+1'05.873
RT16A.ミニョKTM+3'25.084
RT44A.カネットKTM+4Laps
RT79小椋藍Honda+1Lap
RT69T.ブース・アモスKTM+1Lap
RT10ホセ・フリアン・ガルシアHonda+4Laps
RT71佐々木歩夢Honda+7Laps
RT24鈴木竜生Honda+13Laps
RT17ジョン・マクフィーHonda+15Laps

Moto3 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
148ロレンソ・ダラ・ポルタHonda204
244A.カネットKTM182
314トニ・アルボリーノHonda161
442マルコス・ラミレスHonda136
517ジョン・マクフィーHonda126
623ニッコロ・アントネッリHonda118
713C.ヴィエッティKTM100
85J.マシアKTM96
97D.フォッジャKTM92
1079小椋藍Honda86
1124鈴木竜生Honda85
1284J.コーンフェールKTM76
1375A.アレナスKTM68
1455ロマーノ・フェナティHonda67
1519ガブリエル・ロドリゴHonda67
1621アロンソ・ロペスHonda61
1727鳥羽海渡Honda60
1825R.フェルナンデスKTM58
1916A.ミニョKTM52
2071佐々木歩夢Honda50
2140D.ビンダーKTM44
2211セルジオ・ガルシアHonda20
2312F.サラクKTM18
2476M.ユルチェンコKTM17
2522真崎一輝KTM14
2682S.ネパKTM13
2799C.タタイKTM8
286山中琉聖Honda7
2954リカルド・ロッシHonda5
3061C.オンジュKTM4
3169T.ブース・アモスKTM2
3252ジェレミー・アルコバHonda2
3320E.バルトリーニKTM1
3453D.オンジュ KTM0
3532D.ピッツォーリKTM0
3631ゲリー・サリムHonda0
3777V.ペレスKTM0
383ケビン・ザノーニHonda0
3967G.リウ・メールKTM0
4081A.ヴィウKTM0
4110ホセ・フリアン・ガルシアHonda0
4273M.コフラーKTM0
4318R.ファン・デ・ラグマットKTM0
4483M.カワカミKTM0
4528D.ガイガーKTM0
4696B.パーシュKTM0

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1Honda339
2KTM275

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース