MENU
HONDA
検索

Round02アルゼンチンアルゼンチンGP

MotoGP

アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド

第2戦 アルゼンチンGP

2年連続大会制覇に向けてHondaライダーが挑む

第2戦アルゼンチンGPが、3月29日(金)~31日(日)までの3日間、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの北東約1,200kmに位置する、アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われます。当地での開催は今年で6回目となります。

テルマス・デ・リオ・オンドは、サンティアゴ・デル・エステロ州の州都サンティアゴ・デル・エステロから約65kmに位置し、温泉が出ることから、アルゼンチン国内ではスパリゾート地として知られています。また、このサーキットからはアンデス山脈の雄大な景色を望むことができます。

アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンドが完成したのは2008年。その後、13年に大幅な改修が行われ、同年8月には初の世界選手権となる世界ツーリングカー選手権(WTCC、現WTCR)が開催されました。そして、翌年の14年4月には、ロードレース世界選手権(WGP)が初めて開催されました。

初開催の14年の決勝日は5万2,749人(3日間の合計で12万5,961人)。15年は5万234人(同合計で13万360人)。16年は5万1,535人(同合計で13万6,969人)、17年は6万1,223人(同合計で16万7,398人)、18年は6万3,305人(3日間:17万1,604人)と観客数は着実に増加しています。

テルマス・デ・リオ・オンドは人口2万5,000人の小さな街ですが、アルゼンチンGPには毎年大勢のファンが詰めかけ、この国の一大イベントの一つに成長し、地元の経済発展に寄与しています。

そのため、ファンはもちろんのこと、レース関係者にとっても宿泊施設などを確保するのが非常に難しい大会の一つ。宿泊施設を確保できないファンたちが夜を徹してお祭り騒ぎを楽しむイベントとなっています。

アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンドは、ほぼ平坦な土地に作られた一周4.806kmのコースで、メインストレートが1.076kmと長く、中高速コーナーが続くシンプルなレイアウトとなっています。

アルゼンチンGPのスタートは、ブエノスアイレス郊外のアウトドローモ・オスカル・ガルベスで1961年に初めて開催され、99年まで断続的に計10回開催されました。テルマス・デ・リオ・オンドに舞台を移してから今年で6年目となり、アルゼンチンGPは通算16回目の開催となります。

テルマス・デ・リオ・オンドに舞台を移した過去5年間では、3年連続(通算5回)チャンピオンのマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、予選では14年から17年まで、4年連続でポールポジション(PP)を獲得しています。昨年は不安定な天候の中で6番手と初めてPPを逃しましたが、コース攻略という点では、ライバルを圧倒してきました。

決勝でも、14年、16年は優勝しましたが、15年は他車と接触して転倒リタイア、17年も転倒リタイアに終わっています。いずれも優勝争い、もしくはトップを快走していながらの転倒という悔しい結果でした。そして昨年は、混乱したスタート進行の中で、スタート方法に違反があったとしてライドスルーのペナルティーを科せられました。そのため、ほぼ最後尾となる19番手までポジションを下げたあと、すばらしい追い上げをみせて5番手まで浮上しましたが、他車との接触でタイムが加算されるペナルティーで18位、ノーポイントという悔しい結果でした。

こうして過去5大会で圧倒的なスピードを見せてきたマルケスだけに、今年は3年ぶり3回目の大会制覇の期待が寄せられます。開幕戦カタールGPでは、優勝争いを繰り広げての2位。今大会も、優勝を目指すことはもちろんですが、表彰台獲得を目標に戦います。

チームメートでRepsol Honda Teamで2戦目を迎えるホルヘ・ロレンソ(Repsol Honda Team)は、今季初表彰台、初優勝に挑みます。ロレンソは、ウインターシーズンのトレーニング中に左手を負傷、そのために2月のマレーシアテストをキャンセル、2月下旬のカタールテストだけで開幕戦カタールGPに挑みました。初日は快調なスタートを切りましたが、2日目のフリー走行で転倒を喫し、その影響で予選グリッドは15番手、決勝は後方グリッドから追い上げて13位でフィニッシュしました。

ロレンソは、ウインターテストで負傷した左手に加え、開幕戦カタールGPの転倒でろっ骨を痛めましたが、この2週間のインターバルで、左手とろっ骨は順調に回復しました。アルゼンチンGPでは、14年大会の3位以来となる2度目の表彰台獲得を目指します。

昨年の大会を制しているカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)が、開幕戦カタールGPからの2戦連続表彰台と大会2連覇に挑みます。クラッチローは、昨年10月のオーストラリアGPのケガのために、ウインターテストは十分でありませんでしたが、RC213Vのセットアップが順調に進み、開幕戦カタールGPでは3位でフィニッシュ。カタールGP初表彰台を獲得して絶好のシーズンのスタートを切りました。

今大会はシーズンを通して得意とするサーキットの一つ。今年はHondaライダーとして6年目のシーズンとなりますが、15年の3位、17年の3位、昨年の優勝に続き、アルゼンチンGP4回目の表彰台獲得を目指します。

MotoGPクラスで2年目のシーズンを迎える中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、開幕戦カタールGPで9位でフィニッシュ。順調なスタートを切りました。今年は、ウインターテストから好調で、開幕戦の目標はトップ10入りすることでした。予選ではベストグリッドとなる9番手につけ、決勝でもトップグループを視野に9位でフィニッシュしました。

昨年の最終戦バレンシアGPでベストリザルトの6位でフィニッシュ。以来、スペインのバレンシアとヘレス、年明けのマレーシアとカタールテストでつねにトップ10入りを果たしてきました。昨年のアルゼンチンGPでは、MotoGPクラス初ポイント獲得となる13位でフィニッシュ。今年は2戦連続シングルフィニッシュとベストリザルト獲得に挑みます。

 

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 総合2位)
「カタールGPでは、いいスタートを切って、最後までバトルすることができました。アルゼンチンGPでも、いいレースをして、なるべくたくさんのポイントを獲得することが目標になります。カタールGPが終わってから、アルゼンチンGPまで2週間のインターバルがありました。この2週間の間には、モトクロスのトレーニングに戻ることができました。体調もよくなっています。今回のレースは自信があります」

カル・クラッチロー(MotoGP 総合3位)
「優勝したことがあるサーキットは、得意なサーキットだと思われがちですが、それほど単純ではありません。アルゼンチンのサーキットは好きですが、昨年は普通とは違う状況でした。スタートの混乱とその後のペナルティーなどがなければ、マルクが勝っていたと思います。昨年のレースでは、MotoGPではなにが起きるか分からないということが証明されました。気持ちを新たにし、先入観を持たずアルゼンチンに向かいたいです。そして、さらにポイントを獲得したいと思います。すべてのレースで優勝を目指しています。今回もベストを尽くします」

中上貴晶(MotoGP 総合9位)
「カタールGPが終わり、すぐにスペインへ移動しました。アルゼンチンGPに向けて、バルセロナで一生懸命トレーニングをしました。昨年のアルゼンチンGPでは、MotoGPクラスで初ポイントを獲得しました。また、チームメートのカル・クラッチローがそのレースで優勝しました。すばらしい思い出があります。好きなサーキットです。僕のライディングスタイルに合うレイアウトです。カタールGPはすばらしいレースになりました。今大会もとても楽しみにしています。トップ10に入れるようにがんばります。もしかしたらトップ6かトップ7争いができるかもしれません。それが今週末の目標です」

ホルヘ・ロレンソ(MotoGP 総合13位)
「カタールでは、思っていたような結果を出すことができませんでしたが、ポテンシャルの高さを見せることはできたと思います。アルゼンチンではさらにマシンを改善できればと思います。2週間の休みの間は、手首と、ろっ骨の回復に専念しました。 手首はかなりよくなり、ろっ骨もかなり痛みが取れました。これまでアルゼンチンはあまりいい結果を残していません。しかし、今年はHondaが新たなチャンスを与えてくれると感じています」

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2019 第2戦 アルゼンチンGP MotoGP プレビュー

ニュース