MENU

HONDA

検索

Round17オーストラリアオーストラリアGP

MotoGP フリー走行

2018年10月26日(金)

会場:フィリップアイランド・サーキット

天候:曇り/時々雨
気温:16℃
コースコンディション:ウエット/ドライ

不安定な天候の中でマルケス7番手、ペドロサ13番手。5番手のクラッチローは怪我のために今大会を欠場する

日本GPからの連戦となった第17戦オーストラリアGPは、時折り小雨が落ちる不安定な天候の中でフリー走行が行われました。この日は、午前中に行われたMoto3クラスのフリー走行で、コース上に出たオイルの処理で2時間の中断となり、大幅にスケジュールが変わりました。MotoGPクラスの2回のセッションは、ともに午後に行われ、ドライコンディションでした。

こうして、イレギュラーなタイムスケジュールで行われたフリー走行ですが、前戦日本GPで3年連続5度目のチャンピオンに輝いたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、これまで通りタイヤテストに集中、連続周回をこなし、決勝に向けて準備を進めました。1回目のセッション終盤に、前後新品タイヤでコースインして3周目に転倒を喫しましたが、2回目のセッションでは1回目のセッション終盤に投入したタイヤで連続ラップをこなし、多くのデータを収集しました。初日は、トップから1秒差以内に9台という接戦となり、その中で7番手のマルケスですが、内容では相変わらずポールポジション(PP)争い、優勝争いに加わる走りでファンを喜ばせました。

チームメートのダニ・ペドロサは初日13番手、2日目のフリー走行で予選Q2進出に向けてトップ10内を目指します。不安定な天候の中でペドロサは、FP1では1コーナーで転倒、FP2ではタイムを短縮しましたがポジションは変わらず苦戦の一日となりました。課題はフロントの接地感で、土曜日のフリー走行、予選で改善に取り組みます。

ルーキー・オブ・ザ・イヤーに向けて着実に前進しているフランコ・モルビデリ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、リアのセットアップに苦戦する一日となり18番手。しかし、このコースを得意としているだけに、2日目のフリー、予選でタイムとポジションを上げることが期待されます。

中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、高速コーナーが続くフィリップアイランド攻略にやや手間取り、ソフトタイヤでアタックしたFP2では転倒してタイムを伸ばせず19番手。モルビデリ同様、2日目のフリーと予選でコース攻略に全力を尽くします。

初ポイント獲得に闘志を燃やすトーマス・ルティ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、21番手からイギリスGPの15番手を凌ぐベストグリッド獲得に挑みます。

初日5番手とHonda勢トップのカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)は、FP2のセッション終盤に1コーナーで転倒し、右足首を骨折して今大会を欠場します。クラッチローはメルボルン市内の病院で手術を受ける予定です。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 7番手)
マルク・マルケス「今日はマシンやフロントタイヤのフィーリングがよくないままスタートすることになりました。そして予想もしていない転倒をしてしまいました。セカンドセッションでは7番手に終わりましたが、前進できたので満足しています。マシンを調整して、フィーリングを理解するためにロングランをこなしました。まだやることはたくさんありますが、今は正しい方向へ進んでいると思います。今回も接戦になっています。みんなのポジションがまだはっきりしないので、明日がどうなるか様子を見たいです。もちろん100%を尽くします」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 13番手)
ダニ・ペドロサ「今日の1回目のセッションは感触は悪くありませんでした。しかし、同じタイヤを使い、マシンにもなにも調整していない状態でセカンドランに出たとき、フロントから転倒してしまいました。2回目のセッションでもコーナリングでのフロントの感触は完ぺきではありませんでした。タイヤはソフトとミディアムスペックを試しました。引き続き取り組んでいかなければなりません。明日がどうなるか様子を見たいです」

フランコ・モルビデリ(MotoGP 18番手)
フランコ・モルビデリ「今日はリアのパンピングの問題でかなり苦戦しました。そのため難しい一日になりました。でもハードタイヤではまずまずの速さがあったのでよかったです。なぜこうしたことが起こったのか原因を考えなければなりません。とにかくこのサーキットをMotoGPマシンで走ることができてよかったです。明日も引き続き、決勝に向けてパフォーマンスをよくしていくことに集中したいと思っています」

中上貴晶(MotoGP 19番手)
中上貴晶「オランダGPの行われるアッセンと似たような感じで、切り返しのタイミングなどがつかみにくく、最後まで攻略できませんでした。タイヤを冷やさないようにしながら、だれかの走りを見ようと思いましたがうまくいきませんでした。今日はスケジュールが大きく変わり、FP1のあと、マシンのセットアップをちゃんとチェックする時間がないまま、FP2に挑まなくてはいけませんでした。今日はハードで走って着実にセットアップを進めたいと思っていました。FP2の最後に、ソフトタイヤでタイムを出そうと思ったのですが、6コーナーの進入で転んでしまいました。今日はマシンのセットアップはもちろんのこと、コース攻略ができていないままの部分もいくつかあるので、明日も引き続きコース攻略に努めたいです」

トーマス・ルティ(MotoGP 21番手)
トーマス・ルティ「FP1は、とてもいいスタートが切れました。スピードもあり、前進できると思いましたが、間違った方向でセットアップを進めてしまいました。明日に向けて再度マシンのバランスを考え直さなければなりませんが、進むべき方向性について、おもしろいことを見つけました。明日の天候が安定することを願っています。天候がよければ、予選と決勝に向けて準備を整えることができると思います」

MotoGP リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
129A.イアンノーネスズキ1'29.131
29D.ペトルッチドゥカティ+0.160
325M.ビニャーレスヤマハ+0.223
44A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+0.275
535カル・クラッチローHonda+0.485
65J.ザルコヤマハ+0.555
793マルク・マルケスHonda+0.608
843J.ミラードゥカティ+0.707
942A.リンススズキ+0.787
1046V.ロッシヤマハ+1.002
1155H.シャーリン ヤマハ+1.048
1238B.スミスKTM+1.215
1326ダニ・ペドロサHonda+1.341
1444P.エスパルガロKTM+1.414
1519A.バウティスタドゥカティ+1.603
1641A.エスパルガロアプリリア+1.605
1717K.アブラハムドゥカティ+1.641
1821フランコ・モルビデリHonda+1.656
1930中上貴晶Honda+1.699
2010X.シメオンドゥカティ+2.144
2112トーマス・ルティHonda+2.408
2281J.トーレスドゥカティ+2.439
2345S.レディングアプリリア+2.810
247M.ジョーンズドゥカティ+4.502

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2018 第17戦 オーストラリアGP フリー走行(MotoGP)

ニュース