MENU

HONDA

検索

Round04スペインスペインGP

MotoGP プレビュー

2018年5月3日(木)

会場:ヘレス・サーキット・アンヘル・ニエト

Repsol Honda Teamがホームグランプリで2年連続1-2フィニッシュを狙う

第4戦スペインGPが、5月4日(金)から6日(日)までの3日間、イベリア半島の南西部に位置するヘレス・サーキットで開催されます。同サーキットは一周4.423km。バラエティーに富んだ大小13のコーナーのすべてがパッシングポイントと言っても過言ではなく、毎年、厳しい戦いが繰り広げられます。

ヘレスは、1987年に初めてグランプリが開催されました。以来、スペインGPの舞台として定着しました。同地で開催されるのは今年で31回目となります(88年はハラマで開催)。ヘレスのあるアンダルシア地方は、一年を通じて温暖な気候で、今年もMoto2クラスとMoto3クラスのウインターテストが行われました。MotoGPクラスの公式テストは行われませんでしたが、Repsol Honda Teamは開幕戦カタールGP後にプライベートテストを実施、スペインGPに向けて準備を進めています。とは言え、各チームともにデータは豊富で、初日からレベルの高い走りが繰り広げられることは間違いありません。

Hondaは、これまでヘレスで通算21勝を達成しています。2012年はケーシー・ストーナー、13年はダニ・ペドロサ、14年はマルク・マルケスとRepsol Honda Teamが3年連続で優勝しました。さらに、15年、16年は、マルケスが3位、2位と表彰台に登壇。昨年はペドロサがポール・トゥ・ウインを達成し、マルケスが2位。06年から12年連続でRepsol Honda Teamの選手は表彰台に立ち、連続表彰台記録を更新しました。今年は2年連続スペインGP制覇と同大会で通算22度目の優勝を目指します。

3戦を終えて総合2位のマルケスは、スペインGPでは、MotoGPクラスにデビューした13年から表彰台に立ち続けてきました。13年は2位、14年に優勝、15年2位、16年3位、昨年の大会では2位なり、12年のMoto2クラス時代の2位を含めて6年連続で表彰台に立ち、地元スペインのファンの期待に応えてきました。今年は14年以来となるスペインGP制覇と前戦アメリカズGPからの今季2勝目に挑みます。

チームメートのペドロサは、前戦アメリカズGPでは、アルゼンチンGPで転倒負傷した右手のケガが完治していない状況で予選9番手、決勝7位と熱走を見せました。1週間のインターバルを経て、右手の状態はさらに回復しており、今大会は右手の状態を確認しながら、2年連続ポール・トゥ・ウインを目指します。

ペドロサは、06年に最高峰クラスにデビューしてから13年まで9年連続で表彰台に立って来ました、しかし、15年は腕の手術のために同大会を欠場。16年は4位と表彰台から遠ざかりました。しかし、昨年はすばらしい走りを見せて、08年、13年に続きスペインGPで3度目の優勝を果たしました。今年もマルケスとの優勝争い、そして1-2フィニッシュが期待されます。

カル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)は、3戦を終えて総合4位。今年は開幕戦カタールGPで4位、第2戦アルゼンチンGPで今季初優勝と順調なシーズンスタートとなりました。しかし、第3戦アメリカズGPは転倒再スタートで19位と悔しいレースに終わりました。昨年のスペインGPも予選3番手とフロントローから決勝に挑むも転倒リタイア。今大会は、前戦アメリカズGPと昨年のスペインGPの雪辱に挑みます。

昨年のMoto2チャンピオンでルーキーのフランコ・モルビデリ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が、2戦ぶり3回目のポイント獲得に挑みます。前戦アメリカズGPではコンディションの悪い路面にセットアップを合わせられず苦戦しました。今大会は走りなれたサーキットだけに、開幕戦カタールGPの12位をしのぐベストリザルトに挑みます。

第2戦アルゼンチンGPで13位、前戦アメリカズGPで14位と2戦連続でポイントを獲得し総合18位の中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、3戦連続ポイント獲得とベストリザルトを目指します。

モルビデリ、中上と同じく今季MotoGPクラスにデビューのトーマス・ルティ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、3戦連続でポイント獲得にあと一歩に迫っています。今大会は初ポイント獲得に向けて全力を尽くします。

昨年の大会でHonda勢は、フロントローを独占、決勝では1-2フィニッシュしました。スペインGPは、メーンスポンサーのRepsol、そしてRepsol Honda Teamにとってホームグランプリとなります。地元スペインのファンの期待と声援の中で、2年連続フロントロー独占、そして今年は、表彰台独占にチャレンジします。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 総合2位)
「テキサスでのすばらしい週末とすばらしい結果に続いて、今週はスペインに向かいます。これからヨーロッパで新しい戦いが始まります。すべてのチーム、そしてライダーのレベルを見ることになります。ヨーロッパのサーキットは、それぞれ個性があり、序盤の3戦に比べて、より『伝統的』です。ヘレスはオースティンのようなサーキットと違い、タイトで低速で難しいサーキットです。オースティンではいいセットアップがありました。ヘレスのようなサーキットでもいいベースを見つけることが重要になっていきます。3月末にヘレスでテストを行っているのでポジティブなメンタルで向かうことができます。地元の観客と僕のファンクラブの前でレースをすることは、もちろん雰囲気はよくモチベーションも上がります。引き続き一生懸命取り組み、安定性を高めることに取り組みたいです。これがタイトル争いでは非常に重要になってきます。(アンドレア)ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は昨年同様、手強いライバルになると思います。とにかく、今年はマシンの感触はとてもいいです。カタールやアルゼンチン、そしてオースティンでも常に自信がありました。これは最も重要なことです。チャンピオンシップではわずか1ポイント差なので、この調子でがんばらなければなりません」

カル・クラッチロー(MotoGP 総合4位)
「オースティンではDNFとなりましたが、総合順位はまだ4位なので悪くはありません。昨年のヘレスでは予選3番手と好調だったのですが、レースは完走できませんでした。このサーキットではホンダに大きなポテンシャルがあるので、今週末も引き続き一生懸命チームと取り組みたいです。チャンピオンシップはとても長く、強いライダーがたくさんいるので、ポイント圏内でフィニッシュすることがとても大事になってきます」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 総合11位)
「ヘレスのレースが楽しみです。ようやくヨーロッパに戻ってきました。手首を治すのに1週間のインターバルがあったので、これが自分のライディングの助けになることを願っています。この前のレースでポイントを獲得できたことはとても重要なことでした。へレスでもまた、ベストを尽くします。金曜日には手の痛みが減少していることを期待しています。ファンに囲まれた大好きなサーキットで、十分な力が戻り、できる限りいい走りができることを願っています」

フランコ・モルビデリ(MotoGP 総合17位)
「ヨーロッパへ戻ります。そして、再びヘレスでレースをするのが楽しみです。このサーキットで行われた11月のテストに参加できなかったのは残念ですが、クルーがそこで仕事をしていたのはポジティブなことです。また、チーフクルーがヘレスでRC213Vに乗った経験があることもポジティブなことです。これで少し高いレベルから週末をスタートできることを願っています。オースティンでは土曜日も日曜日も前進できなかったので、ヘレスではそうならないようにしなければなりません。毎日一歩前進して、日曜日にポイントを獲得することを目標としたいです」

中上貴晶(MotoGP 総合18位)
「オースティンはポジティブな週末でした。総合順位でさらにポイントを獲得できたのは僕にとってもチームにとってもとてもいいことでした。しかし、14位以上を獲得できることを願っていたので、ちょっと残念でした。今回はトップ10を目指します。ここまで、僕の学習過程はかなりうまく進んでいます。常にチームとホンダのサポートを頼りにしています。でもMotoGPマシンではすべてのサーキットが初めてなので、毎周経験を積むために走っています。ヘレスでは、これまでいい結果も悪い結果もあるので、どうなるか自分でもわかりません。金曜日にどうなるか様子を見たいです」

トーマス・ルティ(MotoGP 総合22位)
「オースティンの難しいレースを終え、今週末のヘレスでは自信を取り戻すことが重要になってくると思います。このサーキットは以前テストを行ったところで、アルゼンチンやオースティンと比べるとデータも経験もあります。へレスはパワーをコントロールすること。そして、コーナーの出口でウィリーしないようにマシンをコントロールすることが重要になります。それに集中して取り組みたいです。今週末の一番の目標はマシンに関してまた一歩前進することです」

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2018 第4戦 スペインGP プレビュー(MotoGP)

ニュース