MENU

HONDA

検索

Round04スペインスペインGP

MotoGP 予選

2018年5月5日(土)
 会場:ヘレス・サーキット・アンヘル・ニエト
予選
天候:晴れ
気温:24℃
コースコンディション:ドライ

クラッチローが今季初PP獲得。ペドロサが2番手と好位置からレースに挑む

第4戦スペインGPの予選は、終日、青空が広がる絶好のコンディションの中で行われ、カル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)が、今季初のポールポジション(PP)を獲得しました。初日のフリー走行でトップタイムをマークしたクラッチローは、2日目3回目のフリー走行で総合2番手につけてQ2進出を決めると、上位12台で行われたQ2では、2回目のアタックでベストタイムをマークし、おととしのイギリスGP以来、2年28戦ぶりのPP獲得となりました。通算4回目のPPを獲得したクラッチローは、第2戦アルゼンチンGP以来となる今季2勝目にチャレンジします。

初日2番手のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、2日目の予選でもクラッチローに続き2番手タイムをマーク。2年連続のPP獲得は果たせませんでしたが、2年連続フロントローから2年連続大会制覇と表彰台獲得を目指します。ペドロサは第2戦アルゼンチンGPで後続車にぶつけられて転倒し、右手首を負傷。前戦アメリカズGPでは、完全にはほど遠い状態でありながらも予選9番手、決勝7位と熱走を見せました。今大会も右手の状態は完全ではありませんが、地元ファンの声援の中で、08年、13年、そして17年に続く4度目の大会制覇に挑みます。

初日5番手のマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、2日目のフリー走行で総合首位に浮上。トップタイムでQ2進出を果たしましたが、予選直前のFP4で今大会2度目の転倒を喫し、その影響もあり、予選では5番手に終わりました。決勝に向けて完ぺきな状態ではありませんが、アベレージではクラッチロー、ペドロサとともに優勝争いの筆頭。決勝では、Honda勢の優勝争いと今季初の表彰台独占も期待されます。

3戦連続ポイント獲得とトップ10フィニッシュを目指す中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、フリー走行で総合17番手。総合11番手以下で競うQ1では、4番手につけて14番グリッドを獲得しました。今大会、わずかの差でQ2進出を逃した中上ですが、Q2進出を逃した悔しさを本番にぶつける意気込みです。

フランコ・モルビデリ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、セッションをこなすたびに確実にタイムを上げ、フリー走行で総合21番手。Q1では5番手タイムをマークして15番グリッドを獲得しました。チームメートのトーマス・ルティも着実にセットアップを進め、フリー走行では総合23番手。Q1では8番手タイムをマークして18番グリッドを獲得しています。

決勝レースでは、中上、モルビデリ、ルティらMotoGPクラスのルーキー3選手の追い上げにも注目が集まります。

コメント

カル・クラッチロー(MotoGP ポールポジション)
カル・クラッチロー 「ポールポジションを獲得できてうれしいです。しかし、大事なのは明日の決勝なので、引き続き、気持ちを引き締めなくてはいけません。過去2戦の予選がひどかったので、今日のPP獲得は、チームとHondaのおかげです。今週のコンディションはマシンにとって厳しいものでした。特にフロントタイヤには神経を使わなくてはいけません。予選では3本のリアタイヤを使い、賭けをしました。1本目は必要以上にプッシュしませんでした。2本目は思っていたよりもグリップがあったので、こうしてポールポジションを獲得することができました。ウインターテストとシーズン序盤の努力が証明されたのでうれしいです。僕はもちろんのこと、みんなにとって楽しくていいレースになることを願っています。今大会は、いいペースで走っているライダーがたくさんいるので、きっとバトルが見られると思います」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 2番手)
ダニ・ペドロサ 「フロントローを獲得できて驚いています。そして、うれしいです。このサーキットでフロントローを獲得することはとても重要です。今週末のチームのすべての努力に感謝したいです。体調が100%ではないときは、マシンの完ぺきなフィーリングを見つけることも簡単ではありません。でもチームがよく助けてくれました。感謝しています。まだ、決勝に向けてタイヤを決めていないので、正しいタイヤの選択をしなければなりません。何人かのライダーはいいペースがあるので、自分の走りに集中して、いいスタートを切れるようにがんばらなければなりません。今年のレースは例年より2周短くなるので、それも重要です。コンディションがどうなるのか様子を見て、なにができるかを見極めなければなりません」

マルク・マルケス(MotoGP 5番手)
マルク・マルケス 「正直、予選の自分の走りには満足していません。今日はパーフェクトなラップを見つけられなかったので、自分自身、注意しながらの走行でした。最初のスティントでスムーズに落ち着いて走ったときが今日の自己ベストでした。そのあとは、たくさんミスをしてしまい、タイムを更新できませんでした。でも2列目なので、それほど悪くありません。いいペースもあります。しかし、チームメートだけではなく、ミディアムやハードリアタイヤでいいペースをキープできるライダーがほかにもいるので、楽なレースにはならないし、長く厳しい戦いになると思います。今日はかなり暑い一日でしたが、明日はさらに気温が上がりそうです。路面がかなり滑りやすくなり、どのクラスも転倒がたくさんあったので、セットアップが重要になります。コンディションに合わせて調整し、正しいリアタイヤを選び、ベストを尽くさなければなりません」

中上貴晶(MotoGP 14番手)
中上貴晶 「昨日課題だったソフトタイヤのパフォーマンスをうまく引き出すことができました。昨日はリアにソフトの新品を入れると、グリップがよすぎてフロントをプッシュしてしまい、タイムにつなげることができませんでした。ヘレスはそのバランスがすごく難しく、今日は前後新品のタイヤでアタックすることにしました。その結果、バランスがよくなり、いい走りができました。しかし、あとコンマ1秒ちょっとでQ2にいけたと思うと、フィーリングがよくなってうれしい反面、すごく悔しいです。今日は、全体的にペースは上がったのですが、セクター3が遅く、その区間だけでかなりロスしているので、その部分を明日は攻略したいです。今日は電子制御のセッティングをカルやダニ、マルクと同じにしてすごく乗りやすくなり、タイムも安定しました。明日は前戦アメリカズGPで課題になった1周目の走りをしっかり克服して、いいレースにしたいです」

フランコ・モルビデリ(MotoGP 15番手)
フランコ・モルビデリ 「残念ながら予選では8コーナーでミスをしてしまい、マシンのポテンシャルを完全に引き出すことができませんでした。今大会は、コーナー出口の安定性を上げようとがんばりました。その結果、速さはあるし、レースでポイント争いができるような気がします。フリーの最後の走行では、中古タイヤでいいバランスを見つけることができました。レースに向けてはポジティブです」

トーマス・ルティ(MotoGP 18番手)
トーマス・ルティ 「ようやくいい予選セッションになりました。マシンのフィーリングがぴったり合い、タイムも上がりましたが、引き続き、レースのリズムを改善する必要があります。新品の状態ではいいのですが、数周してタイヤが消耗していくと、タイムが落ちます。明日の午前中のウォームアップで解決策を見つけられることを願っています。力強いレースにしたいです」

MotoGP リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム
135カル・クラッチローHonda1'37.653
226ダニ・ペドロサHonda1'37.912
35J.ザルコヤマハ1'37.956
499J.ロレンソドゥカティ1'37.969
593マルク・マルケスHonda1'37.977
642A.リンススズキ1'37.984
729A.イアンノーネスズキ1'37.987
84A.ドヴィツィオーゾドゥカティ1'38.029
99D.ペトルッチドゥカティ1'38.086
1046V.ロッシヤマハ1'38.267
1125M.ビニャーレスヤマハ1'38.281
1243J.ミラードゥカティ1'38.522
1341A.エスパルガロアプリリア1'38.389
1430中上貴晶Honda1'38.481
1521フランコ・モルビデリHonda1'38.544
1644P.エスパルガロKTM1'38.598
1753T.ラバトドゥカティ1'38.610
1812トーマス・ルティHonda1'38.752
1936M.カリオKTM1'38.759
2019A.バウティスタドゥカティ1'38.838
2138B.スミスKTM1'38.961
2255H.シャーリン ヤマハ1'39.135
2317K.アブラハムドゥカティ1'39.146
2410X.シメオンドゥカティ1'39.708
2545S.レディングアプリリア1'39.918

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2018 第4戦 スペインGP 予選(MotoGP)

ニュース