MENU

HONDA

検索

Round01カタールカタールGP

MotoGP プレビュー

2018年3月16日(金)

会場:ロサイル・インターナショナル・サーキット

開催70年目の節目となる新シーズンが開幕

2018年シーズンの開幕戦となるカタールGPが、3月16日(金)から18日(日)までの3日間、ドーハ郊外にあるロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されます。

カタールGPは、今年で15回目を迎えます。2004年に第1回大会が行われ、08年にはグランプリ史上初のナイトレースとして開催し、大きな話題となりました。11年からは、夜間の作業を軽減するため、通常3日間の開催を4日間に分散する変則スケジュールで行われてきましが、今年はナイトセッションの走行時間を減らし、再び、3日間開催となりました。スケジュールの変更で、Moto3クラスはデイタイム、Moto2クラスは日没前後にかけて、MotoGPクラスは金曜日のFP1、土曜日のFP3がデイタイムに行われますが、そのほかはナイトセッションで行われます。

新しいスケジュールに合わせ、3月1日(木)から3日(土)までの3日間、ロサイル・インターナショナル・サーキットで毎日、午後1時から午後9時までの8時間で公式テストが行われ、Honda勢は本番に向けて準備を整えてきました。

1949年にシーズン6戦でスタートしたロードレース世界選手権(WGP)は、今年で70周年を迎えます。今年は15カ国で19戦という史上最多レースのシーズンとなりますが、Hondaは3年連続ライダーズタイトル、3年連続コンストラクターズタイトル獲得を目標に戦います。

3年連続通算5回目のタイトルを狙うマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、マレーシア、タイ、そしてカタールで行われたテストで順調にマシンを仕上げました。史上最多の19戦という長いシーズンに向けて、多くのデータを収集し、どんな状況にも対処しようと多くの周回数をこなしました。その結果、合計3サーキットで行ったロングランでは、ライバルを一歩リードするハイペースで最終確認を終えました。

マルケスは、125ccとMoto2クラスで26勝、MotoGPクラスでは5シーズンを戦い4回のタイトル獲得で35勝を上げ、3クラス通算で61勝(歴代6位)を挙げています。今年の2月に25歳になったマルケスは、これまで数々の史上最年少記録をブレイクしてきましたが、今年も記録を更新することはまちがいありません。

過去、カタールGPでは、12年にMoto2クラス、MotoGPでは14年に優勝経験はありますが、シーズンを通して苦戦するサーキットの一つ。今年は、よりコントロールしやすいエンジンとなり、その結果、タイムのアベレージが上がりました。パフォーマンスを向上させた2018年型RC213Vで、4年ぶりの開幕Vと2年ぶりの表彰台獲得が期待されます。

チームメートのダニ・ペドロサも、マレーシア、タイと順調にウインターテストを終えました。最後の調整の場となったカタールテストでは、2日目の転倒の影響でトップグループに加わることができませんでしたが、マシンの仕上がりはよく、開幕ダッシュが期待されます。

マルケスと同じく、これまでロサイル・インターナショナル・サーキットは、ペドロサにとり、シーズンを通して苦手とするサーキットの一つでした。2012年の2位を最高位に、これまで優勝はありません。今年は、14年の3位以来となる開幕戦表彰台と、ロサイル・インターナショナル・サーキットの初制覇に挑みます。

ペドロサは、125ccと250ccでタイトルを獲得して、2006年にRepsol Honda TeamからMotoGPクラスにデビュー、今年で13年目のシーズンを迎えます。2018年は、悲願であるタイトル獲りに挑みます。

ウインターテストで好調だったカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)も、マルケス、ペドロサ同様、開幕戦Vと表彰台が期待されます。15年シーズンにCWM LCR Honda(当時のLCR Honda)に移籍して今年で4年目のシーズン。過去最高の内容でウインターテストを終了しているだけに、今季の活躍に期待が集まっています。

クラッチローは、昨年、Hondaのワークスライダーの仲間入りを果たし、Repsol Honda Teamの2人とニューマシンの開発に携わってきました。高いモチベーションで挑む18年シーズン。16年のシーズン2勝を超える活躍に、期待がかかります。

マレーシア、タイでのテストでルーキー勢トップの走りを見せた中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、カタールテストでは転倒の影響でテストメニューを完全に消化できませんでしたが、仕上がりはよく、今年の活躍が期待されます。日本人ライダーとしては4年ぶりのMotoGPクラスへのフル参戦。大きな注目が集まる中、シーズンのスタートを切ります。

昨年、シーズン8勝を挙げてMoto2チャンピオンに輝いたフランコ・モルビデリ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)も、最高峰クラスのデビューシーズンに向け、順調にテストメニューを消化しました。最後のテストとなったカタールでは13番手でテストを終え、大きな自信を持って開幕戦に挑みます。

チームメートで昨年、Moto2クラス総合2位のトーマス・ルティは、昨シーズン後半のケガの影響でテスト開始が遅れ、今年1月のマレーシアからテストをスタートさせましたが、確実にマシン攻略を進め、これからの成長に注目されます。ルティは05年の125ccチャンピオンで、07年から250cc、10年からはMoto2クラスに参戦、11年で11勝を挙げています。今年は、念願のMotoGPクラス参戦となりました。

コメント

マルク・マルケス(Repsol Honda Team)
「ようやく最初のレースが始まります。とても楽しみです。今年は開幕戦のカタールから競争の激しいシーズンになりそうです。最近ここでテストを行いましたが、とても速いライダーが0.2~0.3秒以内に何人かいることが分かっています。おもしろいレースになると思います。日曜日はなにが起きてもおかしくありません。冬のテストでは、いい仕事ができました。シーズン開幕がとても楽しみです。カタールは、ほかの大会と比べてユニークです。そして、簡単なレースではありません。テストではユーズドタイヤでライバルたちのペースになるべく近づけるように集中しました。今のところ、それほど離れていません。長いシーズンになると思います。マシンのセットアップに引き続き取り組み、決勝では、どのような状況でもベストを尽くしたいです」

ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)
「多くの仕事をしなければならなかったハードなプレシーズンを終えて、いよいよ最初のカタールのレースを迎えます。今年は表彰台の有力候補者がたくさんいて、とても競争の激しいシーズンになりそうです。ライダーもマニュファクチャラーもとても戦闘的です。そのため、開幕戦からベストなパフォーマンスを見せるためにも、これまで以上に自分たちの仕事に集中しなければなりません。今年のチャレンジへ向けて、僕もチームも準備は整っています。金曜日にマシンに乗るのが楽しみです」

カル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)
「ほかのみんなと同じように、テストでは一生懸命、取り組みました。レースがとても楽しみです。そのために僕たちはここに来ました。カタールはこれまで、僕たちにはあまり優しくないサーキットでしたが、今年はとても楽しみです。すばらしいサポートをしてくれるHRCのエンジニアたちのおかげで、とてもいい仕事ができました。力強いプレシーズンだったので、今年はこれまでよりうまくいくことを願っています。今月はじめに行ったテストから引き続き、取り組まなければならないのはフロントのフィーリングです。改善するためにどうすればいいのか、金曜日から考えたいです。そうすればリスクを減らせるし、速さと安定性が上がると思います。レースが19戦行われる今年は、接戦でタフなシーズンになると思います。ベストを尽くす準備はできています」

中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)
「今シーズンは僕にとって初めてのMotoGPクラスなので、タフなシーズンになると思います。どのライダーもポテンシャルが高いので、楽ではないでしょう。でもHonda RC213Vはすばらしいパッケージで、出光というすばらしいスポンサーがついています。プレシーズンのテストでは、レースペースは力強かったです。ただ、集中して取り組まなければならないライディングテクニックが一つあり、コーナー出口でマシンを素早く起こす必要があります。その部分でタイムを落としているので、ここを改善しなければなりません。日本人のMotoGPライダーを長い間待っていた日本のファンは、新しいシーズンを楽しみにしています。Hondaで走ることができて誇りに思います。ベストを尽くします」

フランコ・モルビデリ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)
「いいフィーリングがあります。MotoGPクラスで初めてのレースが楽しみです。本当に楽しみたいと思います。チームと正確に、いい仕事をしたいです。特にこれといった期待はありませんが、テストで終えたところから、レースウイークをスタートさせることが重要だと思います。上位のライダーたち、そしてHondaの上位のライダーたちとのギャップが同じところからスタートしたいです。そのあと、ペースとセットアップを改善していきたいです。今年の目標は、もちろんルーキーのトップになることです。それを達成させるために全力を尽くしたいです。すばらしいパッケージがあるので、戦う準備はできています」

トーマス・ルティ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)
「もちろん、開幕戦をとても楽しみにしています。1月に初めてセパンでHondaの2018年型RC213Vにまたがってから、飛ぶように時間が過ぎました。セパンで少し、タイとロサイルのテストでも経験を積みました。でも、MotoGPのマシンで100%の状態になるまでには、もっと経験が必要です。金曜日にシーズンは始まりますが、序盤は経験を積み、マシンに関しての知識を増やしていく必要があります。そして、常に上昇していかなければなりません」

ニュース

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2018 開幕戦 カタールGP プレビュー(MotoGP)