MENU

HONDA

検索

ROUND 12

イギリスイギリスGP シルバーストーン・サーキット 2017.08.25(金)-27(日)

第12戦 イギリスGP

Repsol Honda Teamが6戦連続の表彰台を目指す

第12戦イギリスGPが、8月25日(金)~27日(日)の3日間、ノーザンプトン郊外のシルバーストーン・サーキットで開催されます。後半戦のスタートとなった第10戦チェコGP、そして第11戦オーストリアGPと続いた2連戦のあとに開催されるのは、これで2年連続。シルバーストーンでイギリスGPが開催されるのは、これで8年連続となります。

イギリスGPは、1949年から1976年までは「Tourist Trophy」として、マン島の公道コースで開催されていました。マン島は、Hondaが世界に初挑戦した舞台で、最高峰クラスでは、1966年と67年にマイク・ヘイルウッドが優勝しています。その後、77年~1986年の10年間はシルバーストーンへと舞台を移し、84年にはランディ・マモラ、85年にはフレディ・スペンサー、そして86年にワイン・ガードナーと、グランプリの歴史に名を刻む名選手たちが、Hondaのマシンを駆って優勝しました。

87年~2009年の23年間は、ドニントンパークで開催されました。そして、2010年には再び、コースの全面改修を終えたシルバーストーンで、グランプリが開催されるようになりました。

シルバーストーンは、一周5.9km。現在、グランプリが開催されているサーキットでは、最も長いコースです。アベレージスピードは時速175km前後。昨年、19年ぶりにグランプリの舞台として復活したオーストリアGPのレッドブル・リンク、イタリアGPの開催地であるムジェロ、オーストラリアGPが行われるフィリップアイランドと並び、カレンダー屈指の高速サーキットです。

Hondaは過去7度の大会では、11年にケーシー・ストーナーが、14年にマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が優勝しています。今年はマルケスが3年ぶり2回目の大会制覇と今季4勝目、チームメートのダニ・ペドロサはシルバーストーン初制覇と今季2勝目を目指します。

過去、シルバーストーンでマルケスは、10年に125ccクラスで優勝、12年にはMoto2クラスで3位になりました。MotoGPクラスにステップアップした13年は2位になり、14年の大会では優勝。ウエットレースとなった15年は優勝争いに加わるも、痛恨の転倒を喫してリタイア。昨年はし列な表彰台争いの中でコースアウトを喫し、4位。MotoGPクラスでは、ほかのサーキットに比べて思うような結果を残せていないサーキットですが、今年は、チェコGPの優勝、オーストリアGPの2位に続き、後半戦のスタートから3戦連続の表彰台と優勝を目指します。

シルバーストーンは不安定な天候になることが多く、選手たちを悩ませます。マルケスは過去7年の大会において5回のポールポジション(PP)を獲得しています。12年はフリー走行で転倒を喫した影響でPPを逃し、雨の予選となった昨年は転倒を喫し5番手。今季、すでに5回のPPを獲得しているマルケスは、シルバーストーンで6回目、MotoGPクラスで5回目のPPを目指します。現在、11戦を終えて総合首位に立つマルケス。シルバーストーンでは、予選の速さがなかなか結果につながらないレースになっていますが、2年連続4回目のタイトル獲得に向けて、どんな走りをするのか、注目と期待が集まります。

11戦を終えて総合5位のペドロサは、チェコGPで2位、オーストリアGPで3位と後半戦も好調なスタートを切りました。今年はここまで1勝を含む7回の表彰台に立っています。総合4位のバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、総合3位のマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)を射程圏内に入れており、今大会の結果次第では、総合3位に浮上するのも不可能ではありません。

これまでシルバーストーンでは、12年と13年に3位表彰台に立っています。14年は4位、雨のレースになった15年と昨年は2年連続で5位と表彰台を逃しています。今年はシルバーストーンでの3度目の表彰台と、同サーキットの初制覇に挑みます。

ホームグランプリを迎えるカル・クラッチロー(LCR Honda)は、2年連続PP獲得と2年連続表彰台、そして今季初優勝に気合十分です。昨年は、マルケスとのし烈な2位争いで地元ファンを喜ばせました。

今年は11戦を終えて表彰台を獲得しているのは、第2戦アルゼンチンGPでの3位だけ。総合9位と苦戦が続いています。それだけに今大会は、地元ファンの期待に応えて、これまでの悪い流れを払拭し、大きなターニングポイントにする意気込みです。

11戦を終えて総合13位のジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、後半戦のチェコGP、第11戦オーストリアGPは、鈴鹿8時間耐久ロードレースのスーパーバイクからの乗り換えに時間がかかり、100%のパフォーマンスを発揮できませんでした。しかし、ウエットレース、ハイスピードコースを得意とするだけに、今季ベストリザルトを狙います。

チームメートで総合18位のティト・ラバトは、ドイツGP、チェコGP、そしてオーストリアGPと3戦連続でノーポイントとなっています。シルバーストーンはMoto2クラスで優勝を経験しているサーキット。今大会は4戦ぶりのポイント獲得を目指します。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 総合1位) 「一歩一歩、マシンのベースがよくなっています。これはとてもいいことです。というのも、すべてのサーキット、そしていかなるコンディションでも、常にフロントにいられるよう安定することが目標の一つだからです。もちろん、シルバーストーンは好きなサーキットであり、これまでと同じようにがんばります。ライバルたちはこのサーキットでとても強いので、難しいラウンドになることは分かっています。昨年はレースウイーク中にいい仕事ができましたが、決勝ではフロントタイヤの選択が完ぺきにできませんでした。今年は、再び表彰台争いができるように全力を尽くしたいです」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 総合5位) 「チームはいい仕事をしています。オーストリアは難しいレースウイークでしたが、決勝ではポジティブな結果で巻き返しました。次のサーキットはバンピーで天候が不安定な難しいところです。昨年は難しく感じたレースでした。今年は前進するために集中することが目標です。今年はコースに出て周回を重ねて、タイヤについて学び、日曜日のレースに備えてセットアップを準備しなければなりません」

カル・クラッチロー(MotoGP 総合9位) 「ホームグランプリとなるシルバーストーンが楽しみです。オーストリアで悪い結果だったので、その分も取り戻すためには、さらに一生懸命戦わなければなりません。オーストリアでは15位でした。イギリスで再び表彰台争いができたらうれしいです。表彰台に立つことは不可能ではありませんが、優勝は少し難しいです。マルクは信じられないような走りをしています。そのため、彼のペースにマッチするためにも、できるだけのことをしたいと思います。前回のレースでは最後にいいペースがありました。問題だったのは序盤の数周だけでした」

ジャック・ミラー(MotoGP 総合13位) 「昨年は、オーストリアGPのケガの影響で、シルバーストーンで苦戦しました。理想の週末にはなりませんでしたが、今年は万全の体調でイギリスへ向かいます。アンドラでトレーニングをしたので気分もいいです。アンドラへ戻ったのは6月のオランダGP前以来です。自転車に乗ってきちんとしたトレーニングができてよかったです。チェコとオーストリアのレースは難しかったので、イギリスGPから調子を取り戻さなければなりません。今シーズンは、トップ10フィニッシュでシーズンのスタートを切りました。今週末もトップ10に入らなければなりません」

ティト・ラバト(MotoGP 総合18位) 「ここ3レースは難しく、少し苦戦しました。ザクセンリンク、ブルノ、そしてレッドブル・リンクではポイントを獲得できなかったので、シルバーストーンでは日曜日にポイント圏内でフィニッシュすることが目標です。この目標を達成するために一生懸命がんばっています。また、この目標は現実的だと思っています。シルバーストーンは大好きなサーキットの一つです。Moto2時代にはいい結果を残したことがあります。このサーキットは高速コーナー、ロングストレート、低速コーナー、テクニカルセクションなどさまざまな要素が含まれています。本当にライダー向きのサーキットで、レースを楽しむことができます。シーズンの流れを好転させるためにも、日曜日はポイントを獲得したいです」

ニュース