MENU

HONDA

検索

ROUND 07

カタルニアカタルニアGP カタルニア・サーキット 2017.06.11(日)・決勝

第7戦 カタルニアGP

マルケスが2位、ペドロサが3位。Repsol Honda Teamが今季3度目のダブル表彰台を獲得

2017年6月11日(日)・決勝  天候:晴れ  気温:33℃
コースコンディション:ドライ  観客:9万9873人(3日間:17万6391人)

第7戦カタルニアGPは、最高気温が33℃まで上昇。レースウイークで最も暑く、ライダーにもタイヤにも厳しい一日となりました。その中で、4番グリッドから決勝に挑んだマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、3戦ぶりの表彰台となる2位でチェッカーを受けました。

マルケスは、2列目から好スタートを切ると、オープニングラップで2番手に浮上しました。そして6周目には、ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)をかわしてトップに浮上。しかし、8周目にチームメートでポールポジション(PP)スタートのダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)とアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)に抜かれて3番手へとポジションを落とし、しばらくはこの3台がトップグループを形成しました。

18周目、マルケスは2番手に浮上し、そこから前を走るドヴィツィオーゾを追いかけます。地元ファンの大声援を受けて最後までプッシュしましたが、ドヴィツィオーゾを捕らえることはできず、2番手をキープ。25周のレースを走りきって、今季3回目の表彰台を獲得しました。

今年は第3戦アメリカズGPでシーズン初優勝を達成。第4戦スペインGPで2位になりました。しかし、第5戦フランスGPで転倒リタイア、第6戦イタリアGPでも、タイヤとマシンのマッチングが完ぺきではなく我慢のレースを強いられ6位に。2戦連続で表彰台から遠ざかっていただけに、今大会の2位はうれしいものとなりました。

これで総合4位から3位に浮上。今大会を制した総合2位のドヴィツィオーゾに16点差。今大会を10位で終えた総合首位のマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)との差を23点へと縮めることに成功しました。

今大会は、土曜日のフリー走行と予選で4度の転倒。決勝日朝のウォームアップでも転倒と、苦しい状況が続きました。決勝に向けて不安を抱える状態でしたが、いつも通りの100%の走りで表彰台を獲得しました。

今季2度目のPPを獲得したペドロサは、レース中盤にトップを快走しましたが、終盤はペースをキープできず、3位でフィニッシュしました。「今日はスタートから攻める走りができませんでした。タフなレースでしたが、地元ファンの前で表彰台に立ててうれしい」と、今季4度目の表彰台に笑み。苦しいレースをしっかり走りきったことで、総合5位から4位へとランキングを上げることに成功しました。これでRepsol Honda Teamは、今季3度目のダブル表彰台となりました。

予選17番手から決勝に挑んだカル・クラッチロー(LCR Honda)は、後方グリッドから追い上げて11位でフィニッシュ。予選19番手からスタートしたティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は15位で、今季6度目のポイント獲得を果たしました。予選15番手のジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は10番手を走行していた13周目に転倒し、リタイアとなりました。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 2位)
マルク・マルケス 「週末をこういう結果で終われてとてもうれしいです。なぜなら、昨日4回、そして今日の朝に1回転んで、精神的にかなり厳しい状況に追い込まれていたからです。自分自身の走りとマシンへの自信を取り戻すために、チームが全力でヘルプしてくれました。そしてレースの前には“自分は昨年のマルクと同じだ”と言い聞かせました。自分のスタイルは常にプッシュし、決してあきらめないことです。だから今日も、優勝を目標にレースに臨みました。スタートしてすぐに(ダニロ)ペトルッチ(ドゥカティ)が真横に当たってきました。バランスを取り戻したので本当に幸運でした。それからはレースに集中しました。(アンドレア)ドヴィツィオーゾがプッシュして前に出たときは、自分もプッシュしましたが、今日の彼は速くて、2位になることを目標にしました。チャンピオンシップはまるでジェットコースターのようです。とにかく、一戦一戦レースに集中し、100%のトライをしなくてはいけません」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 3位)
ダニ・ペドロサ 「今日の結果にはとても満足しています。チェッカーを受けて表彰台に立てたときは、いつもすばらしい気持ちになります。先週のイタリアでは、ひどいレースをしましたが、今週はポールポジションを獲得して、地元ファンの前で表彰台に立てました。正直、もう少しいいレースができると思っていましたが、今日はタイヤにとても厳しいコンディションで、グリップがあまりよくありませんでした。トップに立ったときにレースをリードしようとしました。しかし、ドヴィツィオーゾに抜かれてからは、タイヤをセーブする走りをする必要がありました。今日のタイヤは、フロントもリアもミディアムをチョイスしましたが、最後は限界に達していました。でも、両方ハードよりもいい選択だったと思います。パフォーマンスや耐久性も大事ですが、フィーリングがとても重要になります。厳しいレースでしたが、最終的に表彰台に立てたのですばらしいレースでした。明日のテストではフロントのフィーリングを改善し、いくつかのステップを刻みたいです」

カル・クラッチロー(MotoGP 11位)
「今日は完走できました。これが今大会の一番大事なことだったと思います。今日はそれほどすばらしい日ではありませんでしたが、17番手からスタートしたことを考えれば、11位になれて十分満足しています。愚かなことだと言われるかもしれませんが、今日は表彰台に上がる自信がありました。みんなのペースが落ちてくることを想定してハードタイヤを選びましたが、思ったほどうまくはいきませんでした。今週は予選で17番手。ミスもしてしまい、不利な状況になりました。でもHondaはすばらしい仕事をして、マルクとダニを表彰台に上げました。でもドゥカティのマシンはストレートで速かったです。これからも引き続き、一生懸命に取り組まなければなりません。ドヴィはすばらしい仕事をしました。とてもうれしく思います」

ティト・ラバト(MotoGP 15位)
ティト・ラバト 「ホームレースだったので、もっといい結果を出したかったです。100%で走り、これ以上は無理でした。レース終盤に向けて快適に走ることができました。今日はトップと40秒差。昨年は1分差だったので、20秒短縮できました。今シーズンはすべてのレースで完走していますし、ポイント圏内にいます。問題はレース序盤に、ほかのライダーをオーバーテイクするペースがないことです」

ジャック・ミラー(MotoGP リタイア)
「セットアップに改善点を見つけ、ウォームアップではいいペースがありました。そのペースを決勝でもキープして、1分47秒台後半のリズムを刻んでいました。(バレンティーノ)ロッシ(ヤマハ)や(ホルヘ)ロレンソ、そして(ヨハン)ザルコ(ヤマハ)がいる集団を追いかけていました。とても快適に走っていましたが、ダウンヒルのコーナーで縁石に当たって転倒してしまいました。いいポジションを得られるよう一生懸命取り組んできました。残り11周だったし、快適に走っていたときの転倒なのでとても残念です。ポジティブなのは、フロントの感触が戻ってきたことです。次のアッセンが楽しみです」

MotoGP リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
14A.ドヴィツィオーゾドゥカティ44'41.518
293マルク・マルケスHonda+3.544
326ダニ・ペドロサHonda+6.774
499J.ロレンソドゥカティ+9.608
55J.ザルコヤマハ+13.838
694J.フォルガーヤマハ+13.921
719A.バウティスタドゥカティ+16.763
846V.ロッシヤマハ+20.821
98H.バルベラドゥカティ+23.952
1025M.ビニャーレスヤマハ+24.189
1135カル・クラッチローHonda+28.329
1276L.バズドゥカティ+33.281
1345S.レディングドゥカティ+35.200
1417K.アブラハムドゥカティ+39.436
1553ティト・ラバトHonda+40.872
1629A.イアンノーネスズキ+43.221
1750S.ギュントーリスズキ+44.655
1844P.エスパルガロKTM+48.993
1922S.ロースアプリリア+55.492
RT9D.ペトルッチドゥカティ+2Laps
RT43ジャック・ミラーHonda+12Laps
RT41A.エスパルガロアプリリア+18Laps

MotoGP ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
125M.ビニャーレスヤマハ111
24A.ドヴィツィオーゾドゥカティ104
393マルク・マルケスHonda88
426ダニ・ペドロサHonda84
546V.ロッシヤマハ83
65J.ザルコヤマハ75
799J.ロレンソドゥカティ59
894J.フォルガーヤマハ51
935カル・クラッチローHonda45
109D.ペトルッチドゥカティ42
1119A.バウティスタドゥカティ34
1245S.レディングドゥカティ33
1343ジャック・ミラーHonda30
1476L.バズドゥカティ23
1529A.イアンノーネスズキ21
168H.バルベラドゥカティ21
1753ティト・ラバトHonda19
1841A.エスパルガロアプリリア17
1917K.アブラハムドゥカティ11
2051M.ピロドゥカティ7
2142A.リンススズキ7
2244P.エスパルガロKTM6
2338B.スミスKTM6
2422S.ロースアプリリア2
2550S.ギュントーリスズキ1
2612津田拓也スズキ0

ランキング詳細


コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1ヤマハ139
2Honda125
3ドゥカティ122
4スズキ28
5アプリリア19
6KTM8

ランキング詳細


チーム

順位 チーム 総合ポイント
1Movistar Yamaha MotoGP194
2Repsol Honda Team172
3Ducati Team163
4Monster Yamaha Tech 3126
5OCTO Pramac Racing75
6Estrella Galicia 0,0 Marc VDS49
7LCR Honda45
8Pull&Bear Aspar Team45
9Reale Avintia Racing44
10Team SUZUKI ECSTAR29
11Aprilia Racing Team Gresini19
12Red Bull KTM Factory Racing12

ランキング詳細

フォトギャラリー

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

RC213V

表彰台

ティト・ラバト

ニュース