MENU
HONDA
検索

Round01日本富士スピードウェイ

2020年7月19日(日)

静岡県 駿東郡

富士スピードウェイ 1

RAYBRIG NSX-GTが6位でレースを終える

7月18日(土)~19日(日)に静岡県の富士スピードウェイで2020年度SUPER GTシリーズ第1戦が開催され、GT500クラスに5台の2020年型NSX-GT、GT300クラスに3台のNSX GT3が出走しました。当初シリーズ開幕戦は4月第2週に岡山国際サーキットで開催される予定でしたが、新型コロナウイルス蔓延にともなう緊急事態宣言発令を受けて年間スケジュールが見直され、無観客レースながらようやく開幕を迎えることになりました。
今シーズンのSUPER GTではGT500クラスにクラス1規定が導入され、NSX-GTはモノコックやサスペンションなど共通コンポーネントを使った上、エンジンをフロントに置く大改良を加えて2020年型に生まれ変わりました。HONDAがFR形式のGT500車両を走らせるのは2013年まで走ったHSV-010GT以来7年ぶりのことです。

今回は、土曜日夕方に練習走行、日曜午前中に公式予選、午後に66周の決勝レースという変則タイムスケジュールでイベントが進行しました。日曜日は悪天候も予報されていましたが幸いにも天候は回復し、ほぼドライコンディションで公式予選が行われました。
GT500のQ1セッションでは、#8 ARTA NSX-GT(福住仁嶺)がベストタイムを記録、2番手に#100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴)、5番手に#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原右京)が続き、8台で争われるQ2セッションへ進出しました。
GT300クラスの予選を挟み、10分間で行なわれるQ2セッションではARTA NSX-GT(野尻智紀)が2番手、RAYBRIG NSX-GT(牧野任祐)が4番手、Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀)が8番手となりました。#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)は9番手、#64 Modulo NSX-GT(伊沢拓也/大津弘樹)は13番手で予選を終えました。

心配された天候は回復し、薄日がもれる下、午後3時に決勝レースが始まりました。スタートダッシュでARTA NSX-GT(福住)は先頭の#37 KeePer TOM'S GR Supraに攻め寄りますが惜しくも押さえ込まれました。しかし、4番手スタートのRAYBRIG NSX-GT(山本)はTGRコーナーでインへ飛び込み、一つ順位を上げて3番手へ上がって福住に続きました。
序盤、福住は前を行く37号車を攻めましたが徐々にペースが上がらなくなって間隔を広げられ、12周目には山本とその後ろにいた#36 au TOM'S GR Supraの先行を許しました。その後も福住のペースは上がらず、その後さらに順位を落としました。一方、2番手に上がったNo.100山本は後方の36号車とデッドヒートを繰り広げましたが、23周目のAコーナーでインをとられ3番手に後退しました。

山本は30周を走ってピットイン、交代した牧野は3番手を守ってコースに復帰、追い上げてくる#38 ZENT GR Supra、#14 WAKO'S 4CR GR Supraと戦う展開となりました。福住からマシンを引き継いだ野尻はその後ろに続きました。
全車ドライバー交代のピットインを終えた37周目、13コーナーのコース上に停止した車両を回収するためセーフティカーがコースインし、レースは振り出しに戻りました。43周目から再スタートが行なわれると、ペースが上がらなくなった野尻が順位を落とし、51周目にはそれまで3番手を守ってきた牧野がTGRコーナーで14号車、コカコーラコーナーで38号車に先行を許し5番手へ交代しました。さらに牧野は63周目のTGRコーナーで順位を落としましたが、NSX-GT勢最上位の 6位でレースを終えました。野尻は8位でレースを終えました。

 

コメント

佐伯昌浩 | 株式会社本田技術研究所 Honda GT プロジェクトリーダー
「テストの機会が十分にはなかったので、ロングランで苦しくなるのではないかとは予想していましたが、予想以上に苦しい結果になってしまいました。タイヤの選び方も含め、今回はライバルのコンビネーションが合っていたということだと思います。短い時間で仕上げたクルマとしては公式予選のように一発の速さは見えたので、次回のレースに向けてロングランでの安定性を車体とエンジンの両方で対応し、今回出し切れなかったパフォーマンスを出し切れるように備えます」

山本尚貴(6位)
「レース序盤はペースがよくてこのままいけるかなと思っていました。しかしこれだけ安定したコンディションでレースの距離をしっかりと走ってテストすることができなかったので、今回実戦で初めて走り、今まで感じたことのない症状なども出てペースが上がらなくなりました。第2戦まであまり時間はありませんが、同じ富士でのレースなので今回起きたことをしっかりチームと解析し、今回のような結果にならないよう表彰台を目指してがんばります。引き続き応援をよろしくお願いします」

牧野任祐(6位)
「待ちに待った開幕戦だったので、レースできる喜びを噛み締めながら走りました。土曜日から調子がよかったのでポールを狙って予選に臨みました。4番手、2列目の結果はまずまずだと思います。クルマを山本選手から引き継いだとき、後ろから38号車が来ているのは分かっていたので抜かれないようにがんばりました。当初は押さえることもでき、前に36号車が見えたりもしたのですが、セーフティカー明けからペースが上がらなくなりました。特別になにか問題があったわけではないのですが、周囲のペースについていけないという感じでした。残念な結果ですが、一発の速さは確認したので次は勝てるようにがんばります。応援をお願いします」

リザルト

GT500決勝

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
1 37 KeePer TOM'S GR Supra 平川亮/N.キャシディ 66 1:53'16.252
2 36 au TOM'S GR Supra 関口雄飛/S.フェネストラズ 66 +5.117
3 14 WAKO'S 4CR GR Supra 大嶋和也/坪井翔 66 +7.345
4 38 ZENT GR Supra 立川祐路/石浦宏明 66 +10.278
5 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 中山雄一/山下健太 66 +21.534
6 100 RAYBRIG NSX-GT 山本尚貴/牧野任祐 66 +24.700
 
8 8 ARTA NSX-GT 野尻智紀/福住仁嶺 66 +33.634
12 16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 武藤英紀/笹原右京 63 +3Laps
13 64 Modulo NSX-GT 伊沢拓也/大津弘樹 62 +4Laps
RT 17 KEIHIN NSX-GT 塚越広大/ベルトラン・バゲット 28 +38Laps

GT300決勝

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
1 52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 吉田広樹/川合孝汰 62 1:53'57.330
2 11 GAINER TANAX GT-R 平中克幸/安田裕信 62 +3.268
3 5 マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号 坂口夏月/平木湧也 62 +4.596
4 56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R 藤波清斗/J.P.デ・オリベイラ 62 +5.097
5 10 TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R 星野一樹/石川京侍 62 +5.370
6 65 LEON PYRAMID AMG 蒲生尚弥/菅波冬悟 62 +6.152
7 55 ARTA NSX GT3 高木真一/大湯都史樹 62 +6.489
8 34 Modulo KENWOOD NSX GT3 道上龍/ジェイク・パーソンズ 62 +12.800
 
22 18 UPGARAGE NSX GT3 小林崇志/松浦孝亮 60 +2Laps

GT500予選

順位 No. マシン ドライバー Q1 Q2
1 37 KeePer TOM'S GR Suprabr 平川亮/N.キャシディ 1'27.052 1'26.550
2 8 ARTA NSX-GT 野尻智紀/福住仁嶺 1'26.433 1'26.665
3 36 au TOM'S GR Supra 関口雄飛/S.フェネストラズ 1'27.409 1'26.794
4 100 RAYBRIG NSX-GT 山本尚貴/牧野任祐 1'26.937 1'26.905
5 38 ZENT GR Supra 立川祐路/石浦宏明 1'27.308 1'27.352
6 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 中山雄一/山下健太 1'27.356 1'27.397
           
8 16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 武藤英紀/笹原右京 1'27.306 1'28.085
9 17 KEIHIN NSX-GT 塚越広大/ベルトラン・バゲット 1'27.421  
13 64 Modulo NSX-GT 伊沢拓也/大津弘樹 1'27.816  

GT300予選

順位 No. マシン ドライバー Q1 Q2
1 65 LEON PYRAMID AMG 蒲生尚弥/菅波冬悟 1'36.648 1'36.236
2 11 GAINER TANAX GT-R 平中克幸/安田裕信 1'36.581 1'36.297
3 2 シンティアム・アップル・ロータス 加藤寛規/柳田真孝 1'37.919 1'36.399
4 52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 吉田広樹/川合孝汰 1'36.683 1'36.594
5 31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 嵯峨宏紀/中山友貴 1'36.783 1'36.921
6 5 マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号 坂口夏月/平木湧也 1'36.651 1'36.945
           
12 18 UPGARAGE NSX GT3 小林崇志/松浦孝亮 1'37.141 1'37.619
17 34 Modulo KENWOOD NSX GT3 道上龍/ジェイク・パーソンズ 1'37.448  
22 55 ARTA NSX GT3 高木真一/大湯都史樹 1'42.292  

ポイントランキング

GT500 ドライバー

順位 No. ドライバー マシン 総合ポイント
1 37 平川亮/N.キャシディ KeePer TOM'S GR Suprabr
21
2 36 関口雄飛/S.フェネストラズ au TOM'S GR Supra
15
3 14 大嶋和也/坪井翔 WAKO'S 4CR GR Supra
11
4 38 立川祐路/石浦宏明
ZENT GR Supra
8
5 39 中山雄一/山下健太 DENSO KOBELCO SARD GR Supra
6
6 100 山本尚貴/牧野任祐 RAYBRIG NSX-GT 5
8 8 野尻智紀/福住仁嶺 ARTA NSX-GT 3

GT500 チーム

順位 No. チーム 総合ポイント
1 37 TGR TEAM KeePer TOM's 23
2 36 TGR TEAM au TOM's 18
3 14 TGR TEAM WAKO'S ROOKIE 14
4 38 TGR TEAM ZENT CERUMO 11
5 39 TGR TEAM SARD
9
6 100 TEAM KUNIMITSU
8
     
8 8 ARTA 6
12 16 TEAM Red Bull MUGEN 1
13 64 Modulo Nakajima Racing 1

GT300 ドライバー

順位 No. ドライバー マシン 総合ポイント
1 52 吉田広樹/川合孝汰 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 20
2 11 平中克幸/安田裕信 GAINER TANAX GT-R 15
3 5 坂口夏月/平木湧也 マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号 11
4 56 藤波清斗/J.P.デ・オリベイラ リアライズ 日産自動車大学校 GT-R 8
5 10 星野一樹/石川京侍 TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R 6
6 65 蒲生尚弥/菅波冬悟 LEON PYRAMID AMG 6
7 55 高木真一/大湯都史樹 ARTA NSX GT3 4
8 34 道上龍/ジェイク・パーソンズ Modulo KENWOOD NSX GT3 3

GT300 チーム

順位 No. チーム 総合ポイント
1 52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 23
2 11 GAINER 18
3 5 TEAM MACH 14
4 56 KONDO RACING 11
5 10 GAINER 9
6 65 K2 R&D LEON RACING 8
7 55 ARTA 7
8 34 Modulo Drago CORSE 6
       
22 18 TEAM UPGARAGE 2

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  SUPER GT >  2020 開幕戦 富士スピードウェイ 1 予選/決勝

ニュース