MENU

HONDA

検索

Round01日本鈴鹿サーキット

プレビュー

2018年4月18日(水)

三重県 鈴鹿市

シーズンを好発進させるべく、Honda勢が開幕戦に挑む

シーズンを好発進させるべく、Honda勢が開幕戦に挑む

4月21日(土)、全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズの2018年シーズンが鈴鹿サーキットで開幕します。2014年に導入された、現行スーパーフォーミュラ車両SF14にとって最後となるシーズンを前に、3月28日(水)から29日(木)の2日間にかけて、静岡県にある富士スピードウェイで2018年度2回目となる、最後の合同テストが行われました。

春の日差しのもとで進んだ2日間4セッションのテストには20選手が参加しました。両日とも、午前中のセッションのみ、オーバーテイクボタンを2回だけ使えるという規則が適用され、多くの選手のベストタイムは気温の上がった2日目の午前中のセッションで、ソフトタイヤとオーバーテイクボタンを使って記録されました。

昨年のシリーズチャンピオン、石浦宏明をわずかに0秒009しのいで総合ベストタイムを記録したのは、参戦5年目を迎えるDOCOMO TEAM DANDELION RACINGの野尻智紀。タイムに関しては、「タイヤのスペックやオーバーテイクボタンをどう使うかによってタイムが変わりますから、このトップタイムはあまり意味がありませんが、マシンの調子はとてもいいです」と語りました。

Honda勢2番手、総合5番手につけたのは、今年からスーパーフォーミュラにデビューするB-MAX RACING TEAMの千代勝正。正式に今シーズンを戦うことが決まった千代は、これまでGTレースでは実績を残してきましたが、トップフォーミュラに参戦するのは初めて。慣れるまでに時間がかかるのでは、との声もありましたが、不安を吹き飛ばす好タイムを記録しました。千代に続いたのはTCS NAKAJIMA RACINGのナレイン・カーティケヤン、伊沢拓也の2人。伊沢は、移籍した新天地でも安定した速さを示しています。

鈴鹿サーキットで開催される開幕戦はシリーズ最長の300kmで争われます。今シーズンから全レースで採用されるタイヤ2スペック制で戦うためには、タイヤ戦略が大きなカギとなります。TEAM MUGENの山本尚貴は、いつも通り着実に周回を重ねてデータ収集を行いました。山本に続いたのは、チームメートとしていよいよスーパーフォーミュラデビュー戦を迎える新鋭、福住仁嶺。富士のテストを終えたあと、4月7日(土)から8日(日)にはバーレーンでFIA-F2選手権の開幕戦を戦いレース2で8位に入賞している福住。今週末は、再び日本へ戻ってスーパーフォーミュラ開幕戦に臨みます。

いまやベテランとなったREAL RACINGの塚越広大と、福住と並んでFIA-F2を戦い、期待を集める若手ドライバーの松下信治は、2週間前に鈴鹿サーキットで開催された第1回合同テストで好タイムを記録しており、今回は開幕戦に向けてタイヤを含めたデータ収集に徹しました。なお、FIA-F2に出場するため第2戦を欠場する福住の代役には阪口晴南選手が決定しており、今回初めてスーパーフォーミュラマシンでの走り込みを行っています。

Hondaエンジンを搭載してシリーズに参戦するのは5チーム8台。戦いの準備は整いました。

フォトギャラリー

モータースポーツ >  全日本スーパーフォーミュラ選手権 >  2018 開幕戦 鈴鹿サーキット・プレビュー

ニュース