MENU
HONDA
検索

"コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース
Honda ホームページへ
モータースポーツ
鈴鹿8耐
ニュースリリース
 
FIM2002世界耐久選手権シリーズ第4戦
“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース
Honda参戦体制
2002年7月9日
 Hondaは、三重県 鈴鹿サーキットにおいて、8月1日(木)に開幕し4日(日)に決勝レースが行われるFIM2002世界耐久選手権シリーズ第4戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース(以下 鈴鹿8耐)に、前人未踏の6連覇を狙うHondaチーム及びライダーを下記のように決定した。ワークスチームの「TEAM CABIN HONDA」から2チームと、販売店チーム「Team桜井ホンダ」の2チームが、2000年、2001年のチャンピオンマシンHonda VTR1000SPWを駆り参戦する。
■「#11 TEAM CABIN HONDA」 VTR1000SPW■
 今シーズン世界最高峰レースであるFIMロードレース世界選手権(WGP)MotoGPクラス参戦中の加藤大治郎選手宇川 徹選手がペアを組む。このペアで2000年には最多周回数記録を更新する(215周)走りを見せ、鈴鹿8耐優勝を飾っている。昨年は4位で惜しくも表彰台を逃したが、同ペアで3回目の挑戦となる今年は、昨年「#11 TEAM CABIN HONDA」が作った217周の最多周回数記録更新と同一ペアでの2回目の優勝を狙う。また第3ライダーにも、昨年の鈴鹿8耐優勝ライダーのコーリン・エドワーズ選手(米国)を控えさせ、必勝体制で優勝を狙う。  
■「#33 TEAM CABIN HONDA」 VTR1000SPW■
 今シーズンMFJ全日本ロードレース選手権(JRR)スーパーバイククラスに参戦中の玉田 誠選手と、昨年事実上の現役引退を表明した岡田忠之監督がペアを組む「全日本ペア」。玉田選手はスーパーバイク世界選手権 菅生大会2連覇や全日本選手権優勝など、今最もVTR1000SPWを乗りこなしているライダーだが、鈴鹿8耐は未勝利。対してペアを組む岡田監督は鈴鹿8耐で過去2勝を挙げている。岡田監督の経験と玉田選手の速さで、鈴鹿8耐の初制覇を狙う。また第3ライダーにも、鈴鹿8耐で2回の優勝経験を持つ伊藤真一選手を待機させ、必勝体制で優勝を狙う。  
■「#71 Team 桜井ホンダ」 VTR1000SPW■
 今シーズンWGPMotoGPクラス参戦中のアレックス・バロス選手(ブラジル)と、JRRにVTR1000SPWで参戦中の武田雄一選手がペアを組む。バロス選手は2000年に玉田 誠選手と組んでTeam桜井ホンダより鈴鹿8耐に参戦した経験があり、販売店チームの難しさと可能性を知り尽くしている。武田選手はJRRでVTR1000SPWを乗りこなしているライダーだが、鈴鹿8耐は未勝利。対してペアを組むバロス選手は鈴鹿8耐で優勝経験をもっている。バロス選手の経験と武田選手の速さで、鈴鹿8耐の初制覇を狙う。
■「#95 Team桜井ホンダ」 VTR1000SPW■
 鈴鹿8耐に1994年より9年目の参戦となる生見友希雄選手と、2000年のJRR250ccクラスチャンピオンで、今シーズンJRR250ccクラスに参戦中の中富伸一選手がペアを組む。中富選手は2000年・2001年に続いてTeam 桜井ホンダから鈴鹿8耐に3年目の参戦。両ライダ―とも鈴鹿8耐での優勝経験こそないが、 生見選手の経験と中富選手の速さでワークスマシンVTR1000SPWを操り、鈴鹿8耐優勝を狙う。
 またその他にも25周年記念大会となる本大会には、以下のように25チームと多数のライダーとチームがHonda車を駆り参戦する。
<Honda チーム>
#10 TEAM IWAKI (参戦クラス:スーパーバイククラス)
(ライダー)辻本 聡選手&高橋裕紀選手 (マシン)VTR1000SP-2
#11 TEAM CABIN HONDA (参戦クラス:スーパーバイククラス)
(ライダー)加藤大治郎選手&宇川 徹選手、コーリン・エドワーズ選手
(マシン)VTR1000SPW (監督)小谷野広治
#18 ARATA-EX&TSUKIGI RACING (参戦クラス:スーパーネイキッドクラス)
(ライダー)ダグ・ポーレン選手&マイケル・アラン・スミス選手 (マシン)CBR954RR
#19 モリワキMOTULレーシング (参戦クラス:スーパーネイキッドクラス)
(ライダー)奥野正雄選手&森脇尚護選手 (マシン)CBR954RR
#32 ホンダ ブルーヘルメットMSC (参戦クラス:スーパーバイククラス)
(ライダー)中村健一郎選手&佐々木宣善選手 (マシン)VTR1000SP-2
#33 TEAM CABIN HONDA (参戦クラス:スーパーバイククラス)
(ライダー)玉田 誠選手&岡田忠之選手、伊藤真一選手
(マシン)VTR1000SPW (監督)山野一彦
#34 HONDA熊本レーシング (参戦クラス:スーパーバイククラス)
(ライダー)笠 孝臣選手&河村康成選手 (マシン)VTR1000SP-2
#35 爽風会 鈴鹿レーシングチーム (参戦クラス:スーパーバイククラス)
(ライダー)荒川智樹選手&松下和広選手 (マシン)VTR1000SP-2
#38 チームリトルウイング+松 (参戦クラス:ストックスポーツクラス)
(ライダー)浅野史久選手&木村武史選手 (マシン)CBR900RR
#40 チーム猿楽+ブラックパンサー (参戦クラス:スーパーネイキッドクラス)
(ライダー)猿楽明太選手&八木 要選手 (マシン)VTR1000SP-1
#44 ウイダーホンダ学園DDBOYS (参戦クラス:スーパーバイククラス)
(ライダー)出口 修選手&野田弘樹選手 (マシン)VTR1000SP-2
#45 ホンダドリーム箕面DDBOYS (参戦クラス:スーパープロダクションクラス)
(ライダー)白上貴紀選手&橋本充巧選手 (マシン)CBR954RR
#46 C.NEXT.クルーズ.BIG.BOX (参戦クラス:スーパープロダクションクラス)
(ライダー)渡辺克也選手&吉広 敦選手 (マシン)CBR954RR
#55 F.C.C.TSR (参戦クラス:JSB1000クラス)
(ライダー)和泉美智夫選手&江口 謙選手 (マシン)CBR954RR
#60 マイスター60&T.ヨシハル (参戦クラス:JSB1000クラス)
(ライダー)須貝義行選手&川上智彦選手 (マシン)CBR954RR
#64 F.C.C.TSR&RDK (参戦クラス:スーパーネイキッドクラス)
(ライダー)森 剛選手&山川善弘選手 (マシン)AC91M
#67 ATS & BLUE EYES (参戦クラス:JSB1000クラス)
(ライダー)佐藤博隆選手&久山綾一選手 (マシン)CBR954RR
#71 Team桜井ホンダ (参戦クラス:スーパーバイククラス)
(ライダー)アレックス・バロス選手&武田雄一選手 (マシン)VTR1000SPW
#74 ホンダ浜松エスカルゴ&狭山 (参戦クラス:スーパーネイキッドクラス)
(ライダー)小田切紀和選手&野寄真二選手 (マシン)VTR1000SP-2
#75 ホンダ浜松エスカルゴ&VTR (参戦クラス:スーパーバイククラス)
(ライダー)名倉嘉一選手&石川智之選手 (マシン)VTR1000SP-2
#88 TAMALA 2010 Honda (参戦クラス:JSB1000クラス)
(ライダー)溝淵信介選手&内川正三選手 (マシン)CBR954RR
#95 Team桜井ホンダ (参戦クラス:スーパーバイククラス)
(ライダー)生見友希雄選手&中富伸一選手 (マシン)VTR1000SPW
#97 TEAM京都デザインアカデミー (参戦クラス:ストックスポーツクラス)
(ライダー)匹田禎則選手&仲城英幸選手 (マシン)CBR954RR
#778 F.C.C.TSR ZIP―FM RT (参戦クラス:スーパーネイキッドクラス)
(ライダー)小西良輝選手&鎌田 学選手 (マシン)CBR954RR
#900 ホンダ向陽会ドリームレーシング (参戦クラス:ストックスポーツクラス)
(ライダー)海老沼孝志選手&泉名英男選手 (マシン)CBR954RR

フッタ
ホームへ 検索へ お客様窓口へ ご意見・ご感想へ マップへ ホットニュースへ ホームへ