MENU

HONDA

検索

Moto3

Round09第9戦 ドイツGPドイツGP

2019.07.07(日)・決勝

ザクセンリンク
路面:ドライ
気温:16℃
路面温度:22℃

第9戦 ドイツGP

小椋選手は16番手から追い上げ、日本勢最高位の7位入賞

小椋藍は追い上げをみせ、7位でゴール。鳥羽海渡は転倒でリタイアとなりました。

コメント

小椋藍(7位)
小椋藍 「金曜日から、バイクの状態はあまりよくありませんでした。昨年のレースではとてもいいフィーリングだったので、少しおかしく感じました。ペースはよくなかったですが、文句を言わず、しっかりとレースをしようと決め、最終的には7位でゴールできました。今回のレースを通じて、戦うことと混戦状態の中でのライディングについて学ぶことができました。このことは、シーズン後半のレースに活かすことができると思います」

鳥羽海渡(リタイア)
鳥羽海渡 「また、不運なレースとなってしまいました。タイヤを温存するため、落ち着いて集団の真ん中で走行し、レース後半に備えていたのですが、アレナス選手が転倒し、ラインを変更しなくてはならなくなり、また少しブレーキングを遅くしたため、転倒してしまいました。なにも言うことができません。これからサマーブレイクに入りますが、そのあと、しっかりと成績を残すため、懸命にトレーニングをして、ブルノに戻ってきます」

青山博一 | チーム監督
「毎ラップ、順位の変動があり、難しいレースでしたが、エキサイティングなレースでもありました。鳥羽選手はレースの序盤、上位集団の中でとてもいい走りをみせてくれました。しかし、残り9周の1コーナーでほかのライダーが、インに入ってきたため、接触を避けようとしてラインを外し、転倒してしまいました。表彰台を狙える状況でしたので、とても残念です。小椋選手はオープニングラップでロペス選手が目の前で転倒したことにより、順位を大きく落としてしまったのですが、周回を重ねるごとに順位を回復し、上位集団の後ろ、7位でのゴールとなりました。状況をしっかりと把握して、とてもいいレースをしてくれました。ここドイツで、シーズンの前半が終了しましたが、この期間、我々の2人のライダーは、とても競争力があることを示してくれました。後半に向けても、引き続き改善を続けて戦っていきます」

リザルト

順位 No. ライダー チーム タイム
7 79 小椋藍 Honda Team Asia 39'30.026
RT 27 鳥羽海渡 Honda Team Asia +9Laps

ポイントランキング

順位 No. ライダー 総合ポイント
10 27 鳥羽海渡 51
12 79 小椋藍 46

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース