MENU

HONDA

検索

CEV

Round06スペインヘレス

Moto3

2019.09.29(日)・決勝

ヘレス・サーキット

第6戦 ヘレス

レース1でロペス、レース2で山中が表彰台獲得

CEVにフル参戦中の山中琉聖(Junior Team Estrella Galicia 0,0)は、来季からロードレース世界選手権(MotoGP)のMoto3参戦を発表し、このラウンドにやってきました。國井勇輝(Asia Talent Team)は、MotoGPチェコGPで負傷した右手のケガで、今大会は欠場。最終戦バレンシアで復帰予定です。

今大会は2レース開催で、ポールポジションはカルロス・タタイ(KTM)。ビセンテ・ぺレス(MIR)が2番手、マリオ・アジ(Astra Honda Racing Team)は3番手につけ、フロントローに並びました。山中は8番手、埜口遥希(Asia Talent Team)は18番手、ビリー・バン・エールデ(Asia Talent Team)が22番手から決勝に挑みました。

レース1

ホールショットを奪ったはタタイで、ジェレミー・アルコバ(ハスクバーナ)、ぺレスが続きます。3周目にはアジが3番手に浮上し、トップ2台を追います。その後方に、ハビエル・アルティガス・ロペス(Leopard Impala Junior Team)が僅差で続きます。翌周にはロペスが前に出て、タタイ、アルコバ、ロペス、アジがトップ集団を形成しますが、アジがスリップダウン、転倒してしまいます。

トップ争いはタタイ、アルコバ、ロペスの3台に。その後方、10台の5番手争いを引っ張るのは山中。山中は集団を引っ張ります。

トップのタタイが逃げ、アルコバとロペスが2番手争い、5番手争いが4番手に追いつき、大きな集団となります。10周目には山中が4番手に浮上しますが、ペドロ・アコスタ(KTM)にかわされ、激しいバトルとなります。山中は再び4番手を奪いますが、僅差で続く7台の集団が激しいバトルを繰り広げます。ダニエル・ホルガド(Junior Team Estrella Galicia 0,0)が4番手に浮上、それを山中が追って前に出ます。

レース終盤、タタイは独走態勢を築き、その後方でアルコバとロペスが2番手争いを続け、し烈な4番手争いも続きます。残り3ラップとなり、ロペスが2番手に浮上します。4番手は山中とすぐ後ろにつけるアコスタが集団を抜け、一騎打ちの戦いとなります。2人が2番手争いに追いつき、4台の攻防となります。アルコバが2番手集団の前に出て、アコスタ、山中、ロペスが激しいポジション争いをみせ最終ラップに突入。最終コーナーでラインが交差する激しさとなり、それを制したのはアルコバで、ロペス、アコスタ、山中の順でチェッカーを受けました。優勝はタタイ。アルコバが2位、3位にロぺス。山中は悔しい5位。埜口は8位でチェッカーを受けました。エールデは18位となりました。

レース2

タタイがホールショットを奪います。オープニングラップの通過順位はタタイ、アルコバ、ペレス、アジ、山中。2周目、山中は4番手に浮上し、トップ争いは大きな集団となります。山中はその集団の中で3番手にポジションを上げます。トップ争いはタタイ、アルコバ、山中となり、4番手のペレス、バリー・バルトゥス(KTM)、アジらがセカンド集団を生成し、10台以上のバトルが続きます。4周目、4番手にバルトゥスが浮上し、それにデニス・オンジュ(KTM)も追いつきます。

トップ争いでは、アルコバが前に出ますが、すぐにタタイがトップを奪い返すと、アルコバ、山中が追います。4番手争いはオンジュ、バルトゥス、アコスタ、ロペス、ホルガドの5台に絞られます。その後方では、6台の9番手争いが激しいバトルをみせます。4番手争いからバルトゥスが転倒します。

終盤に来て、首位のタタイが逃げ始めます。5番手争いは、後続集団も追いついて9台のバトルとなり、それを引っ張るのはロペスで、、埜口は7番手に浮上し、8番手にアジが続きます。

残り2ラップ、タタイは単独トップのまま。山中が2番手に浮上しますが、アルコバが前に出ます。最終ラップの攻防となり、山中は、最終コーナーで仕掛け、前に出ますが、アルコバとコントロールラインを並んで通過し、僅差で2位を勝ち取りました。3位はアルコバとなりました。4位オンジュ、5位にアコスタ、6位は埜口が追い上げて入りました。9位にアジ、エールデはリタイアとなりました。

コメント

山中琉聖(レース1 5位/レース2 2位)
山中琉聖 「今回はサマーブレイクで自分の弱点を克服するためにトレーニングした成果を試すことができることを楽しみにしていました。バレンシア以来、表彰台に乗れていいないことで、焦りもありましたが、順調にセッションを進めることができました。予選ではペースがよかったのですが、最後新品タイヤを入れられなくて、1発のアタックができず、予選2では天候の影響でタイムを更新するのは難しく、順位はよくありませんでした。でもレースを想定して走ることができました。
レース1ではスタートを失敗してしまい、大きく順位を落としましたが、ラストラップに2番手のグループまで追いつくことができました。最後のブレーキングでは3番手まで上がれたのですが、1台にインに入られてしまい、少し押し出されるかたちで結果5位でした。 レース2では、スタートを成功させ、トップ3台でのバトルが中盤まで続きました。ですがトップのライダーがスパートかけたときにうまく反応できず、アルコバ選手とのバトルになり、最後はギリギリで2位になれました。スパートに反応できなく、追いつけなかったのが悔しいです。次のアルバセテは得意意識があるので、初日からしっかり準備してレースでは優勝できるようがんばります」

埜口遥希(レース1 8位/レース2 6位)
埜口遥希 「フリー走行、予選と沈んでしまい、19番手(※決勝のスターティンググリッドは18番手)でした。しかしレースペースは悪くなかったので、序盤にどれだけ上げていけるかを考えていました。ここでは後半にタイヤが持たないと厳しいと考えていたので、中盤からグループの前に出られるように考え、8位と6位という結果で終えることができました。次戦は走ったことのないアルバセテですが、木曜日から今回学んだ走りをしっかりと実行し、予選グリッドを上げられるようにして、表彰台を狙いたいと思います」

リザルト

レース1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
199C.タタイKTM1628'44.696
252J.アルコバハスクバーナ16+00'07,483
324ハビエル・アルティガス・ロペスHonda16+00'07,524
437P.アコスタKTM16+00'07,591
56山中琉聖Honda16+00'07,792
696ダニエル・ホルガドHonda16+00'08,871
832埜口遥希Honda16+00'08,874
1523ダビデ・ピッツォーリHonda16+00'15,582
1630マックス・クックHonda16+00'15,972
1829ビリー・バン・エールデHonda16+00'18,081
2088マッテオ・パタッカHonda16+00'23,372
2265有田光Honda16+00'23,676
2376フリアン・ジラルHonda16+00'24,792
2431ビリー・バン・エールデHonda16+00'25,001
2628マッテオ・ベルテッレHonda16+00'39,678
2778イディル・マハディHonda16+00'39,743
2836イザム・イクマルHonda16+00'40,752
3127アレックス・ディエスHonda16+01'05,016
RT34マリオ・アジHonda4+12Laps

レース2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
199C.タタイKTM1628'47.809
26山中琉聖Honda16+00'02,741
352J.アルコバハスクバーナ16+00'02,742
453D.オンジュKTM16+00'08,832
537P.アコスタKTM16+00'13,566
632埜口遥希Honda16+00'14,308
934マリオ・アジHonda16+00'14,456
1023ダビデ・ピッツォーリHonda16+00'15,101
1124ハビエル・アルティガス・ロペスHonda16+00'15,102
1730マックス・クックHonda16+00'22,244
1836イザム・イクマルHonda16+00'22,268
2065有田光Honda16+00'23,267
2188マッテオ・パタッカHonda16+00'28,488
2231 スコット・オグデンHonda16+00'28,939
2328マッテオ・ベルテッレHonda16+00'31,484
2576フリアン・ジラルHonda16+00'31,654
2778イディル・マハディHonda16+00'31,885
3027アレックス・ディエスHonda16+00'50,278
RT96ダニエル・ホルガドHonda15+1Lap
RT29ビリー・バン・エールデHonda5+11Laps

ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
152J.アルコバハスクバーナ154
299C.タタイKTM117
324ハビエル・アルティガス・ロペスHonda114
47B.バルトゥスKTM105
56山中琉聖Honda89
633國井勇輝Honda83
796ダニエル・オルガドHonda67
923ダビデ・ピッツォーリHonda51
1432埜口遥希Honda31
1634マリオ・アジHonda26
2276フリアン・ジラルHonda17
2328マッテオ・ベルテッレHonda16
2630マックス・クックHonda10
2865有田光Honda2

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース