期待の声期待の声

VOICEVOICE

現場の声 N-VANとはたらくみなさんに、使い心地を聞きました。現場の声 N-VANとはたらくみなさんに、使い心地を聞きました。

佐川急便の斎藤さんにとってN-VANは「ともに安全を気づかう
頼もしいパートナー」

新人指導員の資格も持つ斎藤さんは、軽バン運転歴10年。
そんなベテランドライバーがN-VANに感心したのは、
安全運転に向けて頼もしいサポートをしてくれる賢さでした。

N-VANの第一印象は?

かわいらしいクルマだと思いました。

ころんとした顔つきながら背が高くてすっきりしていて、それまでの軽バンとはちょっと異なるフォルムが印象的でした。運転席に座ってみると、視野が広く、死角も少なくて。エンジンをかける前から、使いやすそうと感じたのを覚えています。

N-VANの使い心地は?

シートのやさしさにホッとします。

運転席の感触とやわらかさが好きです。座り心地もほわっとしていて体にやさしく、わずかな時間でも癒されます。配達中は周囲の状況に気を配るため、実は少し前傾姿勢で運転しているんです。そのぶん、体を思いきり預けられる休憩時間が待ち遠しくなりますね。

以前とくらべて、はたらき方はどう変わりましたか?

担当エリア周辺への配慮がより行き届いたと思います。

担当エリアに多い住宅街はできるだけ静かに走りたいので、アイドリングストップ機能が付いているのは助かります。たとえ数秒でもエンジン音が消えれば、住民の方々へのご負担が少なくできるはずなので。ドライバーも接客業ですから、お届け先のお客さまだけでなく、街中で佐川急便のクルマを見かける方々への配慮も大事にしたいです。

特に快適だと感じるところはどこですか?

低い床が体の負担を軽減してくれます。

1日平均70個、多いときで100個の荷物を配達しますが、荷物を潰さないよう重いものから先に積み込みます。N-VANは荷室の床が低いので、重い荷物を持ち上げる動作がとても楽になりました。N-VANに乗って2ヶ月になりますが、確実に腰が楽になり、体全体の疲れ方が変わってきたように感じています。あと、個人的に気に入っているのが、荷室の壁面にマグネットを貼り付けられること。私は小物入れをマグネットで留めて、こまごました物の整理に使っています。

N-VAN最大のおすすめポイントは?

まるで同乗者がいるような安心感をくれることです。

担当コースの制限速度や、どこにどんな標識があるかはすべて頭に入っていますが、クルマからもメーター右側のディスプレーを通じて教えてくれるので、より速くブレーキを踏めるようになりました。ひとりで乗っていても、誰かと走っているような安心感を与えてくれる賢さ。個人的にはN-VANのかわいらしさから、頼れる女の子のパートナーが同乗しているイメージを持っています。また、佐川急便の営業車には駐車の際などに障害物を感知するセンサーが付いていて、障害物の接近を警告音で知らせてくれます。決して頼りきりになるわけではありませんが、クルマもいっしょに気をつけてくれているみたいでうれしいですね。

※Honda純正アクセサリーのパーキングセンサーのこと。

運転席の座り心地は、プライベートで使う軽より好みかもしれません。運転席の座り心地は、プライベートで使う軽より好みかもしれません。

PROFILEPROFILE

斎藤 志寿江 (サイトウ シズエ)さん

佐川急便株式会社 横浜鶴見営業所 営業課

運転が得意ではなかったものの、外に出て接客する仕事が好きで、2008年に佐川急便に入社。2015年に社内の指導員資格を取得。新人を横に乗せ、業務指導と配達をこなすベテランスタッフ。

斎藤さんが使っているN-VAN

ベーシックモデルのG・Honda SENSING(FF/CVT)に、Honda純正アクセサリーのバックブザー、パーキングセンサー、セパレートカーテンを装着。さらに、佐川急便の営業車独自の仕様として、リアカメラ&モニター、LEDデイライト、ドライブレコーダー、タコグラフ、タイヤストッパーなどのアイテム(すべて社外品)が搭載されている。

N-VAN機種ページを見るHonda純正アクセサリーについて

※このページは2018年11月取材時の内容を元に構成しており、現在のものとは異なることがあります。

「現場の声」をもっと見る 株式会社ダスキンさま スタッフインタビュー