MENU

HONDA

検索

Round09日本鈴鹿サーキット

JSB1000 決勝

2018年11月4日(日)

三重県

レース1で高橋巧が優勝
レース2では清成が優勝、高橋巧が3位

レース1で高橋巧が優勝
レース2では清成が優勝、高橋巧が3位

全日本ロードレース選手権の最終戦が、三重県にある鈴鹿サーキットで行われました。JSB1000を含む全クラスにとってのタイトル決定戦となった今大会。練習走行が行われた11月1日から2日、そして3日の予選までは晴天に恵まれ、ドライコンディションで行われましたが、決勝日の4日は雨となり、ウエットコンディションとなりました。

JSB1000クラスは2レース制で行われ、ランキング上でトップの中須賀克行(ヤマハ)を、43ポイント差で2位の高橋巧(Team HRC)が追いかける戦いが展開されました。予選は、ポールポジションを中須賀が獲得、予選開始早々に2分4秒945と自己ベストを更新し、それが、ベストタイムとなった高橋巧が2番手を獲得。セカンドタイムも、1番手が中須賀、2番手に高橋巧のポジションとなりました。

雨のウォームアップランでは高橋巧がトップタイムを記録。清成龍一(MORIWAKI MOTUL RACING)が3番手、チームメートの高橋裕紀が4番手となり、ファンの決勝レースへの期待を高めます。

高橋巧

迎えたレース1は、10周で争われる短期決戦。まずはスタートダッシュを決めた高橋巧がオープニングラップを制し、独走態勢を築きます。2番手は野左根航汰(ヤマハ)、中須賀によって争われ、単独4番手に渡辺一樹(スズキ)、5番手を加賀山就臣(スズキ)、高橋裕紀、渡辺一馬(カワサキ)が争います。2ラップ目になると中須賀が2番手に浮上、高橋裕紀も5番手へと浮上しました。ペースアップする中須賀ですが、高橋巧はそれを寄せ付けない好ペースで走行を続け、3ラップ目には中須賀に3.568秒のアドバンテージを築きます。さらに5ラップ目にはファステストラップを更新する走りでその差を広げ、見事、今季初優勝を飾りました。

2位につけた中須賀は、これによりライダーズタイトルの獲得が決定。3位に野左根が入り、表彰台に上がりました。4位に渡辺一樹、5位に高橋裕紀が入り、予選9番手から挑んだ水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)は8位まで追い上げました。清成は10位でチェッカー。日浦大治朗(Honda Suzuka Racing Team)は13位。ザクワン・ザイディ(Honda Asia Dream)が17位。秋吉耕佑(au・テルルMotoUP RT)は2ラップ目に転倒リタイアとなりました。

レース2では雨が上がり、路面はウエットコンディションのままですが、徐々に乾いていくという微妙なものに。これがチームのタイヤ選択を難しいものとしました。レースでは、高橋巧がホールショットを奪い、中須賀はその背後に付けます。それを野左根、渡辺一馬が追いかけ、そのさらに後方に秋吉、清成らが続きます。2ラップ目には清成がファステストラップを記録、トップ争いの2人より約1秒速いペースで脅威の追い上げを見せ、3番手に浮上。高橋巧、中須賀の背後に迫り、トップ争いに食い込みます。4ラップ目には清成が2番手に浮上、ダンロップコーナーで高橋巧を捉えてついに首位に浮上します。トップグループは清成、中須賀、高橋巧のオーダーとなり、2番手以下を突き放して清成が独走態勢に入りました。2番手を争うのは中須賀と高橋巧。野左根は単独4番手、5番手争いを制した秋吉は5番手に浮上します。

5ラップ目、清成はファステストラップを更新し、2番手の中須賀に1.964秒の差をつけます。中須賀を追う高橋巧は単独3番手を走行していました。トップの清成は2分14秒台、中須賀、高橋巧は2分16秒台で周回を続け、9ラップ目には清成と中須賀の差が9.744秒にまで広がります。また、追い上げてきた高橋裕紀も5番手を走る秋吉の背後に迫りました。10ラップ目には秋吉を捕らえた高橋が5番手に浮上、4番手の野左根もデグナーでパスして、さらに4番手へ浮上します。

12ラップ目、高橋巧がペースアップして中須賀の背後に迫り、2番手争いに持ち込みますが、中須賀もペースアップして逃げようとします。高橋裕紀は単独4番手を走行、5番手に野左根、6番手に秋吉で周回を重ねていきます。レース終盤、ライン上は乾き始めますが、清成のハイペースは変わらず、結果的に独走で今季初優勝を飾りました。2位に中須賀、3位に高橋巧が入り、この3名が表彰台を獲得。高橋裕紀は4位。秋吉は7位でチェッカー。日浦は10位に入り、山口辰也(Team SUP Dream Honda)は11位でチェッカーを受けました。水野は14位、ケガから復帰した濱原颯道(Honda Dream RT 桜井ホンダ)が16位、スリックを履いて勝負を賭けたザクワンは早々に転倒リタイアとなりました。

シーズンを終え、ライダーズランキングでは高橋巧が2位、高橋裕紀が5位、清成は8位、秋吉が9位、ルーキーの水野は11位という結果に。山口が14位、日浦は15位、全日本選手権初参戦で、今回がJSB1000クラス初挑戦となったザイディは17位、ケガで欠場していた濱原は22位でシーズンを終えました。

コメント

高橋巧(JSB1000 優勝/3位)
高橋巧「最終戦に向けてのテストができ、ドライでもウエットでもマシンの確認ができていました。元々、雨には自信があり、ドライコンディションの予選で2分4秒台が記録できたので、どちらのコンディションになっても優勝を狙っていこうと思っていました。レース1は10ラップなので、序盤から積極的に攻めました。ワークスライダーとして挑んだシーズン、一度も勝てないままで終わるわけにはいかなかったので、優勝できてうれしかったです。レース2も連勝を目指しました。東コースは乾いているという情報もあり、スリックで走り出しましたが、完全なウエットだったのでレインタイヤで行きました。この判断は間違っていなかったと思いますが、清成さんに追いつくことはできませんでした。憧れのチームで戦うことができたことを感謝しています」

宇川徹|Team HRC監督
「高橋選手の要望を聞き入れ、スイングアームを変えたマシンを仕上げ、事前にテストをして最終戦を迎えました。その成果は、自己ベストを短縮する走りになって表われました。雨でも晴れでも優勝を狙っていましたし、レース1では優勝してくれました。レース2も勝ってくれたら最高でしたが3位。優勝の表彰台にはチームメカニックに登ってもらいました。今年、定年を迎える彼にとっては最後のチャンスだったので、上がってくれたことをチームのみんなが喜んでいました。監督として1シーズン、目標としていたタイトル獲得できなかったことを申し訳なく思いますが、たくさんのことを学ぶことができました。支え、応援してくれたすべての人に感謝しています。ありがとうございました」

清成龍一(JSB1000 10位/優勝)
清成龍一「モリワキ、ピレリで戦う2年目、シーズン初めての海外テストではいい感触だったのですが、シーズンを戦い始めると、昨年のデータを活かすことができるサーキットと、そうはいかないサーキットがあり、合わせきれずに、やっぱり難しいシーズンになりました。2レース目はピレリスタッフが進めるタイヤを選択して、それが大当たりのレースになりました。優勝することができて、支えてくれた人たちにやっと恩返しができたと感動しました」

高橋裕紀(JSB1000 5位/4位)
高橋裕紀「スタート直後の位置取りがうまく行かずに、大きく出遅れてしまいました。トップ集団に追いつくまでに時間がかかり、4位に浮上したときには、前は遠く離れていました。タイヤは清成選手と同じものを選択していたので、ペースもよく追い上げることができたのですが…。清成選手の優勝は、チームメートとしてうれしいです。モリワキが勝てたこともよかったと思います。ライダーとしては悔しいので、次は自分がと思っています」

JSB1000 リザルト

レース1
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11高橋巧Honda1022'50.630
221中須賀克行ヤマハ10+8.251
35野左根航汰ヤマハ10+10.733
426渡辺一樹スズキ10+11.653
572高橋裕紀Honda10+18.556
611渡辺一馬カワサキ10+22.073
771加賀山就臣スズキ10+28.262
8634水野涼Honda10+32.825
912津田拓也スズキ10+35.293
1023清成龍一Honda10+36.076
1320日浦大治朗Honda10+48.837
158山口辰也Honda10+57.115
1751ザクワン・ザイディHonda10+1'05.259
207濱原颯道Honda10+1'28.202
2340小島一浩Honda10+1'32.549
2643中津原尚宏Honda10+1'57.418
090秋吉耕佑Honda1+9Laps

レース2
順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
123清成龍一Honda1840'41.664
221中須賀克行ヤマハ18+23.799
31高橋巧Honda18+32.888
472高橋裕紀Honda18+40.304
546星野知也BMW18+57.389
65野左根航汰ヤマハ18 +58.920
7090秋吉耕佑Honda18+1'05.167
811渡辺一馬カワサキ18+1'17.303
928ブラッドリー レイスズキ18+1'34.517
1020日浦大治朗Honda18+1'38.483
118山口辰也Honda18+1'38.524
14634水野涼Honda18+1'46.917
167濱原颯道Honda18+2'11.185
2443中津原尚宏Honda16+2Laps
2540小島一浩Honda14+4Laps
51ザクワン・ザイディHonda1+17Laps

JSB1000 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
121中須賀克行ヤマハ271
21高橋巧Honda229
311渡辺一馬カワサキ197.5
45野左根航汰ヤマハ187
572高橋裕紀Honda174.5
612津田拓也スズキ160
726渡辺一樹スズキ156.5
823清成龍一Honda143.5
9090秋吉耕佑Honda141
1071加賀山就臣スズキ120
11634水野涼Honda106
148山口辰也Honda71
1520日浦大治朗Honda69.5
1751ザクワン・ザイディHonda60
227濱原颯道Honda36
31名越哲平Honda6
3340小島一浩Honda2
3532中村知雅Honda1
3643中津原尚宏Honda1

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース