MENU

HONDA

検索

Round02日本鈴鹿サーキット

JSB1000 決勝・レース2

2018年4月22日(日)

三重県

トップ争いを繰り広げた高橋巧がレース2で2位

全日本ロードレース選手権第2戦のレース2が三重県鈴鹿サーキットで開催されました。

2組に分かれて予選が行われ、予選でのセカンドタイムがレース2のグリッドに適用されます。ポールポジションは中須賀(ヤマハ)、2番手に高橋巧(Team HRC)、3番手に野左根(ヤマハ)が入り、レース1の表彰台のメンバーが、フロントローに並びました。

そして、秋吉耕佑(au・テルルMotoUP RT)が7番手、8番手に高橋裕紀(MORIWAKI MOTUL RACING)、10番手に清成龍一(MORIWAKI MOTUL RACING)に入りました。ザクワン・ザイディ(Honda Asia - Dream)が12番手、水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)が13番手、日浦大治朗(Honda Suzuka Racing Team)が14番手。さらに、山口辰也(Team SuP Dream Honda)は17番手からスタートします。

前日のレース1は午後のレースでしたが、レース2は午前中とコンディションも変わるため、ウォームアップで最終確認が行われました。トップタイムは中須賀(ヤマハ)ですが、2番手に秋吉が入り、3番手に高橋巧が続きました。

レース2でスタートダッシュを決めた高橋巧がホールショットを奪います。3コーナーで渡辺(カワサキ)が高橋巧を抜き首位に立ちますが、ダンロップコーナーで高橋巧はトップを奪い返します。高橋巧は逃げ、ヘアピンで中須賀(ヤマハ)が渡辺(カワサキ)の前に出て2番手に浮上します。オープニングラップを高橋巧が制し、中須賀(ヤマハ)、渡辺(カワサキ)、津田(スズキ)、野左根(ヤマハ)、秋吉、加賀山(スズキ)、高橋裕紀、渡辺(スズキ)、清成、水野、ザクワンが続きます。

トップ争いを繰り広げる高橋巧、中須賀(ヤマハ)は2分6秒台前半のラップタイムを出し、3番手以下を引き離して一騎打ちへと持ち込みます。単独3番手に渡辺(カワサキ)、4番手争いを津田(スズキ)と秋吉が繰り広げます。6番手争いは渡辺(スズキ)、加賀山(スズキ)、高橋裕紀、野左根(ヤマハ)、水野の5台。ザクワンは生形(スズキ)と12番手争いを見せます。

トップ争いの高橋巧と中須賀(ヤマハ)は相変わらずのハイペースの2分6秒台で周回を重ね、周回毎に3番手との差を広げていきます。単独3番手は渡辺(カワサキ)。4番手争いは津田(スズキ)と秋吉。6番手争いを渡辺(スズキ)と野左根(ヤマハ)。8番手を加賀山(スズキ)、高橋裕紀、水野が争い、清成は単独11番手を走行します。

緊張感をはらんだトップ争いは変わらず、3番手渡辺(カワサキ)との差は5秒5と広がり、秋吉は単独4番手に浮上。津田(スズキ)、野左根(ヤマハ)、渡辺(スズキ)が続きます。8番手争いは加賀山(スズキ)、追い上げてきた前田(ヤマハ)、高橋裕紀が繰り広げ、11番手は清成、水野が争います。そして、13番手にザクワン、14番手に日浦で周回を重ねました。

中須賀(ヤマハ)が動き、2コーナーで高橋巧に並ぶと前に出ますが、高橋巧は3コーナーで抜き返して首位を守ります。ヘアピンで中須賀(ヤマハ)が再び前に出ますが、高橋巧はその背後に付け、130Rで首位に返り咲きます。しかし、16ラップ目のスプーンで中須賀(ヤマハ)が再び前に出ると、それを高橋巧が追います。4番手に津田(スズキ)が浮上し、秋吉は5番手となりますが、さらにプッシュします。しかし、秋吉はシケインでオイルに乗り、秋吉と野左根(ヤマハ)が転倒。秋吉は再スタートを切ります。

中須賀(ヤマハ)を最後まで追った高橋巧ですが、捕らえることはできずに2位でフィニッシュ。秋吉は7位、高橋裕紀は8位、清成は10位でした。また、水野は11位、ザクワンは12位。日浦は13位でチェッカーを受けました。

コメント

高橋巧(JSB1000 レース2 2位)
高橋巧 「スタートがうまく決まったので、このまま自分のペースを作りたいと思いましたが、3コーナーで渡辺選手(カワサキ)に抜かれてしまいました。しかし、そのままではいけないと思い、ダンロップコーナーで前に出て、強い気持ちで挑みました。それでも、中須賀選手(ヤマハ)が来るのは分かっていたので、一騎打ちに持ち込みたかったです。2コーナーで前に出られましたが、このままでは離されると思い、3コーナーでもう一度前に出ました。バックストレートではマシンが伸びていたので、もう一度勝負だと思っていましたが、およびませんでした。正直、悔しいです。前半ペースを上げ過ぎてタイヤをキープすることが難しくなってしまったことなど、反省もあります。ですが、昨年に比べ、中須賀選手との差は確実に詰まっています。今回の反省を活かして、次は勝ちたいです」

Team HRC監督 宇川徹
「レース1からレース2までの間にできることは限られていましたが、セッティングを見直して挑みました。中須賀選手(ヤマハ)との一騎打ちになることは、予想していました。今シーズンは、2人の戦いが続くと見ています。2位という結果は、悔しい結果ですが、今季での高橋選手の成長の角度は、中須賀選手よりも急角度で上昇していると思います。その差は確実に詰まっており、勝負できるレベルにありますから、戦闘力の高いマシンに仕上げるべく、バックアップしていきたいと思います。チームとして大きな手ごたえを感じています」

秋吉耕佑(JSB1000 レース2 7位)
秋吉耕佑 「今年からタイヤがブリジストンへと変わり、タイヤに合わせたマシンのセッティングもいい方向に進んで2分6秒台を出すことができました。決勝でも、いいペースで走り、バトルをしながらポジションをアップし、久しぶりにレースらしいレースをしたという充実感があります。最後はオイルに乗り、フルバンク状態で転倒してしまいました。なんとか再スタートをして、チェッカーを受けることができてよかったと思っています。まだまだやりたいことがあるので、試しながらこのパッケージで表彰台に上がれるようにがんばります」

高橋裕紀(JSB1000 レース2 8位)
高橋裕紀 「レース1からレース2に向けて、バイクのセッティングは変えずにタイヤを変更しました。レース1のタイヤと同じキャラクターですが、構造が違うものを試しました。あまり、走行データがあるものではありませんでしたが、同じタイヤでいくよりも、可能性を優先しました。大きな違いはありませんでしたが、レース2で履いたタイヤの方が、マシンのポテンシャルを引き出せると感じました。まだ肩は完調とは言えないので、転倒しないように走ることを優先する必要があります。まずはこの肩をしっかりと治し、思いっきり走れるようにしたいと思います」

JSB1000 リザルト

レース2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
121中須賀克行ヤマハ1838'01.000
21高橋巧Honda18+2.128
311渡辺一馬カワサキ18+12.708
412津田拓也スズキ18+15.178
526渡辺一樹スズキ18+15.878
675前田恵助ヤマハ18+47.581
7090秋吉耕佑Honda18+48.735
872高橋裕紀Honda18+51.927
971加賀山就臣スズキ18+54.547
1023清成龍一Honda18+54.937
11634水野涼Honda18+59.930
1251ザクワン・ザイディHonda18+1'00.135
1320日浦大治朗Honda18+1'01.812
178山口辰也Honda18+1'15.268
2440小島一浩Honda18+1'43.214
2742中村敬司Honda18+1'57.197
4092國川浩道Honda11+7Laps

JSB1000 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
121中須賀克行ヤマハ100
211渡辺一馬カワサキ74
31高橋巧Honda66
472高橋裕紀Honda60
512津田拓也スズキ58
6090秋吉耕佑Honda58
726渡辺一樹スズキ50
85野左根航汰ヤマハ43
923清成龍一Honda40
1075前田恵助ヤマハ36
118山口辰也Honda35
13634水野涼Honda33
1651ザクワン・ザイディHonda23
1920日浦大治朗Honda15
247濱原颯道Honda9
2943中津原尚宏Honda1

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース