MENU
HONDA
検索

ROUND 03

日本スポーツランドSUGO 宮城県 2017.05.14(日)・JSB1000 決勝

高橋巧がポール・トゥ・ウイン。早くも今季2勝目を挙げる

天候:雨  気温:13℃  観客:3300人

全日本ロードレース選手権の第3戦が、宮城県のスポーツランドSUGOで行われました。JSB1000、J-GP3、ST600はシーズン2戦目、J-GP2は同3戦目で、全クラス開催は今季初のことでした。

JSB1000クラスは、MuSASHi RT HARC-PRO. Hondaの高橋巧が2連勝を狙いました。また、鈴鹿2&4に続き、ここでも鈴鹿8時間耐久(鈴鹿8耐)へ参戦する権利を獲得するためのトライアウトが行われました。これには、鈴鹿8耐で歴代2位の4勝を挙げている伊藤真一(TEAM SuP Dream Honda)と清成龍一(MORIWAKI MOTUL RACING)も参加。今回、8チームがトライアウトを申請したため、上位2台が権利を得るという狭き門に。MORIWAKI MOTUL RACINGは、前戦に引き続き、今回も清成と高橋裕紀のペアで参戦しました。

予選日は雨。肌寒い天候の中、予選が行われたのはJ-GP3のみとなりました。霧が濃くなったことで、ほかのクラスの予選は視界不良で中止となりました。そのため、決勝日のウォームアップ走行を予選へと組み替えることになりました。JSB1000のレースディスタンスは120マイルのままでしたが、ほかのクラスは、2ラップ減算の18ラップに変更されました。そして、土曜日の予選がキャンセルとなった代わりに、ライダーたちは応援に訪れたファンとの交流のためにサインや記念撮影を行いました。

日曜日、JSB1000の予選も雨となりました。転倒車がコース上に残されたことから2度も赤旗が提示されるなど荒れた展開となる中、ポールポジション(PP)を獲得したのは高橋巧。2014年のもてぎ大会以来、3度目のPP獲得となりました。山口辰也(Honda Dream Racing)は6番手、秋吉耕佑(au&Teluru・Kohara RT)は10番手。高橋裕紀/清成組は11番手、伊藤真一は13番手からのスタートとなりました。

高橋巧(#634)

こうして、120マイル52周の長く過酷な戦いが始まりました。高橋はホールショットを奪うと、オープニングラップから2番手の中須賀克行(ヤマハ)に3秒235とリードを広げる驚異的な速さを示します。2番手争いは中須賀、津田拓也(スズキ)、加賀山就臣(スズキ)、野左根航汰(ヤマハ)と続きました。2ラップ目には、加賀山が1コーナーで3番手に浮上しますが、そのまま転倒リタイアとなりました。

そんな中、高橋巧はタイムを1分37秒台に入れます。2番手につける中須賀は1分39秒台でその差は歴然。高橋巧はその差をどんどん広げていきます。8ラップ目、追い上げを図っていた山口がSPインで白線に乗り痛恨の転倒。さらに9ラップ目、清成が馬の背コーナーで転倒してしまいます。清成はコースに復帰しますが、ポジションを大きく落とすことになりました。さらに11ラップ目には、昨年のチャンピオンである中須賀が転倒リタイアとなりました。

そんな中でもトップの高橋巧は、変わらず快調なペースで周回。15ラップ目には、高橋巧は2番手の野左根に約23秒もの差を築きます。その後、セーフティカーが導入されたことで、その差は約11秒まで詰まりますが、高橋巧はペースを緩めることなく、野左根との差を再び広げていきました。25ラップ目には、その差が約22秒に。高橋巧の独走は変わらず、27ラップ目には給油のみのピットインを行うも、7秒のピットストップでトップのままコースへ復帰しました。ピットが落ち着き、高橋、野左根、濱原颯道(スズキ)、渡辺一馬(カワサキ)、浦本修充(スズキ)、藤田拓哉(ヤマハ)が続きました。高橋はトップを独走で52ラップを走りきり、2連勝のチェッカーを受けました。2位に入った野左根に、1分9秒843もの差をつける堂々の勝利でした。

伊藤は7位でフィニッシュ。トライアウトにおいては1位となり、鈴鹿8耐への参戦権を得ました。トラブルを抱えながらも健闘した秋吉は8位でチェッカー。高橋裕紀/清成組は走りきりますが、完走扱いとはなりませんでした。

コメント

高橋巧(JSB1000 優勝)
伊藤真一 「新型マシンになってから、初めてのウエットレースでしたが、予選からすんなりタイムが出て、運よくポールポジションを取ることができました。今回はドライでも自信があり、晴れてほしいと思っていましたが、雨でも序盤からトップになれました。トップに立ってからは、自分との勝負だと思いながら走りました。今回は路面コンディションにマシンもタイヤもうまく合っていたことが、優勝につながったと思います。SUGOでは優勝したことがなかったので、これで、全コースで勝つことができたこともうれしく思います。次戦のもてぎでも、連勝を更新できるように力を尽くします」

伊藤真一(JSB1000 7位)
伊藤真一「鈴鹿8時間耐久のためにできたチームなので、その参戦権を得ることが目標でした。鈴鹿2&4では得られなかったので、プレッシャーを感じていました。ただ今回はセミ耐久で、耐久レースは得意なので、コンスタントに走りきることができました。目標の権利を獲得できてホッとしています。それも、地元のSUGOでというのもよかったです。当初は予定していなかった参戦だったこともあり、多くの人が手伝いに来てくれました。感謝しています。ありがとうございました」

秋吉耕佑(JSB1000 8位)
秋吉耕佑「木曜日の走り始めから調子は悪くなかったのですが、トラブルがあり、その対策をしたいと、いろいろと試行錯誤していたのですが、解決できないままに決勝を迎えることになりました。なんとか走りきろうと奮闘してチェッカーを受けたという感じです。52ラップを、緊張感を持って集中して走りました。なんとか次戦までには解決して、納得できるレースがしたいです」

全日本ロードレース選手権 リザルト

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1634高橋巧Honda521'27'02.582
25野左根航汰ヤマハ52+1'09.843
323渡辺一馬カワサキ52+1'22.979
450濱原颯道スズキ52+1'24.480
594浦本修充スズキ52+1'25.394
69藤田拓哉ヤマハ51+1 Lap
779伊藤真一Honda51+1 Lap
8090秋吉耕佑Honda51+1 Lap
918近藤湧也ヤマハ51+1 Lap
1012津田拓也スズキ51+1 Lap
1325日浦大治朗Honda50+2 Laps
15 080渥美心Honda49+3 Laps
1742中村知雅Honda49+3 Laps
2177栗林剛Honda48+4 Laps
2452野寄真二/清水郁巳Honda42+10 Laps
72高橋裕紀/清成龍一Honda37+15 Laps
111倉山寿生Honda34+18 Laps
51鹿内新平Honda26+26 Laps
81山中正之Honda17+35 Laps
104山口辰也Honda7+45 Laps

全日本ロードレース選手権 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
1634高橋巧Honda70
223渡辺一馬カワサキ56
39藤田拓哉ヤマハ55
412津田拓也スズキ53
550濱原颯道スズキ53
6 090秋吉耕佑Honda47
739酒井大作BMW43
818近藤湧也ヤマハ41
985中冨伸一ヤマハ37
10 080渥美心Honda36
11 57日浦大治朗Honda33
16104山口辰也Honda28
18  79伊藤真一Honda24
2213関口太郎Honda17
23  57安田毅史Honda15
2442中村知雅Honda14

ランキング詳細

フォトギャラリー

高橋巧

高橋巧(#634)

高橋巧

高橋巧

高橋巧(中央)

高橋巧

伊藤真一

伊藤真一

秋吉耕佑

秋吉耕佑

秋吉耕佑

日浦大治朗

渥美心

中村知雅

栗林剛

野寄真二

高橋裕紀

清成龍一

倉山寿生

鹿内新平

山中正之

山口辰也

ニュース