MENU
HONDA
検索

Round04日本SUGO大会

LADIES 決勝

2019.07.07(日)

スポーツランドSUGO
天候:雨時々曇り
気温:18℃
コースコンディション:マディ
観客:3800人

第4戦 SUGO大会

川井麻央が2戦連続の2位入賞でランキング3番手をキープ!

LADIESクラスは、大坂やヨーロピアンセクションなどをショートカットしたコースに変更し、10分+1周に短縮して競われました。勝股七海(Team ITOMO)が、スタート直後に2番手の位置を確保。しかし勝股はそのあとの転倒で大きく遅れ、ノーポイントに終わりました。前戦勝者の竹内優菜(TEAM HAMMER ホンダ学園)は、1周目を2番手でクリア。川井麻央(T.E.SPORT)は4番手からのレースとなりました。

2周目、最終コーナーでのバトルで竹内が転倒し、13番手まで後退。一方で川井は、2番手に浮上しました。しかしこの段階で、トップの本田七海(ヤマハ)はすでに、17秒も先行。川井は必死で追い上げましたが、その差は縮まらず、川井は2位でフィニッシュしました。竹内は3周目に11番手、4周目に8番手まで順位を回復。竹内はレース後半にも2つポジションを上げ、8周のレースを6位でゴールしています。

コメント

川井麻央(LADIES・2位)川井麻央
「いろんな人たちが事前練習に連れてきてくれたのですが、なんと3回とも雨。おかげで、スポーツランドSUGOのマディコンディションをしっかり把握できました。土曜日の練習走行と予選は、楽しく乗ることができ、かなりいい走りができていると感じていたのですが、日曜朝の練習走行ではなぜかうまくマシンを操れず、少し落ち込みました。決勝までにとにかく修正しようと、コースチェックに時間を使い、タイヤ選択も最後まで悩みました。その結果、優勝できるという自信を持って決勝に臨めたのですが、スタートで少しだけ遅れて、2番手に浮上するまでに時間がかかってしまったことで、本田選手に逃げられてしまいました。次戦に向けて、自分の走りができるように気持ちを上げていきたいです」

竹内優菜(LADIES・6位)竹内優菜
「決勝では、2周目に他車と接触転倒してしまいました。実は、大会前の練習で右手の甲を骨折してしまい、スロットルを操作するのが精一杯という状況でのレースでした。ケガを言い訳にしたくないので、あくまで自分の実力不足による結果と思っていますが、マディとケガのダブルで走りづらい状況となりました。とはいえ、今回がもしもドライコンディションだったら、ジャンプの着地やギャップの通過に耐えられず、もっと順位を落としていたかもしれないので、そういう意味では15点を獲得できたことはラッキーだったのかもしれません。ライバルたちもポイントを取りこぼすレースは必ずあると思うので、チャンピオンをあきらめることなく次戦から立て直していきます」

リザルト

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
16本田七海ヤマハ812'48.082
22川井麻央Honda8+00'21.083
35久保まなハスクバーナ8+00'44.671
418雨宮舞美カワサキ8+01'01.797
514神田橋芽カワサキ8+01'02.480
64竹内優菜Honda8+01'06.576
721井川実乃里スズキ8+01'13.000
833阿部華帆ヤマハ8+01'42.895
942木下宙ヤマハ8+02'03.317
1034箕浦未夢ヤマハ7+1Lap
 
1224水野直子Honda7+1Lap
1510小野彩葉Honda7+1Lap
1636石井那奈Honda7+1Lap
237勝股七海Honda7+1Lap
2458鑓水よう子Honda7+1Lap
2552山崎琴乃Honda7+1Lap
2639菱田奈恵Honda6+2Laps

ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
16本田七海ヤマハ 90
2 5 久保まな ハスクバーナ 83
3 2 川井麻央 Honda 82
44竹内優菜Honda 80
5 18 雨宮舞美 カワサキ 59
610小野彩葉Honda 55
7 14 神田橋芽 カワサキ 51
8 21 井川実乃里 スズキ 45
97勝股七海Honda 40
1011半田こはくカワサキ 40
         
1424水野直子Honda 25
22 36 石井那奈 Honda 5
2419清水夕稀Honda3

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース