MENU

HONDA

検索

Round08日本近畿大会

IA1 決勝

2018年9月9日(日)

名阪スポーツランド(奈良県)

天候:曇り時々晴れ

気温:28度

コースコンディション:マディ、ドライ

観客:4,594人

 

Team HRCの成田亮と山本鯨が、ふたつの勝利を分け合う

台風21号の近畿地方直撃からわずか数日後でしたが、名阪スポーツランドでは全日本モトクロス第8戦が滞りなく開催されました。コースコンディションはマディからドライへと回復に向かうパターンでしたが、随所に深く重たいセメントのようなサンドが残り、徐々に乾いていった走行ラインを外すと、転倒やスタックが多発するサバイバルレースとなりました。

●ヒート1
スタート直後、Team HRCの成田亮と山本鯨は共に好スタートを決めると、レースの主導権を駆けて激しいバトル。まずは成田が先行し、山本が約2.5秒差の2番手で続きました。山本から5秒ほど遅れて、田中雅己(TEAM ナカキホンダ)が1周目を3番手でクリア。しかし田中は2周目以降に順位を下げ、13位に終わりました。

3周目の段階で、成田と山本は3番手以下を約15秒も引き離し、早くもマッチレースの様相。両者は激しいバトルを繰り広げると、4周目には山本が成田をパスしてトップに浮上しました。しかし直後の5周目に山本が転倒を喫し、これで再び成田がトップ、山本が約2秒差の2番手という状態に戻りました。

ここから、トップ争いは神経戦に。しばらく約2秒差の緊迫した展開が続きましたが、10周目に山本がミスしてその差は約6秒まで拡大。11周目と12周目に今度は成田がタイムを落とし、差は約1秒に詰まりました。しかし終盤に持ち直した成田がペースを上げて少しリードを拡大すると、最後は山本がペースダウン。17周のレースは、成田の優勝、山本の2位という結果となりました。

●ヒート2
田中のホールショットでレースがスタート。星野優位(ヤマハ)、新井宏彰(カワサキ)、山本、成田が続くと、1周目を星野、田中、成田、ハドリー・ナイト(KTM)、山本の順でクリアしました。2周目、成田は田中を抜いて2番手に浮上。田中とナイトと山本は僅差の3番手争いを繰り広げると、3周目には山本が3番手集団の先頭に立ちました。

4周目から5周目にかけて、成田は前を走る星野との距離を徐々に詰めると、6周目にペースをさらに上げ、コーナーで星野のインを突いて逆転に成功しました。この周、成田は星野から約2秒のリードを奪い、山本は星野の約2.5秒後方を走行。次周に今度は山本が星野に接近して、2周後の9周目に山本が星野を抜きました。

これでヒート1に続いてTeam HRCによるワン・ツー態勢が確立されると、山本は約5秒先行していた成田の追撃を開始しました。そして11周目から、接近戦がスタート。12周目に成田が転倒して、山本がトップに浮上しました。2番手で復帰した成田は、ハイペースで周回を重ねて山本に再接近。しかし山本が1.5秒差以内に成田を近づけさせず、山本が優勝、成田が2位となりました。

コメント

山本鯨(IA1・2位/優勝)
山本鯨「ヒート1は、成田選手とトップ争いする中で、何としても早い段階で前に出ておきたいと感じてレース序盤に仕掛けたのですが、その後に自分のリズムを整え切ることができず、逆に成田選手の強さと走りが噛み合っている状態でした。とはいえ、自分が弱い走りをしたということではなく、ヒート2に向けてさまざまなラインを試し、成田選手を追いながらその走り研究しました。最後はスローダウンしましたが、これもヒート2に向けて力を温存するという、両ヒートを考えての組み立てでした。体力不足で情けない走りになったように見えたかもしれませんが、ヒート2でしっかり結果を残したことで、ファンの皆さんには許してもらいたいです。それから、ヒート2の序盤で新井選手と接触してしまい、申し訳なく思っています」

成田亮(IA1・優勝/2位)
成田亮「今日は山本選手が速く、こちらも気持ちで負けないよう懸命に走りました。ヒート1は、レース前半こそ身体の動きが硬かったのですが、終盤にかけて状態がよくなり、逃げきることができました。ヒート2は、ゴーグルのロールオフ機能が使えなくなってしまったことで、終盤での勝負に持ち込めなかったということもあるのですが、実力で負けたと感じています。チャンピオン争いに対しては特に何も意識しておらず、とにかく最終戦も一生懸命走るだけ。今大会直前に北海道で大きな地震があり、その前には台風や豪雨で西日本など広い範囲に被害があり、日本各地で多くの方々が被災されました。そのような方々に少しでも希望や勇気を感じてもらえるよう、力強く走りたいと思っています」

芹沢勝樹(Team HRC監督)
「IA1では、チームメートで勝利を分けました。山本は、このインターバルに掲げた課題をテストで着実に克服すると同時に、個人としても乗り込みを続けてきました。ヒート2ではその成果が優勝という結果に結びつき、本人も安心したと思います。成田は、ケガの影響が残る状態にありながら、インターバルには精力的に練習を重ねていました。よくここまでの状態に仕上げてくれたと思っています。両ヒートともワン・ツー・フィニッシュで、ランキングではライバルを引き離すことができました。最終戦もチームメート同士のバトルになるかもしれませんが、よいレースをしてほしいと期待しています。IA2の能塚は、事前段階では非常に調子がよかったのですが、リザルトにはつながりませんでした。しかしライバルたちもポイントを取りこぼしたことで、ラッキーなことにランキングトップへ浮上しました。最終戦ではチャンピオンを意識せず、勝ちにこだわってほしいと思います」

リザルト

ヒート1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1982成田亮Honda1733'22.326
21山本鯨Honda17+00'37.687
3331新井宏彰カワサキ17+00'39.135
47深谷広一スズキ17+00'45.280
530岡野聖ヤマハ17+01'06.309
62小方誠カワサキ17+01'17.900
78星野裕カワサキ17+01'32.405
8166星野優位ヤマハ17+01'36.807
944小島庸平Honda17+01'37.721
10777H.ナイトKTM17+01'44.088
1219馬場大貴Honda16+1Lap
13113田中雅己Honda16+1Lap
1775道脇白龍Honda15+2Laps
15小野千成Honda0DNF

ヒート2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11山本鯨Honda1833'44.200
2982成田亮Honda18+00'08.144
3166星野優位ヤマハ18+00'31.407
4777H.ナイトKTM18+00'47.452
5793池谷優太KTM18+01'05.507
67深谷広一スズキ18+01'07.872
78星野裕カワサキ18+01'10.342
8113田中雅己Honda18+01'14.675
92小方誠カワサキ18+01'24.989
10331新井宏彰カワサキ18+01'38.829
1215小野千成Honda17+1Lap
1419馬場大貴Honda17+1Lap
1544小島庸平Honda17+1Lap
1875道脇白龍Honda16+2Laps

ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
11山本鯨Honda301
2982成田亮Honda292
32小方誠カワサキ263
4331新井宏彰カワサキ250
5166星野優位ヤマハ200
68星野裕カワサキ181
744小島庸平Honda173
830岡野聖ヤマハ148
9113田中雅己Honda143
10793池谷優太KTM140
11155大塚豪太Honda127
1419馬場大貴Honda100
1715小野千成Honda65
2014長門健一Honda46
2175道脇白龍Honda32

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース