MENU

HONDA

検索

Round06日本東北大会

IA1 決勝

2018年7月22日(日)

藤沢スポーツランド(岩手県)

天候:晴れ
気温:33℃
コースコンディション:ドライ
観客:3700人

Team HRCの山本鯨が2戦連続の両ヒート制覇でランキングトップに

平成30年7月豪雨の影響により、第7戦中国大会が中止されることになったため、重要度が増してきた第6戦東北大会が、藤沢スポーツランドで開催されました。盛夏の祭典として位置付けられる当大会ですが、全国的な猛暑への対応として、レース時間短縮(IA=25分+1周、IB=15分+1周、レディス=10分+1周)、ウイニングラン中止などの安全に配慮したタイムスケジュールが採用されました。

●ヒート1
ホールショットの田中雅己(TEAM ナカキホンダ)に、山本鯨(Team HRC)と大塚豪太(T.E.SPORT SHOWA)が続きましたが、大塚は2コーナーでクラッシュして負傷リタイア。山本が田中を抜き、1周目は山本、田中、岡野聖(ヤマハ)、星野優位(ヤマハ)、成田亮(Team HRC)、小島庸平(Bells Racing with MORIWAKI)のオーダーとなりました。

2周目、成田が星野と岡野を抜いて3番手に浮上。最初の周に2秒以上のリードを奪っていたトップの山本は、2周目以降に1周約1秒のペースでアドバンテージを拡大していきました。前戦で足を負傷した影響が残る成田は、それでも懸命な走りで2番手の田中を2~3秒差でマーク。小島は、6周目に星野を抜いて5番手に浮上しました。

8周目の段階で、トップ山本のリードは約6秒。2番手の田中を約4秒差で成田が追い、岡野と小島が肉薄しました。次周、3台による3番手争いで小島が順位を2つ上げると、抜かれた成田はペースダウン。逆に小島は追い上げを続け、11周目に田中を逆転しました。そしてレースは15周でチェッカーとなり、最後までリードを守った山本が勝利し、小島が今季最高位となる2位、最終ラップに逆転を許した田中が4位、成田が7位となりました。

●ヒート2
ヒート1に続いて田中のホールショットでレースがスタート。山本と成田がこれに続くと、オープニングラップで山本がトップに立ち、成田も田中を抜いて2番手に順位を上げました。小島は出遅れ、1周目は9番手。2周目、田中は小方誠(カワサキ)と岡野の先行を許しました。レース序盤、山本を先頭としたトップグループは、やや縦に長い状態となりました。

4周目、8番手まで後退していた田中がクラッシュして負傷リタイア。この周まで、2番手の成田は3秒ほどの差でトップの山本をマークし続けていましたが、次周から大きくペースを落とし、これで山本のリードが拡大しました。そして7周目、成田は小方の先行を許して3番手に後退。この段階で、山本のアドバンテージは約6秒になっていました。

レース後半、成田は徐々にポジションダウン。5周目から6番手を走行していた小島は、10周目にこの成田と岡野の2台を抜き、4番手に浮上しました。終盤、山本は約6秒のリードをほぼそのままキープ。最後は後続との距離を確認してややペースを落とし、余裕のトップチェッカーを受けました。小島は4位でフィニッシュし、成田は9位に終わりました。

コメント

山本鯨(IA1・優勝/優勝)
山本鯨「予選は7番手という結果でしたが、これは決勝を見据えてさまざまなことにトライしていたため。そして決勝までの間に、チームが一丸となって勝利をつかむための努力をしてくれました。両ヒートとも序盤からトップを走っていましたが、気温がかなり高くてとてもキツいレースでした。日本が豪雨被害で苦しんでいるときに、少しでも強さを見せられたのであれば、とても光栄なことだと思います。第7戦の中国大会がその豪雨の影響で残念ながら中止となってしまいましたが、残り2戦でそれをカバーできるくらいの熱いレースをして、応援してくれている方々に楽しんでもらいたいと思っています。次戦は、自分が現在の拠点としている奈良県にある名阪スポーツランドが舞台なので、絶対に勝利するという気持ちで臨みたいと思います」

成田亮(IA1・7位/9位)
成田亮「前戦の決勝で右足を負傷し、その後の検査で骨折が判明しました。すぐに手術して、ずっと安静にしていました。レースウイークまでの間にほとんどバイクに乗れず、乗っても痛みで10分も走れないような状況だったのですが、なにもせずに欠場を決めるよりは、とにかくスタートラインに並び、できるだけのことをしようと考えました。決勝に関する作戦はなく、とにかく痛みとの戦いということだけ。結論から言うと、ヒート1は痛くて途中からペースダウン。ヒート2は、しばらくバイクに乗っていなかったことから手のひらの皮が剥けてしまい、どうすることもできませんでした。思っていたよりも成績が悪かったのは、自分の気持ちが弱かったせいかもと感じていますが、転ばずに終われたというのが救いだと思います」

小島庸平(IA1・2位/4位)
小島庸平「今季からマシンをHondaにスイッチして、地元となる三重県鈴鹿市でプライベートチームを立ち上げました。大型商業施設やモリワキエンジニアリング、さらに鈴鹿市などの協力を得て、マシンは鈴鹿製作所や鈴鹿サーキットなどで縁のあるHondaと、鈴鹿カラーをまとったチームです。ファクトリーチームとは大きく異なる環境で、Hondaのマシンに関する経験やデータが自分に全くない状態からのスタートだったので、シーズン序盤はそれほどよいリザルトを残せずにいましたが、自分もチームも一歩ずつ着実に進歩してきた結果、まずは目標の一つだった表彰台登壇が実現できました。一番大きな目標は、今シーズン中に1勝。それに向けて、努力を続けていきます」

芹沢勝樹|Team HRC監督
「IA1では、山本が2戦連続で両ヒート優勝を達成することができました。前戦からのインターバルに、さまざまな課題をクリアするためにテストを多く重ねてきました。その成果が、リザルトに結びついたと思っています。成田に関しては、前戦で負傷し、身体のコンディションが非常に厳しい状態でしたので、チームとしてはノーポイントに近い状態もあり得ると覚悟していました。そういう状況にあって、しっかり両ヒートでポイントを獲得できたことは悪くなかったと思います。それ以上に、どちらのヒートも序盤は上位で走れていたことから、ケガの状態さえよくなればまたトップ争いができるという確信も得られました。IA2の能塚は、山本と一緒にテストを続けてきたのですが、その成果を発揮できませんでした。レース序盤から実力通りの走りができるようになるというのが、能塚が掲げている課題。次戦までのインターバルで、改善したいと考えています」

リザルト

ヒート1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11山本鯨Honda1528'27.445
244小島庸平Honda15+00'03.602
32小方誠カワサキ15+00'05.299
4113田中雅己Honda15+00'06.545
530岡野聖ヤマハ15+00'17.401
67深谷広一スズキ15+00'23.779
7982成田亮Honda15+00'25.495
8166星野優位ヤマハ15+00'26.362
98星野裕カワサキ15+00'27.080
10793池谷優太KTM15+00'31.294
 
1215小野千成Honda15+01'00.047
1319馬場大貴Honda15+01'00.240
1875道脇白龍Honda14+1Lap
RT155大塚豪太Honda0DNF

ヒート2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
11山本鯨Honda1528'41.350
22小方誠カワサキ15+00'03.540
3331新井宏彰カワサキ15+00'11.720
444小島庸平Honda15+00'21.927
530岡野聖ヤマハ15+00'23.684
67深谷広一スズキ15+00'26.835
7166星野優位ヤマハ15+00'29.703
88星野裕カワサキ15+00'34.268
9982成田亮Honda15+00'49.354
10793池谷優太KTM15+01'11.321
1119馬場大貴Honda15+01'12.689
 
1415小野千成Honda15+01'29.386
1875道脇白龍Honda14+1Lap
RT113田中雅己Honda3DNF

ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
11山本鯨Honda254
2982成田亮Honda245
32小方誠カワサキ236
4331新井宏彰カワサキ219
5166星野優位ヤマハ167
644小島庸平Honda155
78星野裕カワサキ153
8155大塚豪太Honda127
9113田中雅己Honda122
1030岡野聖ヤマハ122
1419馬場大貴Honda84
1815小野千成Honda56
2014長門健一Honda46
2175道脇白龍Honda25

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース