MENU

HONDA

検索

Round03日本SUGO大会

IA1 決勝

2018年5月13日(日)

スポーツランドSUGO(宮城県)

天候:曇り

気温:18℃

コースコンディション:ドライ

観客:3700人

 

ヒート2で成田亮が今季4勝目を挙げ、総合優勝も獲得

全日本モトクロス選手権のカレンダーには、今大会を含め隔週で3戦が組まれており、前半戦の流れを左右する重要な局面を迎えています。スポーツランドSUGOは、自然の地形であるアップダウンに各種ジャンプとコーナーが加えられたテクニカルなコース。昨年に続いて観客席の増設やレイアウトのリニューアルも実施され、よりエキサイティングな競り合いが楽しめるモトクロス場へと進化を遂げました。

開幕以来好調さをキープしているTeam HRCは、成田亮(IA1/ランキング首位)、山本鯨(IA1/ランキング3位)、能塚智寛(IA2/ランキング2位)がこの新コースで事前に走り込みを行い、万全の態勢で今大会に臨みました。

ヒート1では、成田が好スタートを決めるも、1コーナーで小方誠(カワサキ)とポジションを争った際に行き場を失って出遅れ、1周目を9番手でクリア。チームメートの山本は、大混戦となった1周目に順位を上げて4番手。次周に池谷優太(KTM)を抜くと、2番手の小方を追いかけます。この周に成田は4台を次々にパスして、5番手に浮上しました。

3周目、トップの新井宏彰(カワサキ)と2番手の小方が接近戦を開始します。山本は、小方の3秒ほど後方でこの2台をマーク。一方、山本から数秒遅れて4番手を走る星野優位(ヤマハ)の背後には、成田が近づいていきます。5周目には、成田が星野の攻略に成功。トップ争いでは小方が先行し、山本までの3台が縦に長い集団となってバトルを展開しました。

すると7周目に、山本が新井を抜いて2番手に浮上。さらに次周、成田も新井をパスしました。レース後半、成田は山本との距離を詰めると、11周目に逆転。しかしこの段階で、トップの小方との差は6秒ほどに拡大していました。終盤、成田と山本は僅差の2番手争いを展開。しかしラストラップを迎える直前の15周目、最終コーナーで山本が痛恨の転倒を喫し、結果、成田が2位、山本が3位となりました。

ヒート2では、新井、山本、ヒート1では6位となった小島庸平(Bells Racing with MORIWAKI)が好スタート。成田は再びやや出遅れ、1周目を6番手でクリアしました。2周目、小島は5番手に後退したことで、山本がトップと約3秒差の2番手となり、直前に1台をパスしていた成田は4番手に順位を上げ、すぐ前を走る星野に迫りました。3周目には、山本が大きくバランスを崩し、6~7秒のタイムロス。これにより5番手を走る小島の直前となる4番手に後退しました。

一方、成田は星野の攻略に成功すると、6秒以上も先行するトップの新井を追い始めます。ここから2周ほどの間、新井と成田の距離はほとんど変化しませんでしたが、6周目以降に新井のペースが落ち、成田が接近。8周目の中間付近で、成田が逆転しました。8周目と9周目に軽いミスを喫して遅れていた山本は、小島を振りきり、3番手を走る星野に再度、迫ります。そしてラスト3周となった14周目、それまで幾度となくパッシングを試みてきた山本が、ついに星野をパスします。レース終盤には、独走状態を築いた成田が、ラストではペースを大きく落とし、余裕のトップチェッカーを受けました。山本は3位でフィニッシュ。小島が5位に入賞しました。

コメント

成田亮(IA1・2位/優勝)成田亮
「ヒート1は、大混戦となったスタート直後の1コーナーで他車に突っ込まれ、大きく遅れてしまいました。実はこのとき、相手のマシンが自分のブーツに当たり、バックルが壊れていました。ブーツが緩いのもそうですが、押さえていないのでライディングパンツまでずり下がってきて、非常に走りづらい状況。そういう中で、それでも2位に入れたことはよかったと思います。ヒート2も、自分としてはややスタートに失敗してしまいました。スタート進行が思っていたよりもスローで、早めにゴーグルを装着してしまったら、中が曇ってしまった影響です。ちょうど雨が降ってきて湿度も高くなっていたので。でも、当然ながらブーツもパンツもしっかりフィットしていたので、今回はトップまでたどり着けると信じていました」

山本鯨(IA1・3位/3位)山本鯨
「ヒート1は、成田選手と2番手争いを繰り広げていた終盤に、自分のミスで転倒してしまいました。開幕からずっと噛み合っていない部分が少し出てしまったのですが、とはいえ自分の中では悪いレースではなかったし、今後につながるレースだと思っています。ヒート2は、序盤にトップの新井選手をマークしていたのですが、3周目に2度、転びかけました。どちらもこれは大クラッシュしたと自分で思うような状況でしたが、運よく立て直すことができました。しかしこのときに、腹部を強打してしばらくは息ができず、ペースを落としました。そのあとは少しずつリズムを取り戻せたのですが、星野選手とバトルしている最中に再び腹痛に襲われました。でも、最初より悪くなっていく感じもなかったので、最後はシリーズランキングのことを考えて攻めました」

芹沢勝樹(Team HRC監督)
「リザルトとしては、両クラスで総合優勝を獲得することができ、この点では少し安心しました。このコースでの事前テストに加えて、各ライダーがゴールデンウイーク中に乗り込みを続けてきたのですが、その成果が表れたと感じています。IA1では、ヒート1で成田と山本がともにやや出遅れてしまいました。前戦もそうでしたが、スタートそのものはよくても、1~2コーナーでの処理に課題があると感じたので、ヒート2に向けて、レースの流れを全体的に組み立てるように指示しました。ヒート2も、完ぺきな出来栄えではなかったのですが、少し改善できたと思います」

リザルト

ヒート1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
12小方誠カワサキ1632'47.301
2982成田亮Honda16+00'17.343
31山本鯨Honda16+00'22.276
4331新井宏彰カワサキ16+00'22.994
5166星野優位ヤマハ16+00'35.239
644小島庸平Honda16+00'42.435
78星野裕カワサキ16+00'42.540
830岡野聖ヤマハ16+01'04.977
9155大塚豪太Honda16+01'08.133
10777H.ナイトKTM16+01'28.344
1214長門健一Honda16+01'35.331
13113田中雅己Honda16+01'53.742
1519馬場大貴Honda15+1Lap
1815小野千成Honda15+1Lap
2175道脇白龍Honda15+1Lap

ヒート2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1982成田亮Honda1633'12.413
2331新井宏彰カワサキ16+00'01.600
31山本鯨Honda16+00'19.545
4166星野優位ヤマハ16+00'22.053
544小島庸平Honda16+00'25.581
6155大塚豪太Honda16+00'28.142
78星野裕カワサキ16+00'40.121
830岡野聖ヤマハ16+00'50.487
92小方誠カワサキ16+01'08.165
1035池本凌汰スズキ16+01'14.908
1319馬場大貴Honda15+1Lap
1415小野千成Honda15+1Lap
1714長門健一Honda15+1Lap
18113田中雅己Honda15+1Lap
1975道脇白龍Honda15+1Lap

ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
1982成田亮Honda138
2331新井宏彰カワサキ125
31山本鯨Honda114
4166星野優位ヤマハ106
52小方誠カワサキ103
6155大塚豪太Honda78
744小島庸平Honda70
830岡野聖ヤマハ69
98星野裕カワサキ69
1035池本凌汰スズキ66
12113田中雅己Honda53
1514長門健一Honda39
1619馬場大貴Honda36
1915小野千成Honda23
2175道脇白龍Honda6

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース