MENU

HONDA

検索
Americas 

Malaysia

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 4th 2nd 3rd 1st 1st - -
ダニ・ペドロサ 1st 3rd 1st 2nd 2nd - -
Report
マルケスが今季13度目のポールポジションを獲得
ペドロサが2番手と、Repsol Honda Teamが1-2グリッドとなる

10月25日(土)、第17戦マレーシアGPの予選は、2年連続でライダーズタイトルを獲得しているマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、昨年の大会で自身がマークした2分00秒011をブレイク。1分59秒791のサーキットベストタイムで、今季13度目のポールポジション(PP)を獲得しました。前戦オーストラリアGPで、マルケスは12度目のPPを獲得。ミック・ドゥーハン(1997年)、そしてケーシー・ストーナー(2011年)がマークした、シーズン12度の最多PP記録に並びました。今大会は、新記録樹立に期待が寄せられていましたが、その期待に見事に応える快走でした。

3回目のフリー走行では、マルケスはセットアップにやや手こずって3番手でした。その後、予選前に行われた4回目のフリー走行では転倒を喫しましたが、転倒後にセットアップが進んだというマルケスは、そのセッションでトップタイムをマーク。続く予選では、真っ先に1分59秒台をマークする快走を披露しました。この日は最高気温が35℃という猛暑。その中でスーパーラップを叩き出し、ライバルたちを圧倒する格好でした。

そのマルケスに続いたのが、過去2年、マレーシアGPで2連覇しているダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)でした。3回目のフリー走行ではハイアベレージでラップを刻んでトップタイムをマークし、大会3連覇に向けて大きく前進。予選では、マルケスのタイムにわずかに届きませんでしたが、マルケスに続いて1分59秒台に入れるすばらしい走りで、Repsol Honda Teamは今季4度目の1-2グリッドとなりました。

Comment

マルク・マルケス(MotoGP ポールポジション)
「今日は気温がとても高く、タイムを出すのが難しいコンディションでした。しかし、ポールポジションを獲得できてとてもうれしいです。タイムは期待以上でした。今日はセットアップが大きく進み、とても満足しています。明日のレースがドライになることを願っています。今大会はダニがとても強く、優勝候補の筆頭だと思います。すばらしいペースで走っているので、明日の決勝は、オープニングラップから彼と戦えるように準備したいです。今回は13度目のポールポジション獲得となり、シーズン最多記録を更新できてうれしいです。ポールポジションを獲得しても、ポイントが加算されるわけではないので、それほど重要なことではないのかもしれません。一周の速さで争われるものですし、レースで1番になれるという意味でもありません。すばらしい記録を達成できましたが、明日の決勝でしっかり結果を残せるようにがんばります」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 2番手)
「いい予選セッションになりました。すばらしいタイムを出せました。今日の気温においては、通常は出せるタイムではなかったと思います。タイヤのグリップはそれほどありませんでした。明日の決勝は、いい結果を出したいです。過去の2レースがあまりいい結果ではなかったです。今回はいいレースができるようにがんばります。また、チャンピオンシップで2位を獲得するためにも、いいリザルトが必要です。明日は、雨が降っても晴れても、100%でプッシュするつもりです」

Release

2014.10.25
Marquez take 50th career pole and new Sepang record with Dani in secondRepsol Honda’s Marc Marquez and Dani Pedrosa have qualified first and second for tomorrow’s Malaysian GP, their fourth 1-2 of the 2014 season.

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信