MENU

HONDA

検索
Argentina 

Argentina

Result
  FP1 FP2 FP3 FP4 QP Race Standing
マルク・マルケス 14th 1st - - - - -
ダニ・ペドロサ 16th 2nd - - - - -
Report
初開催のアウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンドでRepsol Honda Teamが好スタート。マルケス首位、ペドロサが2番手と続く

第3戦アルゼンチンGPのフリー走行は、開幕2連勝中のマルク・マルケス(Repsol Honda Team)がトップタイムをマーク。3連勝に向けて好スタートを切りました。午前中1回目の走行では、セッション序盤にトップタイムをマークしましたが、同じタイヤを使い続けたことでタイムを更新できず、14番手まで後退。午後の走行では、ニュータイヤを装着して約6秒タイムを短縮し、トップに浮上しました。

チームメートのダニ・ペドロサも、1回目の走行は16番手でしたが、午後の走行では約5秒タイムを短縮して2番手に浮上。前戦アメリカズGPに続いて、Repsol Honda Teamの1-2フィニッシュへの期待がふくらみました。

グランプリ初開催となったアウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド。午前中のセッションは路面が汚れていてタイムも伸びませんでしたが、路面コンディションがよくなるにつれて、タイムは大幅に向上しました。2日目はさらなるタイム短縮が予想されます。

Comment

マルク・マルケス(MotoGP 1番手)
「おもしろい一日でした。新しいサーキットでの初走行だったので、それぞれのコーナーや、サーキットの秘密を探っているうちに、あっという間にセッションが終わりました。もしかしたら、最初のセッションが初日の結果につながったのかもしれません。タイムを犠牲にして、ずっと同じタイヤで走っていました。そのおかげで今週末に向けて、だいぶんタイヤが残っています。午後は路面コンディションがかなりよくなり、通常のプラクティスセッションの走りに近づくことができましたし、タイヤの耐久性もよくなりました。この調子で明日以降も前進できると思います。初日の進み具合とベースには満足しています。引き続きがんばって、明日はもっとタイムを上げたいと思います」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 2番手)
「初日はドライコンディションで走ることができたので、全体的にいい一日でした。午前中のアスファルトは非常に汚れていて、タイヤがすぐにダメになってしまったので、あまり進展はありませんでした。午後は少しよくなり、タイムを出したり、いろいろなことにトライすることができたので、より安定して走れるようになりました。明日に向けてデータも集められました」

Release

2014.04.25
Repsol Honda duo find their rhythm in Argentina to finish 1-2 in FP2 After a busy morning on a dirty track, Marc Marquez and Dani Pedrosa have made significant progress in this afternoon’s FP2 session, finishing first and second.

PRESS RELEASE プレス向けニュース配信