MENU
HONDA
検索
Formula 1 Honda Racing
モータースポーツ > F1世界選手権 > 第1戦 バーレーンGP プレビュー 
グランプリ情報 プレビュー 1日目フリー走行 予選 決勝 フォトギャラリー
2006.03.12 Rd.01 バーレーンGP
スケジュール
Rd. Date
01 3/12
バーレーンGP
02 3/19
マレーシアGP
03 4/2
オーストラリアGP
04 4/23
サンマリノGP
05 5/7
ヨーロッパGP
06 5/14
スペインGP
07 5/28
モナコGP
08 6/11
イギリスGP
09 6/25
カナダGP
10 7/2
アメリカGP
11 7/16
フランスGP
12 7/30
ドイツGP
13 8/6
ハンガリーGP
14 8/27
トルコGP
15 9/10
イタリアGP
16 10/1
中国GP
17 10/8
日本GP
18 10/22
ブラジルGP
第1戦 バーレーンGP
第1戦 バーレーンGPプレビュー
2006年3月7日(火)

 Honda Racing F1 Teamは今週末、Hondaワークスとして初めてのグランプリを戦う。舞台は2006年F1世界選手権の開幕戦が行なわれる、中東バーレーンである。

 例年ならオーストラリアGPがシーズンの幕開けとなるところだが、今年はメルボルンでコモンウェルス・ゲームズが開催されるため、変則的なスケジュールとなった。

 バーレーン・サキールに位置するインターナショナル・サーキットは、難易度の高いコースである。冬のテストで培ってきた各チームの真価が、いよいよここで試されることになる。カーナンバー11のルーベンス・バリチェロ、ナンバー12のジェンソン・バトンという組み合わせで戦う初めてのレース。そして今年は2004年のように、第3ドライバーのアンソニー・デビッドソンが、初日金曜日に素晴らしい仕事をしてくれるだろう。

 チームはこの冬、RA106とコンセプトカーで、スペインのバルセロナ、ヘレス、バレンシア、そしてここバーレーンとテストを重ね、実に27000km以上もの距離を走破した。新車RA106だけでも、1月25日のコースデビュー以来、14700kmを走り、極めて高いレベルの性能と信頼性を発揮してきた。

コメント

ルーベンス・バリチェロ
「Honda Racing F1 Teamの一員としてレースできることに、今は心底興奮しているよ。年初にチームに合流して以来、連日のようにテストをこなし、エンジニアたちといっしょにハードワークを重ねてきた。これまでに走った距離は、信じられないほどだ。そのおかげで素晴らしい信頼性と周回ペースを、手に入れることができた。中でも僕にとって一番重要だったのは、先月ここバーレーンでおこなったテストだった。開幕戦にきわめて近いコンディションを体験できたし、そこでクルマのセットアップを試し、多くの距離を走り込めた。個人的にも、心身ともに最高の調整になったよ。チームのみんなともすっかり仲良くなって、家族同然さ。シーズン最初のレースが待ち遠しくてならないし、必ず僕らは強さを発揮できるはずだ」

ジェンソン・バトン
「冬のテストは、終始とてもうまく行った。RA106は最初から速く、信頼性も高かった。おかげで十分に走り込めて、初期段階からいいペースでクルマを煮詰めていくことができたんだ。この冬は、今まで経験したことがないほどテストに集中した。その間に走った距離を見てもらうだけでも、充実ぶりがわかると思う。僕自身、例年以上にトレーニングに精を出したから、肉体的にも精神的にも絶好調さ。バーレーンは素晴らしいサーキットだし、ここを走るのは大好きだ。いくつか抜き場所もあるから、レースはいつも白熱した展開になる。高速区間も、走ってて本当に楽しい。2月のバーレーンテストは、僕らに大きなアドバンテージになるはずだ。ミシュラン勢で事前にここを走ったのはわれわれだけだったし、暑いコンディションでマシンやエンジンを十分に走らせられたからね。ここがライバルたちとの実力差を計る、初めての機会になる。とはいえわれわれのパッケージは、十分に強力なはずだ。最初から優勝を狙えたら、最高だね」

ジル・ド・フェラン Honda Racing F1 Teamスポーティング・ディレクター
「様々な数字が物語るように、この冬のテストは実に有意義なものだった。中でもバーレーンの4日間のテストは、特に今回の開幕戦に有利になるはずだ。この週末が、先月のようなコンディションになることを期待してるよ。RA106で走った3人のドライバーは、いずれも素晴らしい速さを見せてくれた。ライバルたちに対して、どれだけの戦いができるか。バーレーンでの開幕戦が、本当に待ちきれないね」

中本修平 Honda Racing F1 Team マネジメントボード、ホンダ・レーシング・ディベロップメント (HRD) エンジニアリング・ディレクター
「この週末いよいよ、他チームと比較したわれわれの真の実力がわかるかと思うと、胸がわくわくします。Hondaのフルワークスチームとしてグランプリを戦うのは、ほぼ40年ぶりのことになります。冬のテストがよかっただけに、素晴らしい結果を残したいですね」

サーキット情報

バーレーン・インターナショナル・サーキット(1周5.417km、レース57周)

 総工費1億5000万ドルをかけたバーレーン・インターナショナル・サーキットが、同国南部サキールに完成したのは、2004年。同年、中東で初めてのGPが開催された。サーキット開発はバーレーン政府が引き受け、モータースポーツに理解の深いアル・カリファ王子も、全面的なバックアップを惜しまなかった。

 サーキットの諸設備は、実に充実している。敷地内には、2.5kmオーバルや1.2kmのドラッグコースを含む、5つのコースが入っている。その中心となるGPサーキットは、全長5.417km。時計回りのコースで、ピット前ストレートは1kmの長さを誇る。全部で12あるコーナーは低速から高速までほどよく配され、さらに18メートルの高低差を作って、レイアウトに変化を付けている。高い気温は、マシンとドライバー双方に高い負荷を与える。中東ゆえに湿度は低いものの、路面温度は屈指の高さとなる。

 
ページの先頭へ