MENU

HONDA

検索
Formula 1
モータースポーツ > F1世界選手権 > 第9戦 アメリカGP 決勝
レース
アメリカ 第9戦 6月19日
アメリカGP
グランプリ情報 プレビュー
フリー走行 予選 決勝 フォトギャラリー
リザルト ポイント
グランプリ情報
Rd. Date
01 3/6 オーストラリアGP
02 3/20 マレーシアGP
03 4/3 バーレーンGP
04 4/24 サンマリノGP
05 5/8 スペインGP
06 5/22 モナコGP
07 5/29 ヨーロッパGP
08 6/12 カナダGP
09 6/19 アメリカGP
10 7/3 フランスGP
11 7/10 イギリスGP
12 7/24 ドイツGP
13 7/31 ハンガリーGP
14 8/21 トルコGP
15 9/4 イタリアGP
16 9/11 ベルギーGP
17 9/25 ブラジルGP
18 10/9 日本GP
19 10/16 中国GP
F1アメリカGP ミシュランタイヤユーザー7チームによる合同声明
2005年6月19日

 2005年6月19日のF1アメリカGP(インディアナポリス・モータースピードウェイ)決勝レースにおいて、ミシュランタイヤを使用している7チーム(B・A・R Honda、McLaren Mercedes、RedBull Cosworth、Renault、Sauber Petronas、Toyota、Williams BMW)の合同により、下記声明が発表された。

 我々ミシュランタイヤユーザーの7チームは、本日のような措置を取らざるを得なかったことを遺憾に思い、スタンドやテレビで観戦していたみなさま、ファンのみなさま、ならびにスポンサーの方々すべてに対し、本日のアメリカGPに参戦できなかったことを深くお詫び申し上げます。

 金曜日午前中のラルフ・シューマッハ選手に発生したアクシデントを受け、ミシュランより、13コーナーでのスピードを規制し減速させない限りレースでタイヤの安全性が確保できるとは断定し難く、いずれのチームにもタイヤの提供は一切できないとする示唆が出されました。

 各チームは、ミシュランの高い技能と企業の信頼性を認めており、ミシュランからの書面による示唆を受け、サーキットコースに関する条件の変更が承諾されない限りレース参戦を見合わせることとしました。

 日曜日朝6時半にミシュランから最終データが報告され、ミシュランタイヤがドライバーの安全性を確保することが難しいことが明らかになりました。安全性の問題解決のための会議と議論が幾度も重ねられ、レースでの安全性を確保するためのあらゆる可能性が審議されました。その結果、唯一可能性の認められた解決策は13コーナー手前にシケインを設定するというもので、これにより、たとえ今回のアメリカGPをノンタイトル戦(コース修正により正式のチャンピオンシップレースとは認められないため、入賞してもポイントが加算されない)として行うとしても、あるいは、ミシュランタイヤの提供を受けていないチームに予選グリッドの上位を譲ることになるとしても、参戦チーム中9チームがシケインの設定に合意していました。

 しかし、残念ながらこれらの案はFIAに却下されることとなりました。

 安全性の問題は、FIAはもとよりどのチームにとっても、何よりも優先される最重要事項です。遺憾ながら、7チームは、やむを得ずミシュランから示唆された通り、レース参戦を見合わせることとなりました。

 アメリカはF1にとって非常に大切なマーケットであり、私たちは、F1自体を、積極的かつプロ意識に徹して普及させる義務があると認識しています。本日、このような事態となりF1レースをきちんとした形でお見せできなかったことは、誠に残念です。

決勝リザルト&ポイントランキング
順位 No. ドライバー コンストラクター タイヤ タイム/差
1 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:29:43.181
2 2 R.バリチェロ フェラーリ B +1.522
3 18 T.モンテイロ ジョーダン B +1lap
4 19 N.カーティケヤン ジョーダン B +1lap
5 21 C.アルバース ミナルディ B +2laps
6 20 P.フリーザッハー ミナルディ B +2laps
RT 16 J.トゥルーリ トヨタ M DNF
RT 9 K.ライコネン マクラーレン M DNF
RT 3 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M DNF
RT 6 G.フィジケラ ルノー M DNF
RT 5 F.アロンソ ルノー M DNF
RT 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda M DNF
RT 7 M.ウェーバー ウィリアムズ M DNF
RT 12 F.マッサ ザウバー M DNF
RT 10 JP.モントーヤ マクラーレン M DNF
RT 11 J.ビルヌーブ ザウバー M DNF
RT 17 R.ゾンタ トヨタ M DNF
RT 15 C.クリエン レッドブル M DNF
RT 8 N.ハイドフェルド ウィリアムズ M DNF
RT 14 D.クルサード レッドブル M DNF
ドライバー
順位 ドライバー コンストラクター 総合
ポイント
1 F.アロンソ ルノー 59
2 K.ライコネン マクラーレン 37
3 M.シューマッハ フェラーリ 34
4 R.バリチェロ フェラーリ 29
5 J.トゥルーリ トヨタ 27
6 N.ハイドフェルド ウィリアムズ 25
7 M.ウェーバー ウィリアムズ 22
8 R.シューマッハ トヨタ 20
9 G.フィジケラ ルノー 17
10 D.クルサード レッドブル 17
11 JP.モントーヤ マクラーレン 16
12 F.マッサ ザウバー 7
13 T.モンテイロ ジョーダン 6
14 A.ブルツ マクラーレン 6
15 J.ビルヌーブ ザウバー 5
16 N.カーティケヤン ジョーダン 5
17 C.アルバース ミナルディ 4
18 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン 4
19 C.クリエン レッドブル 4
20 P.フリーザッハー ミナルディ 3
21 V.リウッツィ レッドブル 1
22 ジェンソン・バトン B・A・R Honda 0
23 佐藤琢磨 B・A・R Honda 0
- アンソニー・デビッドソン B・A・R Honda 0
ポイント一覧へ
  コンストラクター
順位 コンストラクター 総合
ポイント
1 ルノー 76
2 マクラーレン 63
3 フェラーリ 63
4 ウィリアムズ 47
5 トヨタ 47
6 レッドブル 22
7 ザウバー 12
8 ジョーダン 11
9 ミナルディ 7
10 B・A・R Honda 0
ポイント一覧へ
ページの先頭へ